清純なイメージとは真逆の変態女子高生・リナ

この体験談は約 11 分で読めます。

大学生の時の話を投稿します。

普通に貧乏学生だった俺は、築15年ぐらいのアパートに住んでました。
駅からは遠いし、見た目も汚いアパートでしたが、風呂・トイレは一応完備していました。
近所に大家さんが住んでいて、家賃はなんと手渡し。
面倒でしたがその代わり何かと面倒も見てもらっていました。

俺が大学3年の時、大家さんちに18歳の高校生が住んでいました。
大家さんの孫らしく、私立に通う為に親元を離れてきていたらしいです。
家賃を持っていった時に初めて会って、それ以来、駅や近所で会えば軽く会話をする関係でした。
仮名ですが、『リナ』としておきます。

リナは大家さんとは全く似ておらず、かなり幼い感じの見た目でした。
プックリとした頬に大きな目をしていて、黒髪に真っ白な肌なので清楚って感じ。
当時街中に蔓延っていたコギャルとは違うので、俺も喋りやすかったのかもしれません。

俺は大学に入るために勉強ばかりしてました。
一応高校時代に風俗で童貞は捨てたものの、完全に素人童貞ってヤツです。
そんな俺でしたが、リナは喋りやすく妹のような感覚だったのを覚えています。
リナは俺のことを『マー君』と呼んでいました。

10月のある日、俺は風邪を引いていました。
なんとか頑張っていたんですが、熱が40度ぐらいになってて、全く動けないようになっていたんです。
運悪く、動けなくなった日が、大家さんに家賃を持って行く日でした。
動けませんし意識も朦朧としていたので、昼間の呼び鈴も、夕方の呼び鈴にも反応できず・・・。
夜になり電話が掛かってきて、高熱で動けないことを伝えました。
そしたら大家さんが食事を持ってきてくれたんです。
次の日の夕方はリナが持ってきてくれました。
そんな事もあり、リナとはかなり仲良くなりました。

それからしばらくしたある夜、突然リナがやってきたんです。
何かなと思って聞くと、大家さん家族が旅行に出掛けていて暇なんだと言っていました。

お世話にもなったし「じゃ~ご飯食べようか」ってなって、下心とか無いまま、うちで食事を作ることになりました。

「得意だから!」と作ってくれたパスタとスープは美味くて、調子に乗った俺は地元の焼酎を振る舞ってしまったんです。

「時々おじいちゃんと飲んでるよ」

そうリナが言っていたので、2人で普通に飲んでしまいました。
若気の至りってヤツです。

「マー君、彼女いないの?」
「いるわけないじゃん。俺全然モテないし」

「そぉ?優しそうだからイケると思うけど」
「リナちゃんの方がモテそうだから、彼氏とか取っ替え引っ替え?」

「えぇ~~最近はちょっとねぇ~」
「ん?彼氏と喧嘩でもしてんの?」

聞いてみると、今の彼氏は優しいんだけど変に子供だと言う。
要するに、会えばすぐに体を触ってきたりエッチしようとばかりするらしい。

「若いんだから仕方ないよ」って言うと、「もっと雰囲気を考えて欲しい」とか文句を言ってた。

しかも自分の見た目に少々お困りなんだとか。
遊んでなさそうなイメージだと、ついつい性格を作っちゃうんだという。
演技しちゃってる自分に疲れてきて、もっと素の自分を曝け出したいらしい。

「そりゃ疲れるよね。女の子だってオナニーぐらいするだろうしさ」

「そうそう!女だってヤリたいって思うのに!」

酔っ払っているからなのか、いつもとはまるで違うリナがそこにはいました。
ミニスカートで胡座を組み、口調も飾らない喋り方になっていました。
しかも自ら積極的に下ネタを喋ってきていましたし。
俺は素人童貞でしたが、そんな素振りは一切見せずに喋り続けました。

「じゃ~、リナ的には何がしたいの?ぶっちゃけ」
「えぇ~~なんかぁ~、強引にヤラれちゃったり?軽く縛られちゃったり?」

「なんじゃそりゃ。簡単に言うとドMなわけね?」
「そうそうw『イヤっ』とか言うと彼氏スグやめちゃうしさ。分かってないんだよねぇ~」

「いやよいやよも好きのうちか。縛って目隠しされてバイブ突っ込まれたらどうする?」
「失禁するねwもう意識がぶっ飛んじゃうかもw」

「で、そんな事を妄想しながら毎晩オナってるわけね?」
「毎晩じゃねぇーし!wでもその妄想大好き」

初めのうちは下心なんてなかったけど、やっぱりそんな会話をしていたらダメでした。
でも大家さんのとこの孫だし、何かあったらヤバいよな~って葛藤してたんです。

その均衡を破ったのはリナ本人でした。

「ねぇ~お願いがあるんだけど」
「なに?お金ならやらんぞ?」

「お小遣いはいらないwオモチャあるじゃん?ピンクの」
「ピンクローターね?」

「うん、あれ買ってくれない?」
「俺が?」

「そうwだってアタシ恥ずかしくて買えないもん」
「う~ん・・・じゃ今から買ってきてやるよ!」

「マジでっ!?そんなのここらへんで売ってんの?」

俺はチャリで10分ぐらいの国道沿いにあるビデオ屋を説明しました。
何度も行っているから売ってるのを知っていたので、そこに行ってきてやるって言ったんです。
そしたらリナはスゲェ~喜んじゃって、「誰にも言わないからお願い」って抱き付いてきました。
抱き付かれて分かったのは、見た目以上に巨乳だったこと。
ムニュニュっと押し付けられた胸に興奮した俺は、リナに条件を出しました。

「買ってくるのはイイけど、俺のお願いも聞いてくれる?」
「なになに?」

「買ってきたらそのオモチャ使ってオナるの見せてよ」
「えぇー!それはダメ!恥ずかしすぎる!w」

「じゃ~買ってこないぞ?どうする?」
「なんだよー!それぇ~。ちょっとだけじゃダメ?」

「イイよ、ちょっとだけ見せてくれれば」

了解を得たので俺はリナを部屋に残して、チャリでぶっ飛ばして行きました。
酔っ払ってたけど想像以上に早く到着できて、ピンクローターを買ってきました。
部屋を出る時、「暇ならこれでも見てな!」とギャグでエロDVDを置いておいたんです。

戻ってみるとマジでそれをリナが1人で見ていてビックリしました。
リモコンの操作が分からなかったらしく、アタフタしながら俺にバレた感じでした。

「もぉー!ビックリさせないでよw買ってきた?」

「買ってきましたよー!!ほら」

「うわぁーホントだぁ~~~!すご~~い!!」

電池を入れてローターを握らせ、スイッチを入れました。

「マジこれヤバいんだけど!振動がw」
「それをクリに当てると気持ちがイイらしいぞ。他にもあったけど初心者はこれで十分だな」

「他にってどんなの?そっちも買ってきてくれたら良かったのにw」
「まぁ~まぁ~それはイイから。それじゃこれから目の前でオナニーショーだな」

「ちょっと待ってよ!いきなり過ぎでしょ!w」
「そうだ、これ見ながらやってみたら?」

コレクションの中から、リナが妄想していたようなシーンのあるDVDを再生しました。

「こんな感じでしょ?妄想してたの」

「そうそうwすごぉ~い・・・マジヤバいじゃん、これ」

「ほれほれ、ここに座って。俺は後ろにいるから」

TVの前に座らせて、ローターを使わせてみました。
初めのうちは照れて後ろを何度も振り返っていましたが、部屋の電気を消すと次第に夢中になっていきました。

「んぁぁ・・・これマジでヤバい・・・はぁうん・・・」

「じゃ俺も見せてもらおうかな・・・ってそんな座り方じゃ見えないから・・・」

M字で脚を開かせて、パンツ丸見え状態にさせました。
もう目がトロンとしていたリナは、パンツが丸見えでも隠そうともしません。
それどころかアソコにローターを押し当てたままなんです。

「もう染みができてんじゃん・・そんなに気持ちイイの?」
「うんっ・・・気持ちイイ・・・ヤバい・・ホントすぐイッちゃうかも・・・」

「おいおい、もっと頑張れよ。イキそうになったらヤメなきゃ」
「えぇ~・・・でもっ・・・んあぁぁ・・・凄い気持ちイイし・・・」

酔っているとはいえ、目の前にいるリナは、イメージとは全く違うエロい顔のリナになっていました。

「だめだめっ!もうイッちゃいそうっ!ううぅぅんっ・・・」

「ダメだよイッちゃ・・・」

俺はコントローラーを手に取り、スイッチを切りました。

「えぇぇーっ!なんでよっっ!!」

「我慢我慢・・・すぐイッたら勿体無いだろ?」

「もぉ~・・・w」

しばらくしてまたスイッチを入れると、腰を浮かせるようにして激しくオナり始めました。
でもすぐにイキそうになるので、その度に俺はスイッチを切りました。
それを数回繰り返していると、リナが我慢の限界になってきたみたいでした。

「ねぇ~・・・もう我慢できないよぉ~・・・」
「でもさっきはちょっとだけって言ってたじゃん」

「ねぇ~~イイでしょ?お願い・・・」
「しょ~がねぇ~淫乱娘だなぁ~、それじゃパンツ脱いで直で当ててみなよ」

「んっ・・・」

リナは従順になっていて、ゴソゴソとパンツを脱ぎました。
スカートで隠そうとしましたが、スイッチを入れてやるとスカートを捲っても嫌がりもしません。
初めてリナのオマンコをドアップで見ました。
手入れなんてしてない陰毛がモジャモジャ生えていて、周りはベチョベチョになっています。
思わず俺は覗き込みながら、白濁色の汁が垂れ始めている膣を触ってみました。

「んやっ・・・だめぇぇーーっ」

ダメとは言いつつ足は開きっぱなしで、むしろ触って欲しいようでした。

クリにローターを押し当てて俺を見たりTVを見たりするリナの顔を見ながら、膣に人差し指を入れました。
ベッチョリ濡れているせいか簡単に第二関節まで入っていきました。
クイックイッと指を動かすと、腰を前に突き出し始め、ローターを激しくグリグリと動かしています。

「それヤバいっ!はぁんっ!!ヤバいっ!!んやぁぁっ・・・」

指を奥まで入れてクイクイと動かすと、リナは俺の顔を見つめながら喘ぎだしました。
近くで見ても可愛いリナがやらしい顔になっているので、俺も超興奮しながら指を動かしまくりました。

指を動かしまくりながらリナと見つめ合っていると、リナからキスをしてきました。
それもいきなり初っ端から舌をベロンベロンと侵入してくるディープキスです。

「んはうんっ・・・んあぁっ・・・ううんっっ・・・」

喘ぎながら舌を絡ませてきて、ちゃんとローターは当てたままです。

どうにでもなれ!と思い、リナを抱き締めながら舌をしゃぶりまくりました。
すると舌を突き出したまま何かわけのわからない言葉を発し、いきなり腰が大きくガックンガックンと動きだしました。
それと同時にブシュッブシュッと潮なのか尿なのかを噴き出したんです。
一瞬部屋が汚れると心配しましたが、もういったれ!と思い指は動かしまくりです。
俺の舌をしゃぶったまま、リナは激しくイッてしまいました。

イッた後のリナはゴロンと横に倒れ、ゼェーゼェーと荒い息をしていました。
俺の手はベッチャベチャだし、カーペットには大きな染みができていました。
横に倒れているリナのアソコからは、透明な汁が陰毛やアナル付近にまで飛び散っていました。

「すげぇ~洩らしたなぁ~~」

「えっぇぇ~っ・・・ごめぇ~ん・・・我慢できなくて出ちゃったぁ・・・」

ハァハァ言いながらリナはニヤニヤして謝ってきました。
その仕草が可愛くて、目の前にはビチョ濡れのオマンコ。
理性なんて何もなく、俺はリナの足を掴んで開かせ、オマンコにしゃぶりつきました。

「だめっ!汚いからだめっ!!やぁんっ!!だめってっ!はぁぁんっ・・」

ダメと言いつつも足は閉じないし、やっぱりダメじゃないみたいでした。

クンニしながら横にあったローターを、今度は膣内に挿入してみました。
スイッチを入れると腰が勝手にクネクネと動き、終いには俺の頭を押さえてきました。
手を伸ばし胸をブラの上から揉むんでやりました。
やっぱり大きい胸で、手触りもスベスベの巨乳です。
クリに吸い付きブルブルと頭を振ると、それに合わせて腰も動きます。
これは最後までやっちゃえ!とその時吹っ切れました。

クンニを中断して、隣のベッドのある部屋へリナを連れて行きました。
ベッドに寝かせてタオルで手を縛り、上にある机を握らせました。

「その手を離しちゃダメだからね?」

「んっ・・・」

パーカーを捲り上げ、ブラのホックを外してブラも捲り上げました。

「んやっ・・・」

目の前には綺麗な薄いピンクの乳輪と乳首の巨乳が出てきました。
素人童貞の俺ですが、エロDVDは死ぬほど見ています。
だからこの巨乳の綺麗さには正直ビックリしました。
寝ているのにボワンと盛り上がっていて、かなりハリと弾力のある巨乳です。
その巨乳を両手で左右を同時に揉み、片方ずつ乳首を舐め回しました。

「あぁぁ・・・んっ・・・ははんっ・・・イイッ・・・んうあぁっ・・・」

言われた通り机を掴んだままのリナは、身体をくねらせながら喘ぎだしました。
乳首がふやけるほど舐めていました。

「もうだめ・・・手、下ろしてもイイ?痺れてきちゃった・・・」

「じゃ~、四つん這いになってごらん、それならダルくないよ」

素直に四つん這いになったリナのオマンコを、後ろから舐め回しました。
舐められると分かっていたんだと思います。
クイッとケツを突き出し、枕に顔を埋めて喘ぎまくりです。
その時ふと気が付いたんですが、たぶん隣にはその声は丸聞こえだったと思います。
だって寝ているとTVの音が薄ら聞こえてくるぐらいの壁ですから。

「隣に喘ぎ声聞かれちゃうよ?大家さんにバレちゃってもイイの?」

「だめっ!バレたら殺されるwでもっ・・んはぁっ・・・我慢できないっ・・」

枕で声を押し殺していましたが、その後も喘ぎまくりでした。
四つん這いでクンニをつつ、指を2本入れてクイクイと刺激してやりました。
アナルにまで毛が生えている厭らしいリナの後ろ姿は、俺には刺激的過ぎました。
腕が攣るほど動かしまくり、またもや潮か尿を噴き出しました。
その時は思いっ切り俺にも掛りましたけどねw

ゼーゼー言っている隣に寝て、勃起しているチンコを握らせました。
まだ縛られているのでリナは両手でチンコを掴み、何も言ってないのに頭を下げ始めました。
自分の潮か尿が飛び散った滴を舌で舐めているらしく、下腹部まで丁寧にペロペロと舐めていました。
亀頭に舌がペロンとなった瞬間、ビクビクッと反応する俺に、「気持ちイイ?」と聞いてくるリナ。

そこからはリナの独壇場でした。
どこで覚えてきたのか、裏スジやカリも舌先で丁寧に舐め上げ、しゃぶり始めるとバキュームしながらローリングまでしています。

「すげぇ~フェラ上手過ぎ。彼氏にいつもそうやってんの?」
「こんな事しないよぉ~、あんまり舐めさせてくれないし」

「させて・・・って、もしかしてフェラ好きなの?」
「んっ・・・好きw」

縛ったタオルを取ると、ローリングフェラに手コキが加わりました。
これがまた気持ち良過ぎです。
このまま舐め続けられたら不甲斐なく口でイッてしまいそうでした。
だから69の体勢にさせて、クンニに集中しました。
後になってリナと笑って喋りましたが、その69は30分以上続きました。
お互いに舐めまくっていて、ヤメた時はお互いの口の周りはベチャベチャになっていたんです。

ゴムなんて持ち合わせていなかったので、若気の至りで生で入れてしまいました。
リナのオマンコは生温かくて吸い付きまくってきました。
しかも子宮口がコリコリと亀頭を刺激してくるんです。
これがまた相当気持ち良かったらしく、正常位の次にやった騎乗位では腰を振りまくりでした。

「こんなに腰動かしたことない・・・」

恥ずかしそうにリナは上から笑顔で言っていました。
彼氏の前では可愛いリナを演じなきゃいけないらしく、腰を振るなんてありえないって。
騎乗位の時にはお互いに全裸だったので、下から揺れる巨乳を揉んだり弄ったりしていました。

「乳首・・・を・・・もっと・・・強く・・・」

言われるがままギュッと摘まむと、仰け反りながら高速で腰を振り始めました。
摘まんだ乳首をブルンブルンと振ると、痛気持ちイイらしく腰の動きが止まりません。
そのままリナは初めて騎乗位でイッてしまいました。

もうお互い汗まみれで、俺はリナの汗を舐め回し、リナは俺の汗をベロベロと舐め回していました。
正常位で上にいると、汗がポタポタと垂れるんです。
それを手で拭ってくれたり舌で舐め上げてもくれました。
体中がベチョベチョになっている状態のまま、バンバンと腰を振りました。
最後は揺れる巨乳を両手で強くグシャグシャに揉み、激しく突きあげまくりました。

「やべぇ・・・イキそう・・・もう出してもイイ?」

「んっ・・・いいよっ・・イッてもイイよっ・・・」

生でしたから少し早めに抜いて、手でシゴキながらリナの下腹部に放出しました。
大量に出てしまったのでティッシュを取り、精子を拭き取ってから隣に寝ました。
そしたらリナは何も要求してないのにお掃除フェラをしてくれたんです。
最後の一滴まで絞り取るように吸い付き、丁寧に舐め続けてくれました。

しばらくは無言で添い寝をしていましたが、リナが俺に抱き付いてきて言いました。

「こんなに激しくしたの初めてだよ・・・」
「俺も・・・こんなに気持ちイイの初めてかも・・・」

「なんかもう途中から動物みたいになってたよねw」
「無我夢中でねwでもそんなリナはスゲェ~可愛かったけど」

「ホントぉ?イメージと違って引かなかったぁ?」
「逆にイメージと違って興奮したw」

思いっ切りエッチでイケたのすら初めてだったようです。
抱き合いながら時々キスをしてから、2人でシャワーを浴びました。
古い風呂場を見てゲラゲラ笑っていましたが、指を入れるとまた従順なメスに変わっていました。
狭い風呂場でクンニしたり指マンしたり、フェラしたり軽く入れたりしていました。
出た時はもう23時頃になっていたので、リナは大急ぎで家に戻って行きました。
家電に大家さんから電話があるらしいので。

その後、0時頃また戻ってきて、4時ぐらいまでまたエッチしていました。
もう恥ずかしがる事も無く、ローターでオナったり、フェラしながらのオナニーも見ることが出来ました。
5時ごろ帰って行ったリナは、その日から2週間に1回ぐらいのペースでうちにやってきました。
オモチャもバイブ型のヤツとか買ってきて、エロDVD並みなエッチを繰り返していました。
途中から「彼氏じゃ興奮しない」と言い出して、かなりの変態になっていました。
うちにくると6時間ぐらいはエッチしていましたし、「精子を飲みたい」とか「ツバも飲みたい」とか言ってました。

そんな変態なリナでしたが、実は結構勉強のできる子だったみたいです。
ちゃっかり第一志望の大学にも合格して、合格祝いに友達から借りた車で温泉旅行にも行ってきました。
道中、車の中で当然のようにフェラもするし、初めてのカーセックスも青姦もしました。

リナとはその後も関係が続きましたが、俺が就職してアパートを出て関係が終わりました。
大家さんが薄々感づいていたらしく、リナも色々と言われたらしいんです。
引っ越しを次の日に控えた日は、ほぼ1日中やっていましたw

引っ越してからもメールとかはしていましたが、なんと・・・リナは大学2年の時に妊娠して結婚したんです。
相手は高校時代から付き合っていた彼氏で、出来ちゃった結婚でした。

そんなリナから今年の正月に年賀状が来ました。
子供と旦那さんの3人が写った写真を見て、昔のことを思い出して投稿したってわけですw
俺なんてリナと別れてからやっぱり彼女もできず、今でも独身を続けています。
あのままリナと結婚してたら・・・なんて考えちゃいますねw

長々とお付き合いして下さり有難う御座いました。
それでは終わります。