人間ドック専門技師の元カノが手コキしてくれた

この体験談は約 6 分で読めます。

先日、人間ドックに行ってきた時の話です。

40歳になるので、いつもより検査項目が多くて疲れました。
その健康センターは家の近所にあり、更に毎年人間ドックのお世話になるので数人の知り合いが(男女とも)います。

しかも、肝臓の超音波エコー担当者が中学時代の同級生で、卒業前から高1まで4ヶ月くらい付き合ってた女性でした。
ちなみに付き合っていた時は、キスと一度だけ胸に手を伸ばした事がある程度でした。

彼女は医師や看護師ではなく、人間ドック専門の技師で、3年前にも聴力検査を担当してもらった事があります。
1坪くらいの部屋が3つ並んでいて順番に呼ばれるのですが、その日は平日の夕方だったので案外空いていて、すぐに呼ばれて入っていくと彼女がニヤニヤして座っていました。

私がちょっと嫌な顔をしたのでしょう、すぐに事務的になって・・・。

「前を開けて仰向けになってください」

私は終始無言でした。

「ズボンもう少し下げて貰っていいですか。ハイ、最初ちょっと冷たいかもしれまんせんよ~」

検査用のジェルを付けてエコーを押し付けられると、気持ち悪いようなくすぐったいような不思議な感覚に。
脇腹から下腹部にかけて何度もグリグリされたが、何となく気恥ずかしかった。
その時、彼女が吹き出すように言った。

「◯◯さん(私)また太りました?見えにくい・・・」

私は運動不足が祟って毎年少しずつ体重が増え、コレステロールも血糖値も肝臓の数値もあまり良くない。

「え・・・放っといて下さいよ」

「放っとけないですよ、このまま行ったらマズいですよ、毎年あんまり数値良くないんでしょ?」

「関係ないでしょ」

「まだ若いんだから気をつけないと、何かあったら奥さん可哀想ですよ」

私は結婚していたが、残念ながら子供は授かっていない。
今朝も妻からダイエットするように言われて閉口したところだ。
子供が欲しい妻は糖尿などを特に気にしている。

「若くないよ、もう年だし子供も諦めてる。糖尿になろうがどうしようが・・」

私は自虐的に行って苦笑いした。

「ちょっと、私、同級生なんだから“年”はないでしょ“年”は・・・。それにしても見辛いね」

彼女は私に身体の角度を変えるように促すと、更にジェルをつけて広範囲にエコーを走らせた。

彼女も同じ40歳だが、見た目は私と違って随分若く見える。
若い時に一度結婚したがすぐ別れたので、いわゆる独身貴族ってやつなのだろう。
今年のGWにも海外旅行に行ったりしているようで悠悠自適である。
羨ましい。

そうこうしているうちにやっとどうにか映像が撮れたようで、彼女は「お疲れ様」と言いながらタオルでジェルを拭ってくれた。
以前この検査を受けた時は自分で拭いたような記憶が・・・。
いっぱい付けたのでなかなか拭いきれずにゴソゴソとしてくるし、お臍の下辺りにも手が近づくので、私はなんだか妙な気分になって下半身が反応し始めた。
焦った。
しかし一度血が集まりだすとなかなか途中では元に戻らない。
間もなく海綿体が満タンになってしまった。

彼女はそれを見て、特に驚いた様子もなく「何だ、糖尿の心配ないね」と言った。

ちなみに糖尿病患者が勃起不全になるというのは必ずしも当てはまらないそうです。
私は彼女が驚かない事が気になり、思わず聞いてみた。

俺「何か、慣れてますって感じだね」

彼女「うん、慣れてるよ、20代くらいの人はよくあるから」

俺「あっそう、ふ~ん・・・」

彼女「3~40代の人は珍しいけど、却ってそれより上の人はたまにあるかな」

俺「じゃ、元気な証拠ってこと?」

カノ「単にスケベなだけじゃない?奥さんとうまく行ってないとか(笑)・・ウソウソ」

そう言いながらも私のモノは全然治まる様子が無い。

彼女「まだ治まらないの?恥ずかし~、このまま出てったら変態だね」

俺「他の人はどうしてんの」

彼女「変な訊き方。喋ってたらすぐ治まって出て行くわよ、あなたオヤジになったねぇ」

呆れ顔だ。
そうしながらもやはり一向に治まる様子が無い。
どうも彼女が前にいると意識してしまってダメなようだ。

「あなたがいるからダメなんよ、治まるまで出ていってて」

彼女はちょっと嬉しそうな表情をしたが、すぐ・・・。

「何言ってんの、それより、私追い出してどうするつもり?汚すような事したらダメよ」

「勘違いするなって、もういい出て行く・・・」

そう言って検査台から降りようと立ち上がった時、我ながら惚れ惚れするくらいに見事にテントを張っているのが分かった。
彼女も黙ってしまったので、さすがに照れくさくて後ろを向いて上着の前を結んだ。
すると彼女が立ち上がり、私が怪訝に思って振り返ると、私の間近に顔を突き出して、「声出したらダメよ」と小さな声で言うと、押さえつけるようにテントのところに自分の手を当てた。
私は息を詰めて固まってしまった。

「そう言えば、高校の時はあなたの裸とか、結局見ず仕舞いだったよね」

「・・・」

彼女は何を言い出すのだろうと思った。

彼女「あなたも私の見た事ないしね、後悔してる?」

俺「え・・いや・・・」

彼女「私の事オカズにした事あるでしょ?正直に言いなさいよ」

俺「・・・」

確かに別れてからもしばらくはちょくちょくネタにさせてもらった。

「正直に言ったら、この手動かしてあげてもいいよ」

私はこの状況に耐えられず、「うん」と頷いてしまった。
彼女は嬉しそうに笑うと、検査用の薄いズボンに手を差し入れて、トランクスの上から私の愚息を刺激した。

「検査台に座って」

私は再び腰を下ろした。
彼女は前に回り込むと、私のズボンとトランクスを膝まで下げ、どうしようもなく膨張したモノを剥き出しにした。

「初めまして(笑)結構逞しいじゃない、あ~あ別れて損したかな~、ウソウソ!」

私は彼女に圧倒されて口が利けないでいた。
されるがままだった。

彼女の細いひんやりとした指が、直接私のモノに巻きついてきた。
太腿の内側が無意識にピクピクと痙攣した。
彼女はイタズラっぽく私を見上げてニヤリと笑うと、ゆっくりと手を上下に動かし始めた。
結婚期間が短かった割には随分と手馴れている。
それ以外にもかなり経験を積んだのだろうか?
私は少し嫉妬に近い気持ちを抱いた。
カスカスカス、湿り気のないカリのところに彼女の手が引っかかるので少し痛い。
彼女はそんな私の表情を読み取ったのか、検査用のジェルを絞って亀頭に垂らすとニチャニチャといやらしい音を立てて激しく腕を動かし始めた。

彼女「どう?」

俺「え?うん・・・」

彼女「一度このジェル試してみたかったの、気持ちいい?」

俺「でもこれって、こんな為のモノじゃないんでしょ?」

彼女「似たようなもんよ。それよりどうなの、キ・モ・チ・イ・イ?」

私は照れながら頷いた。
亀頭からはジェルとは別の潤滑剤が出てきて、更にぷちゅぷちゅと卑猥な音が響いてる。

俺「大丈夫なの?」

彼女「なに?」

俺「音、外にバレない?」

彼女「大丈夫、案外外に洩れないみたいよ、それより時間の方が心配」

私は集中しようと目を閉じた。
そう言えば、最近は嫁にもこんな事をしてもらっていない。
回数も基礎体温を計って決められた日にするだけだし、受精の為の交尾に近く、お互い前戯というような事もほとんど無い状態だったからか、何となく新鮮な感覚がした。
余計なことを考えてしまいそうで、また目を開けた。
彼女は時々上目遣いに私の表情を覗き込みながら、潤んだ瞳でウットリと慈しむように、私のはち切れそうな陰茎をにゅるりにゅるりと弄んでいる。
高校時代とは全然違う、成熟した大人の雰囲気がたまらなくエッチだ。
私は既に限界に近かったが、欲を出して訊いてみた。

俺「ねぇ、俺だけ?でいいのかな・・・」

彼女「何言ってんの、こんなとこでどうしようって言うつもり?」

俺「ここじゃなくても・・・、仕事何時まで?」

彼女「そんなこと言っていいの?奥さん怖いよ~、それよりあんまり時間かかるとマズいよ、止める?」

俺「あ、ごめんこのまま・・・」

彼女「うふふ・・・」

にゅるにゅるにゅるにゅるにゅるにゅるにゅるにゅるにゅるにゅるにゅるにゅる・・・。

俺「いい?」

彼女「いいよ、どうぞ」

俺「うっ!」

私の下腹部は、茎、睾、内股と細かく激しく痙攣した。
尾蹄骨から突き抜けるようにザーメンが噴出したような超快感だ。
こんな気持ちのいい射精は、もしかすると初体験の時以来かも知れない。
ティッシュで受け止めた彼女は、それを改めて開くと・・・。

「すご~い、高校生?こんなにいっぱいなのにどうして子供できないんだろね?」

照れ臭かった・・・。

後始末をテキパキとした彼女は、証拠隠滅にティッシュを私にトイレで流すように手渡し、私が部屋を出ると、何事も無かったように「◯◯さん、ど~ぞ」と声をかけた。