寝ている父の前で浮気した母

この体験談は約 12 分で読めます。

私が高校の夏休み頃の話です。

法事で実家に帰っていた親父ですが、親戚の子供と遊んでいて夢中になり、木登りしていて落ち、田舎の従兄が送ってくれたものの足を骨折して帰って来ました。
病院に連れて行ったら父は全治1ヶ月、入院して3日後に手術する事になってしまいました。

「何しに行ったんだか・・・」と、母はブツブツ文句を言いながらも、仕事帰りには毎日父の入院している病院に顔を出していました。

当時の母は40過ぎ、肉付きの良い少しぽっちゃりとした巨乳、巨尻の持ち主で、私が子供の頃、母の尻をサンドバッグ代わりにしてよく怒られたものでした。

その病院は、それほど大きくなく、病室も2人部屋でした。
父と同室だったのは、父と同年代ぐらいの、少し毛の薄いふくよかなおじさんで、私が父のお見舞いに行った時も、気さくに会話してくる優しそうな人でした。

父の手術も無事に終わり、ある日母と共に見舞いに行った時です。
父は診察の時間になったのか、看護婦さんが父を車椅子に乗せるのを母は手伝っていたのですが、同室のおじさんの前で尻を突き出すような格好になると、寝ていたおじさんは身を乗り出し、母の尻を凝視していて、思わず私は呆気に取られたのを覚えています。

看護婦さんに連れられて父と母が出て行くと、おじさんは再びベッドに横たわり・・・。

「いやぁ、君のお父さんが羨ましいなぁ・・・あんなに優しい奥さんがいて・・・」

「おじさん、奥さんは?」

「ハハハ、俺はずっと独り身でね・・・体調を壊して会社を辞めた後は、ろくに見舞いに来てくれる人もいないさ」

「そうなんですか・・・」

私は少しおじさんに同情しましたが、おじさんは豪快に笑い飛ばし、枕元にあった本を読み始めるも、それはエロ本でした。
思わず私が目を輝かせると、おじさんは見るかと言って一冊渡してくれた。

それは人妻熟女モノで・・・。

「俺は若い子より、少し熟れた熟女が好きでねぇ・・・君のお母さんみたいな人が好みだなぁ・・・」

「えっ!?」

私は驚きつつも、内心は母をそんな目で見る人がいる事に異様な興奮を覚えていました。

「ヘェ・・・まあ、確かに胸や尻は大きいですけど」

「だよなぁ・・・服の上からでも分かるよ。それに・・・時々君の親父さんが奥さんの胸を触るらしくて、色っぽい声でダメェとか言うんだぜ・・・グフフフ」

「えぇぇ!?そうなんだ?」

もう夫婦生活も無いような父と母だったが、こういう場所だとテンションが上がるんだろうか?
そんな猥談で盛り上がっているうちに、診察を終えた父と母が戻って来た。
おじさんは気を利かせてカーテンを閉めようとしたが、母は気にしないで下さいと微笑み掛け、看護婦さんは父をベッドに寝かせると部屋を出て行った。

その日、家に帰った私は、母にそれとなく隣のおじさんの面倒も少しみてやってと頼んでみた。
最初は渋っていた母も、身寄りがいないならと承諾してくれた。
父もおじさんに身寄りがいないのを知っていたのか、母が言う前に、母に面倒見てやってくれと頼んだそうだった。

私が少し遅れて見舞いに行った時、父は診察に行っているようで、病室にはおじさんと、今日は一緒に行かなかったのか、母が父のベッドを直していた。
おじさんは母の尻を凝視し、時折鼻をクンクンして、匂いを嗅いでいるかのような仕草をしていた。
私はもう少し見ていたくなり、隠れるように中の様子を窺っていると、おじさんは身を乗り出しすぎてベッドから落ちてしまった。

驚いた私も中に入ろうとしたが、母が直ぐに気付くや、身を屈めておじさんに肩を貸すと・・・。

「だ、大丈夫ですか?」

「す、すみません、バランスを崩して・・・」

「気を付けてくださいね・・・」

母はそう言うと、おじさんを抱き起こしたものの、おじさんを支えきれなかったのか、バランスを崩すとそのまま二人でベッドに倒れこみ、偶然なのか故意なのか、おじさんが母に覆い被さるようにしながら、母の豊満な胸に顔を埋めた・・・。

「キャッ!」

「お、奥さん、す、すみません・・・」

「い、いいえ・・・」

おじさんは慌てて顔を上げるも、その感触に何処か嬉しげだった。
母は困惑気味にしながらも、そのまま体勢を入れ替え、おじさんをベッドに寝かせようとした時、おじさんが母の足をちょんと当てて母はバランスを崩しました。

「危ない!」

おじさんは咄嗟に右腕で母を庇ったのだが、右手はモロに母の左胸をムギュウと掴んでいた。

「キャッ!・・・も、もう大丈夫ですから・・」

少し顔色を変えた母だったが、自分を助けようとして触ってしまったのだろうと理解したようで、おじさんの腕を払い除けようとする。
だが、おじさんは母の胸を揉み始め、母は嫌々をして振り解こうとする。

「奥さん、俺はもう・・・我慢出来ない!」

「いや、止めて!」

「奥さんだって悪いんですよ・・・私の側で旦那さんとイチャイチャして」

「そ、そんなこと・・・」

「好きだ!奥さん!!」

そう言うと、ガバッと母に抱きついた・・・。
母なら引っ叩くだろうと想像していた私だったが、母は優しくおじさんを諭すように・・・。

「いやぁ!私には・・・夫も子供もいるの!!寂しいのは分かるけど・・・」

どうやら母はおじさんの身寄りのない境遇に同情していて、このような暴挙も許すようだった・・・。

(頃合いかな!?)

私が声を掛け中に入ると、母は慌てて立ち上がり、何食わぬ顔で再び父のベッドを直しだした。

私がトイレに起きた時、母達の寝室の前を通った時、中から何やら母がうなされているような声を聞き、そっとドアを開けて中の様子を窺うと・・・。

「あぁん、だめぇ、私には夫も子供も・・・あぁん」

モゾモゾ・・・。

母のベッドが軋み、母の悶え声が聞こえてきた。

どうやら、母はおじさんに犯されている場面を想像しながらオナっているようだった。
私は興奮し、実際にその場面を見てみたくなってしまっていた・・・。
私はそっと自室に戻ると、ラジカセを取り出し、母のオナっている声を録音した。

次の日、父の見舞いに行き、父が診察に行った隙に、おじさんに話し掛けると・・・。

「おじさん・・・昨日母と惜しかったねぇ?」

「えっ!?み、見てたのか?・・・アハハハ、でもダメだった!」

「そうでも無いんじゃない?これ聞いて見なよ!」

私は持ってきたウォークマンで、母の痴態の声をおじさんに聞かせると、おじさんは鼻息荒く興奮し・・・。

「これ、お前の!?」

「うん、お袋!お袋もそんな場面を・・・密かに期待してるのかも?」

「ほ、本当かぁ!?」

おじさんは鼻息荒く、ウォークマンから流れてくる母の喘ぎ声に聞き入っていた・・・。

しばらくして父が戻り、母が面会に来ると、母は昨日のことがあったからか少し不自然そうにおじさんに挨拶していた。

「お父さん、たまには外の空気吸ったら?」

私は父に話し掛けると・・・。

「そうだな・・・よし、お前付き合え!」

「私も一緒に・・・」

「俺が付いてるから大丈夫だよ!」

そう言うと、私はおじさんの方をチラリと見つめた。
おじさんは両手を合わせ、拝むようなジェスチャーを私にしていた。

私は思わずにやけながら、ベッドから起き上がろうとしている父に・・・。

「車椅子は?」

「ああ、もう松葉杖で歩いても良いそうだ」

こうして私は、戸惑う母を残し、父と共に部屋を出て行った・・・。

その間、部屋の中で母とおじさんに進展があったのか無かったのか、モヤモヤした気持ちのまま1時間ぐらいして部屋に戻ると、母は椅子に座り本を読んでいた。

(何だ、何にも無かったのか・・・)

少し落胆した私だったが、父をベッドに寝かせ、足下に立っていると、座っている母の尻辺りを、何かが動いているのが目に入った。
それはおじさんの右手で、母の尻を撫でていた。
母は尻をモゾモゾ動かし、時折左手ではね除けるも、父と何事も無いように会話する姿を見ると、(おじさんと何かあったのでは?)と興奮したものです。

その日は母と一緒に帰り、後日病院に来た時、松葉杖をついて休憩所にいるおじさんを見つけ、この間のことを聞いてみると・・・。

「ああ、もう興奮が収まらなくてなぁ・・・奥さんに話し掛け、近づいて来た所で尻を撫でて見たんだ。奥さんは『キャッ』と言いながら、『冗談はやめて』って言ってたんだけど、奥さんに勃起したチンポ見せたら、無言で顔を背けただけだったから、試しに握らせたら、さすがに怒っちゃってねぇ・・・。足が痛いから正座は出来ないが、必死に頭を下げ、どうか一度だけでもってお願いしたら、『絶対ダメ』って言われて・・・」

「断られたんですか?」

「うん・・・それでもしつこく何度も何度も頼んだら、『こんなおばさんに・・・服の上から触るだけなら』って言ってくれて」

おじさんの話によれば、その後カーテンを閉め、母の胸を服の上から揉みながら、おじさんは自慰をしたそうでした。
イキそうになったおじさんは、慌ててティッシュでチンポを包み、ティッシュからはおじさんの精液が滲み、ティッシュを貫いたチンポを見た母は無言でティッシュを手に持つと、後処理を手伝ってくれたそうだった。

「これからも触るのは良いかなぁ?って聞いてみたら、『服の上からだけよ、主人や子供には絶対内緒ね』って、クスって笑ってた」

「それで、この前母の尻を・・・」

「ああ、何か君の親父さんから寝取った気分になって、親父さんの目の前で触ってやろうとね」

その場面を想像し、興奮した私は・・・。

「もう一押しすれば・・・お袋も胸ぐらい直に見せてくれるんじゃない?」

「そ、そうかなぁ!?でも、そうだよなぁ・・・あと一週間ぐらいで君の親父さんも退院だもんなぁ・・・頼んでみようかな?」

そんなやり取りがあった次の日、私が見舞いに行くと、おじさんのカーテンが閉まっていた。
父は診察に行っているようで、ベッドには居なかった。

カーテンの中からは・・・。

「エェェ!?ダメよ、服の上からって約束でしょう?」

「お願い奥さん!一度、一度だけで良いから!!」

「私は人妻なのよ・・・ダメに決ってるでしょう!」

「じゃあ、せめて見るだけ!絶対触らないから!!お願いします!!」

「ダメよ、主人がいつ戻って来るか分からないし・・・」

「じゃあ、一瞬で良いから!お願いします!!」

カーテンの向こうで必死に母にお願いするおじさん。

母はどうするのか、私は聞く耳を立てていると・・・。

「エェェ!?もう、ダメって言ってるのに・・・」

少しの沈黙の後、中からガサガサ音がしたかと思うと、「オォォォォ!!」とおじさんの声が聞こえ、私は興奮を覚えていた。

「はい、もうお終わり!カーテン開けるわよ!!」

カーテンを開けた母と私の目が合うと、一瞬の沈黙の後、母は無言でカーテンを開けると、何食わぬ顔で椅子に座り、「来てたの?」と聞いてきた。
思わず笑いそうになるも、おじさんと目が合うと、おじさんは嬉しそうに右親指を突き出した。
ウォークマンを耳に当て、気付かない振りをしながら本を読んでるように誤魔化し、母の様子を見てみると、おじさんは母のアソコさえも服の上から触っていた。

「アァン・・・」

母は思わず艶やかな声を出し、咳払いで誤魔化すと、おじさんの手をピシャンと叩いた。

父が戻ってきて、母は汗をかいた父の身体をタオルで拭いて上げていると、おじさんはそんな母の尻に手を伸ばし、撫でたり揉んだりし始め、時折股間をまさぐると、母の身体がビクッと跳ね上がり、チラリとおじさんを睨むも、また何事も無かったかのように、父の身体を拭いて上げた。
父のいびきが聞こえると、おじさんは更に大胆になり・・・。

「ああ、俺も汗かいちゃったなぁ・・・でも1人で出来るかなぁ!?」

「ハイハイ、拭いて上げます・・・」

母の言葉に、おじさんは嬉しそうに寝巻きを脱ぎ始め、パンツまで脱ごうとすると・・・。

「ちょ、ちょっと、そこまでは嫌よ・・・息子も側にいるし・・・」

そう言いながらも、母はおじさんの身体を拭いてあげ始めた。
その間もおじさんの手は、母の尻を、胸を、撫で回し続けていた。

母はチラリと私の表情を見るも、私が本に夢中だと思ったのか、おじさんのチンポを指で弾き・・・。

「いい加減にしないと・・・もう手伝ってあげないから」

「旦那のとどっちが大きい?」

「さぁ、忘れたわ・・・子供に気付かれるから、もう止めてちょうだい!!」

「聞こえない!」

そう言うと、更に大胆に服の中に右手を入れ、母の胸をまさぐった。
母は甘い声を出しながら、おじさんの手を何とかはね除け・・・。

「ダメよ・・・お願い!」

「じゃあ・・・」

おじさんは母の耳元に何か囁くと、母は首を激しく振り、それだけはダメと拒否をしていた。
しばらくして、おじさんも諦めたのか、看護婦を呼ぶと、最近寝付きが悪いから睡眠剤をくれないかと頼み込んでいた。
看護婦は、じゃあ様子をみましょうと一袋持って来た。

「それじゃあ、帰りましょう」と母に言われ、私達は帰って行った・・・。

その夜、母は元気が無かった・・・。

理性を取り戻したのか、はたまたおじさんに何か言われた事が気になっているのか?
その答えを私が知ったのは・・・父の退院前日のことだった。

母はいつもより早めに出掛ける準備をすると・・・。

「やっとお父さんも明日で退院ねぇ・・・明日はなるべく荷物を持ちたくないから、あんた、重い荷物は今日持って帰っちゃってよ」

「分かった」

「じゃあ、お母さん先に行くから」

そう言うと、母は私より先に父の見舞いに出掛けた。
いつもなら、それほど病院とは離れていないため、徒歩で病院まで行っていましたが、この日は荷物を持ち帰ることもあり、前籠付きの自転車で私は病院まで行きました。
私が付いたのは、14時過ぎぐらいで、13時半~15時半ぐらいまでは、入院患者の診察など行われていて、担当ナースなどはほとんど病室にやって来ることの無い時間帯。
私が父の病室にやって来ると、珍しく父のベッドはカーテンが閉まっており、父のいびきが響き渡っていた。

よく見れば、おじさんのカーテンも閉まっていたので、気を利かせてくれたのかと思ったのも束の間、父のカーテンを少し開いた私の目に飛び込んできたのは、まるで父に見せつけるかのように、おじさんが母を半裸にし、フェラをさせている場面だった。
おじさんは、周囲からは見えないようにカーテンを閉めたものの、父のベッドからは、丸見えになるように、わざとカーテンを開けているようだった。

ジュルジュルおじさんのチンポを咥え込む、卑猥な母の唾液が聞こえてくる。
父のいびきが止まると、母はビクッとして慌てておじさんのチンポから口を離し、父の様子を窺う・・・。

「大丈夫だって、睡眠薬がばっちり効いてるから!」

「そ、そんなこと言われても・・・不安だわ!ねぇ、もうこれぐらいで許して!!」

潤んだ瞳の母が、おじさんに哀願するも、おじさんはニヤニヤしながら首を横に振り・・・。

「ダメダメ、明日には旦那さん、退院しちゃうんだぜ!チャンスは今日しかないんだから!!」

「酷いわ・・・こんな所主人に見られたら・・・」

「何言ってるの、昨日フェラだけならって言ったのは・・・何処の誰?」

「あれは・・・あなたが主人や息子の前で、私の身体に触るのを止めてくれないから仕方無く・・・」

戸惑いながら母がおじさんに抗議するも、おじさんはニヤニヤするのみで母を引き寄せ、胸が露わになっている母の乳首を指で転がした。

「止めて欲しかったら・・・その大きな胸で、俺のチンポを挟んでよ!」

「エェェ!?そんな変態じみたこと・・・嫌よ!!」

母は首を振り嫌々をすると、おじさんは母の胸に吸い付き、チュゥチュゥ吸い始めた。

「アァァン・・・ダメェ、ダメェ、聞こえちゃう」

髪を振り乱し嫌々をする母だったが、おじさんは止めるどころか、母のスカートの中に手を入れ始め、モゾモゾ手を動かした。

「ダメ、脱がさないでぇ・・・アァ!?」

母の太股に、ピンクのショーツが無理矢理引き下ろされた。
母はおじさんの手を叩き、ショーツを上げようとするも、そのままベッドに押し倒され、おじさんは母のスカートの中に頭を突っ込んだ。

母は激しく嫌々をするも、股間を愛撫されているのか・・・。

「イヤァァ、お願い、止めて!」

おじさんの背を叩くと、おじさんはお仕置きとばかり母のスカートを捲り上げ、母のアソコをペロペロ舐めまくる。
時には吸い付き、時には指で弄り、母の股間からは、卑猥な音がし始め、母の抵抗がどんどん弱まっていった・・・。
おじさんは、母を父の顔が見える位置に移動させると、母を四つん這いにし、勃起したチンポを母の中にゆっくり埋め込んでいった。

「アァァ!アッアッアッ・・・ンンン」

歓喜の声を上げ始めた母だったが、父の顔が見えたのか、慌てて手で口を隠し、声が出ないように試みる。
だが、その手は無情にもおじさんにはね除けられ・・・。

「あなた・・・ゴメ、ゴメンなさ・・・い」

そう言うと再び手で声を出さないように試みるも、おじさんは腰の動きを速め母の巨乳を荒々しく揉みしだくと・・・。

「アァァン・・アッアッアァァ、ダメェ・・・」

おじさんはゆっくり、ゆっくり、そして、深く母を突き、母の喘ぎが深くなると、腰の動きを速め・・・。

「ハァァ・・・アッアッアッアァァン」

快楽の虜になりつつあった母は、父のいびきが止まっても、もう喘ぎ声を止める事は無かった・・・。

「わ、私も・・・」

母は頬を赤く染めながら、おじさんに流し目を送ると、おじさんは体勢を変え、ベッドに座ると、寝ている父に結合部を見せつけるように、ベッドを軋ませながら変則座位で母を突きまくり・・・。

「ほぉら、奥さん、旦那さんから丸見えだよ?」

「アァァン、い、意地悪ぅ・・・アァァンアァ」

右手を背後のおじさんに差し出した母は、おじさんの右手と触れ合い、後ろを振り返って口づけを交わした。
おじさんが何か母に囁くと、母は頷き・・・。

「き、気持ちイイよぉぉ!あなたのチンポ・・・好きぃぃぃ!!」

母は自ら巨尻を前後させ、おじさんのチンポの味を膣で味わい続ける。
おじさんは気を良くしたように更にリズムカルに腰を振り続け、それに合わせるように母も巨尻を振り、その都度巨乳を踊らせ悶え続けた。
私は股間をビンビンに膨らませながら、更に成り行きを見守っていると、母の目はトロンとしだし・・・。

「イクゥ、もう、もう、イッちゃう・・・イィィィ、イィィィ!」

「ハァ、ハァ、ハァ、俺も・・・俺も・・・奥さん、中で出して良い!?」

「ヒャァァン、な、中はダメェェェ!」

「だ、だったら・・・」

おじさんは更に腰の動きを速めると、素早く抜き母の向きをおじさんに向けると、チンポを扱き、勢いよく母の巨乳にぶちまけた。
母は荒い息をしながら舌舐めずりし、おじさんのチンポを口に含んだ。

「ハァハァ・・・お、奥さん、最高だったよ!なぁ、どうせなら、旦那の目の前でフェラを見せてやろうぜ?」

「・・・ウン・・・」

2人はベッドから降りると、父の枕元に移動し、母は父の顔の側で、美味しそうにおじさんのチンポをフェラし続けた。
おじさんは、遂に父から母を寝取った気分に浸り、勝ち誇ったような顔を父に向けた・・・その臭いを嗅いでクスリと笑った。

「アァァア、私・・・浮気しちゃった・・・」

「どんな気持ち?」

「最初は罪悪感あったけど、・・・何だかスリルがあったし、気持ち良かったし・・・」

「またする!?」

「しても良いかも・・・あなたなら、ウフッ」

そう言うと、おじさんにもたれ掛かった。
聞き耳を立てていた私だったが、体勢を崩し、そのままカーテンを掴みながら中に入ってしまった。

「キャッ!?き、来てたの・・・」

「ゴ、ゴメン、覗くつもりじゃ・・・」

母もおじさんも驚愕の表情を浮かべ、母は、フッと自分の行為を私に見られたことで、罪悪感が生まれたのか・・・。

「見てたんだ!?軽蔑したよね?でも、お母さん・・・まだお母さんを女として見てくれる人がいるなんて・・・嬉しかったの!!」

おじさんは、私に見せつけるように、母を引き寄せると、母の胸を揉み扱き・・・。

「大丈夫さ、奥さん。息子さんも・・・幸せそうな奥さんを見て喜んでくれるさ」

「うん、親父には内緒にしておくよ。でも、あの睡眠薬は・・・親父を眠らせるために貰ってたなんて・・・」

「へへへへ、もう時間が無かったからさ、奥さんをものに出来るチャンスはこれしかないと・・・」

「まぁ・・・こんなおばさんにそれほど必死になってくれるなんて・・・嬉しいわ」

そう言うと、息子の私が見ている前で、母はおじさんのチンポを愛しそうに咥えた・・・息子の私に尻を突き出しながら、時折膣をも見せつけた。

堪らず私は母の巨尻を撫でると・・・。

「バカ、あなたはダメでしょう!息子なんだから・・・お母さんの見て処理しちゃいなさい!!」

「チェ・・・」

おじさんは母の顔に2発目を、私は母の巨尻に精液をぶちまけた・・・。
精液まみれになった母は、舌を出し荒い呼吸をしながら幸せそうな表情を浮かべていた・・・。

父が目覚めたのはそれから30分後だった。
おじさんは名残惜しそうに私達家族に挨拶し、父は早く退院出来ると良いですねぇと伝え、私も父の言葉と似たような事を伝えた。
母もお世話になりましたと、昨日の行為が嘘のように接していたが、病院の会計を済ませた母は、忘れ物をしたからと、父に入り口の椅子に座って待っているように伝えると、「あんたも来る?」と私にウインクをした。

私が無言で頷くと、母は再び病室に戻り、おじさんにお別れの口づけをすると、おじさんは心から名残惜しそうに・・・。

「これでお別れですね・・・良い思い出が出来ました!奥さん・・・ありがとう!!」

おじさんはそう言うと母に対して深々とお辞儀をした。

母はフフフと微笑みながら、おじさんをからかうように・・・。

「あら、もう良いの?また来ちゃ・・・ダメ?」

「エッ!?」

母がおじさんのお見舞いに、これからも週に一度は通うと伝えると、おじさんは嬉しそうに母に抱き付いた・・・。

父は、母を寝取られた事を知る由もなかったのでした・・・。