胸騒ぎがして自宅に戻ってみると

この体験談は約 4 分で読めます。

私は50歳、妻は41歳、子供はいません。

自分の妻が他の男に抱かれる姿を想像しては1人興奮している私でしたが、つい先日現実になってしまいました。
興奮したのも事実ですが、同時に不安が募って落ち着かない毎日なのです。
友人にも相談できず、書き込めば少しは落ち着くかと思い投稿させてもらいました。

電車の中で20年ぶりに大学時代にバンドをやっていた友人に会いました。
友人は地方都市に住んでいて、出張で都内に出てきたというので、あまりの懐かしさに私は家に誘いました。
家では昔話に花が咲きついつい飲みすぎました。
友人は出張の疲れもあったのでしょう、潰れてしまいリビングのソファーで寝てしまいました。
友人には毛布をかけてやって私たちは2階の寝室へ。
私も妻もかなり飲んだのですぐに寝てしまいました。

翌朝、目を覚ますと妻は既に起きて朝食の支度をしていました。

私も起きて友人に声を掛けると、「二日酔いで苦しいもう少し寝ていたい」と言います。

出勤前にもう一度友人に声を掛けると、「本当に申し訳ないけど、もう少し休んだら帰るから」と言うので私は家を出ました。

駅に向かう途中で胸騒ぎが。
友人は学生時代、女関係で友達とトラブルを起こしていた事を思い出しました。

(二日酔いと偽って家に残り、私が出社してから妻に手を出すつもりかも?)

考え出したら気になって、とても出社するどころではありません。
10分ほどの道を戻りながら妻に電話しましたが出ません。
会社に遅刻を伝え、小走りで家に戻りました。

玄関から入ろうと思いましたが、取り越し苦労だと恥ずかしいので、ガレージへ出入りするドアからこっそり家の中に入りました。

入った時点で妻の喘ぐ声が聞こえてきました。
どうやら2人はリビングに居るようです。
しかし、ドアを少し開けて覗いても、位置が悪く2人の姿を見ることが出来ません。
私が家を出るとすぐに妻に襲い掛かったのでしょう。
もう既に挿入されているようです。

(まだ指だけかも?)

やはりチャイムを鳴らしてみようかと思いましたが、とりあえずもう一度電話をかけてみました。

「また加藤から電話だよ、煩わしいから電源切っておくよ」

「ダメ止めて、やっぱり止めてください、うちの人に気付かれちゃいます。今日はもう帰ってくださいお願いです」

友人は妻の言葉には耳を貸さず・・・。

「奥さん今だけ、これっきりなんだから。僕もこんなになってからは出さないでは帰られないよ」などと、とんでもない話をしています。

私は心臓が口から飛び出しそうなくらいドキドキし、口はカラカラに渇き、頭も正常ではなくなっていました。
数歩先のリビングに入り、友人を叩き出せばいいだけなのに、若い頃のように元気になった一物を握り締め、2人の姿が見える位置を探しました。

二階へ行く階段から丸見えでした。
妻も友人も全裸で絡みあっています。
友人の指が挿入され中を掻き回しているようです。
時々見える友人の一物は凄く大きいのです。
遠目にも長さは500ccのペットボトルくらいありそうです。
私の13センチくらいの物とは比べ物にもなりません。
それを妻に握らせてフェラチオさせようといているのですが、あまりの大きさに妻がためらっています。

「ダメです大きすぎます。こんなの入れられません」

「オマンコがダメっていうから口で我慢しようと思ったのに、口がダメならやっぱりオマンコに入れさせてもらうよ」

「お願いです許してください」

妻は半泣きです。

「とりあえず先っぽのヌルヌル汁を舐めてみてよ」

妻は覚悟を決めたように、唇を先端につけると舌を使い始めました。
妻の口から「ウッウッ」といういやらしい声が漏れます。

「ゲフォッゲー、アー苦しい」

友人が奥まで入れたのでしょうか、妻がむせ返って苦しんでいます。
私は無意識にチンポを扱いていました。

(こんなことしてていいのか早く止めなきゃ。今ならまだ間に合う)

そう思いながらも、私は携帯の電源を切り、2階からビデオカメラを持ってきて、撮影を始めました。
2人に気付く様子が全くないので私も大胆になっていました。
カメラのモニターをズームにすると、妻の唇から溢れる唾液のぬめりや、友人のごつい指が差し込まれたオマンコからいつもよりも大量の白濁汁が溢れているのが丸見えです。

「奥さん、僕の指が2本入るようになったから、そろそろ入れてみようよ」

てっきり断ると思っていた妻が、コクリと頷きました。

「自分のペースで入れてご覧よ」

友人はソファーにごろりと横になりました。
妻の顔がよく見えます。
妻はそそり立った一物を愛おしそうに両手で擦り、自分から咥えました。

「そうだ、たっぷり唾つけておきなさいよ」

「アア凄い、こんな大きなの初めて、本当に入るかしら」

妻がゆっくりと前に移動しました。
友人の肩に右手をついて左手で自分のを広げ、「アアッ凄い」と言いながら少しずつ腰を下ろしていきます。

「アッアッアッアーッ」

太い亀頭部分が入ると一際大きな声を出し、ズブッという感じで全てが入ってしまいました。

「凄い、凄い、壊れる、壊れてしまう。気持ちいい、アー」

妻は腰を振りながら、友人に激しいディープキスをしました。

それを見た私は、しごいてもないのに射精してしまいました。