5月の雨の強い金曜日の夜

この体験談は約 2 分で読めます。

入社してもうすぐ1年、私は池袋から大手町の商社へ丸の内線で通勤してる。

その通勤で営業部の美奈子と知り合う。
彼女は私より2歳年上の24歳。
大学時代に演劇部にいたので私と話が合い、たまに一緒に食事をした。

私は学生結婚で、今、妻は出産の為に田舎の仙台へ帰ってる。

5月の雨の強い金曜日の夜。
食事の後、奈美子からまた酒を飲みに行こうと誘われる。
私も独身中なので応じた。

バーから出た時、彼女から「私のマンションに寄って行って」と誘われる。
いつもの奈美子と違う。
一人で帰せないほど泥酔してたので部屋まで送る。

部屋で彼女のコートを脱がせ、ストーブをつけ、彼女が落ち着いたのを見て帰ろうとしたら彼女に手を掴まれる。

「私を抱いて、お願い」

大きな目から涙がとどめなく溢れる彼女を見て私は抱きしめてやるしかなかった。

「抱いてくれないと、私生きてないかも・・・」

奈美子は真剣な顔して言う。

私は長く抱きしめた後、「理由を知らなければ・・・」と言うと、理由を教えてくれた。

「今、私は同じ職場の上司と不倫してるの。1年前の展示会の後の飲み会の後、無理やりホテルに連れ込まれて犯されたの、計画的だと後で思った。それまで彼を嫌いでなかったけど、それから彼を愛するようになった。彼も私だけ好きと言ってくれた。金曜の夜は家には仕事の付き合い麻雀と言っていつも泊まってくれた。でも今回は奥さんが2番目の子供の出産と会社を休んだの。私4ヶ月前に彼の為に中絶したのに・・・」

私は、今晩奈美子を一人に出来ないと思った。
だけどこの部屋ではいやだ。
どこかホテルへ行こうと彼女を誘い出した。
そしてラブホテルに入った。

その夜、彼女を狂わせんばかりに天に昇らせた。
彼女は細身の身体をイナヴァーワーのように反らせ、身体を震わせた。

翌朝、別れ際に彼女から「ありがとう」と言われた。