俺はたぶん二度と風俗に行かない

この体験談は約 2 分で読めます。

あれは22歳のある晴れた春の日のことだった。

新入社員の俺は部署の新歓飲み会に参加した。
2次会のカラオケを終えて、30代前半の先輩社員に風俗に連れて行ってもらった。
初めての風俗。

これが社会か!と興奮しきり。

軽く緊張しつつ、カタログを開く。
高校の時好きだった子に似た子をセレクト。

待合室にやってきた“愛ちゃん(仮名)”は、好きだったあの子に本当に似ている。
個室に入り、シャワーで仕事と飲み会の汗を流す。
シャワー室でのフェラで発射。
ベッドの上で絡み合い、手コキに前立腺マッサージ。
来て良かった~と大満足でいると、おもむろにゴムを突き付けてきた。

噂に聞いた『基盤(本番の隠語)』と思ったら、

「◯◯君だよね・・・本番するから内緒にしてください」と土下座された。

(いや、俺はそんなつもりじゃ・・・。)

無言でゴムを装着する愛ちゃん。
意志とは裏腹に俺の性器は怒張している。
そこに腰を沈めていく愛ちゃん。
ベッドの軋む音。

(ばれたら怒られるんじゃないか?)

意外にも冷静な俺。
揺れるおっぱい。
俺の腹辺りに視線を落とし浅い呼吸をする愛ちゃん。
気まずい・・・が、しかし押し寄せる快感。
本日2発目。

ゴムを抜き取り、お掃除フェラをしてくれる。
目が合い、引きつる笑顔の愛ちゃん。
居た堪れずに口を開く。

「△△さんだとは、気付かなかったから・・・ごめん」

言葉を選ぶ。

「何で?」と聞きたいが躊躇う。

「ううん。もう辞めるから」

こういう時の女って人の話全然聞かないんだよなあ。

「絶対言わないよ」

淡々と処理を済ませていく愛ちゃん。

その後は客と風俗嬢としての定型文のやりとり。
個室を出ると先輩社員は既に事を終えていた。
会計も済んでいるようだ。
店を後にする。

「いまいちだった?」

浮かない顔の俺を見て心配気に言ってくれる。

「いえ、良かったですよ」

どう返していいのかわからない。

後日、その風俗店のサイトを見た。
愛ちゃんの退店イベントが催されているようだ。
右手で顔を隠し、パンツ一丁で女座りの愛ちゃんはトップ2の人気嬢で、得意技はフェラ。
性感帯は全身。

俺が大学に入って初めての彼女ができる少し前まで、一番好きな人だった。

あれからもうじき1年半。
俺は一度も風俗に行っていない。

この一件以来、風俗はトラウマで、行ってもどうせ勃たないと思えた。
風俗の文字を見るだけで気持ちが萎える。
上手いこと派遣社員とセフレになれたから今はどうでもいいや。
あの時口に出せなかった「何で?」も、今はどうでもいい。
△△さんは昔の好きな人として思い出で終われば良かった。
愛ちゃんには出会いたく無かった。

意志に反していても、気持ちは無くとも、なまじ肌に触れてしまったばかりに引きずるのだ。

セフレのおっぱいは△△さんによく似ている。