娘の大学の学園祭で写真部の学生たちに

この体験談は約 5 分で読めます。

娘が通う大学で学園祭が行われ、そこで起きた出来事です。

珍しく娘から、「学園祭に来てみたら?」とお誘いがあったんです。
その日は、夫も休みだったので話をしてみると「行ってみるか」とノリノリでした。

40歳を迎えていた私ですが、若い者には負けてられないという張り合いか、ちょっと頑張って短めのワンピース姿に化粧も気合いを入れてみました。

「随分お洒落しているじゃないか、若い男でも漁るのか?(笑)」と夫に冷やかされる始末。

「娘が通っているんだし、友達に会うかもしれないでしょ?変な姿でいられないわ」と、一応言い訳をする。

車に乗り込み、大学に向かったんですが、駐車場は既に大渋滞でした。
何とか車を停め、大学のキャンパスに向かいました。

若い男女が色々な服装で店の呼び込みをしている中、各種色々なイベントが開かれていました。
炎天下で気温30度を超える中、夫が我慢出来ずビールを飲み始めたんです。
木陰の涼しい場所で、夫はすっかり腰が据わり動こうとしません。

「ねぇ、ちょっと一回りして来よう」

「いいよ、俺ここで休んでいるから1人で行って来いよ」

「もう!」

そんな夫を残し、私は1人学園内を歩き始めたんです。
1人になると、呼び込みの若い男性達が次々と声を掛けて来て、ちょっと若い頃の気分になっていました。
そんな中、写真部と言う男性数人が近づいて来たんです。

「お姉さん、綺麗だから良かったら写真撮らせてもらえませんか?」

「えぇ?私もうおばさんよ」

「何言ってるんですか、凄く若く見えますよ!それに凄く綺麗だし」

「あら・・・嬉しいこと言ってくれるのね」

「時間は取らせませんから」

「ん・・・良いわよ」

男性に乗せられた感じもあるかも知れません。
写真部と書かれた教室の中に入ると椅子に座らせられ、次々と写真を撮られたんです。

「凄く良いですよ。今度はこっちを向いて下さい」

「こう?」

「・・・あの~、衣装を着てもらう事って出来ますか?」

「衣装?」

「お姉さん綺麗だから、モデルになってもらいたんです」

「モデルなんて無理よ」

「お姉さんだったら大丈夫ですよ」

「・・・良いわよ」

彼らに頼みこまれてモデルになる事にしたんですが、正直悪い気もしなかったんです。

「じゃ、こっちの部屋でいいですか?」

男性に連れられ、階段を下りると写真部の部室でしょうか?
暗い感じの部屋に連れて行かれたんです。

「じゃ、これから着てもらえますか?」

渡されたのは、凄く肌の露出が多い服でした。
着替えを終え、椅子に座ると次々とポーズを取らされ、写真に収められていました。

「じゃ、今度はこれ着てくれます?」

男性に言われるまま渡された衣装を見ると、明らかに肌の露出が増えているんです。
スカートは超ミニでしゃがむとパンティが丸見えです。
そんな姿で椅子に座らせられ、私はパンチラまでも撮られていたと思います。
初めて味わうモデルという言葉に浮かれていたのかも知れません。
私は、彼らが求めるポーズを取り、彼らにエッチな姿を曝け出させていました。
そんな姿を見られ、私は場所をわきまえずアソコを濡らしていたんです。
やがて、辺りにいた男性2人がヒソヒソと話をしていたんです。
内容は聞こえていました。

「彼女・・・感じているのか?アソコ濡れているよ」

「知ってる知ってる、もうダラダラだよな」

「やっぱ年上の女は良いっすね。エッチな体つきだし、ムチムチ感が堪んねぇ・・・」

「聞こえるから、もっと静かに話せ」

「悪ぃ悪ぃ」

彼らの会話に、もう恥ずかしくて堪りません。
でも、この年になっても女性と見られている事に嬉しさもありましたし、見られる快感も知っちゃったんです。

そんなのぼせた気分の時・・・。

「最後に俺の趣味ですけど、これ着てもらえませんか?」

カメラマンから手渡されたのが、バニーの衣装でした。

「いいわよ、最後ね」

それを持って更衣室に入って服を脱ぎ始めました。
パンティを下ろすと、もう大洪水。

それと同時に陰部の毛が気になったんです。
モデルをお願いされながら、アソコから毛をハミ出すような失態を晒すわけにはいかない。
辺りを見渡すと、奥の棚に用具入れがあり、中にカミソリが入っていたんです。
急いで鏡越しにアソコの毛を剃る姿が、堪らなくいやらしい女に見え、恥ずかしさに顔を赤らめていました。

全てを剃り終えた私は、全裸の姿のままバニーの衣装を着始めたんです。
衣装はちょっと小さ目で、胸が半分食み出しアソコに凄く食い込んで来るんです。
V字の部分も凄く、お尻はTバック状で足の方は網タイツでした。
何とか着こんだ私は、最後に耳を頭に付け更衣室から出て行ったんです。

「おぉ・・・、凄い可愛いですね!イメージ通りだ」

「そんなに見ないで・・・、恥ずかしいわ」

「可愛いですよ。そのままイベント会場に向かったら人気No1ですよ」

「こんな姿見せられないわ・・・、もう恥ずかしくて死にそうよ」

「やっぱ年上の女性は最高だわ、正直みんなに見せてあげたいくらい可愛いですよ」

「もう、早く撮って終わりにしましょう」

彼はカメラのレンズを私に向け、シャッターを押し始めました。

「良いですよ!もう少し後ろ向きで」

そんな言葉に合わせ、身体を動かすと股の布がどんどんマンコに食い込んで、クリトリスが刺激されていたんです。
そんな事もあり、私のアソコはエッチな汁を溢れさせ、網タイツを伝って太腿に流れていたんです。
辺りに居た男性5人は、それに気づいているんでしょう。
視線の先は私の陰部だったんです。

「お姉さん、そのまま両手を上で組んでしゃがんでみましょうか?」

彼の指示に従い両手を上に組みしゃがみ込んだ時です。
小さかった衣装はしゃがみ込んだ勢いで下に引っ張られ、踏ん張りを失って遂に胸が大きく露出してしまったんです。

「おぉ~!」

一斉に言葉が出る中、思わず胸を押さえたんです。

「凄ぇ、デカかったなぁ」

胸の生地を直していると・・・。

「早くさっきのポーズして・・・」

「ごめんなさい」

手を挙げしゃがむと、どうしても胸の生地が下がり胸が出てしまう中、1人の男性が近づいて来て、「ちょっと失礼しますね」と胸の生地を掴むと一気に上に持ち上げたんです。

「生地伸ばせば大丈夫でしょ」

彼が上に引き上げる度に、アソコに凄く食い込んで来るんです。
冷静を保つのがやっとの中、撮影は終わりました。

着替えを済ませると、カメラマンの彼が「衣装貰うよ」と私の手から取って行ったんですが、あの部分はすっかり濡れていて恥ずかしくて、思わず顔を赤らめてしまいました。

椅子に座らせられ、撮影で撮られた写真を見せられたんですが、とてもいやらしい物が多く、家族に見せられる内容ではありません。
パンチラも多く、よく見るとあの部分は濡れているのが分かるんです。
バニーの服装では胸が露出した所まで写されており、声を失ってしまいます。

「際どいのは消しますから・・・、この辺は使わせて頂いても良いですか?」

「えぇ・・・それだったら良いわ。でもこういうのは困るから・・・」

「分かってますよ」

写真が出来たら渡したいと言うので連絡先を交換ながら、モデルの評価を聞いている時、後ろで他のメンバーが、私の試着したバニースーツの股間部分の匂いを嗅いでいるのを見てしまったんです。
もう顔から火が出そうなくらい恥ずかしく、急いで部室を出ると夫のもとへ向かったんです。

いい感じに酔った夫に「楽しんできたか?」と言われ、現実に引き戻された感じがしました。

少し前まで、若い男性の前で恥ずかしい姿を曝け出していた事が嘘の様です。

カメラマンの彼からメール連絡が入ったのは数時間後の事でした・・・。