俺たち兄妹の思春期時代

この体験談は約 3 分で読めます。

諏訪野しおりのポスターが本屋に普通に貼ってた時代の思い出です。
定価では買えなかったので古本屋で買いました。

当時は毛さえなければワレメOKの時代でした。
諏訪野しおりの割れ目からはみ出てるビラに興奮しました。
諏訪野しおり→五月なみ→倉橋のぞみ等々、当時中2の俺は身近な女の子に重ね合わせてオナニーしてる日々でした。
一番身近なのは当時、小6の妹です。

夏休みに妹から一緒に風呂に入ろうと誘われました。
しかも昼間です。
ウチは共働きなので昼間は二人だけでした。
まあ妹の夏休み前の性教育の授業でチンチンに興味があったのでしょう。
何故なら普段は生意気で喧しい妹が風呂の時だけ素直でしたし、勃起してるチンチンを見て何も言わずに眺めてたのが、その証拠だと思います。
俺も妹のツルペタなカラダでしたが興味津々で、ワレメの奥が見たくて仕方なかったのを覚えてます。

親にチクられたら困るので、『ジャンケンゲーム』とか言って、勝ったら相手をつねるってゲームで、勝つと最初は妹のホッペを、そしてペッタンコな胸を触ってました。
そのうち妹も勝つと妹がチンチンを握ってくるようになりました。
その後は俺も妹のワレメを弄る様になって、偶然だけど浴槽の中でお互いに「アッカンベー」したら偶然舌先が当たってしまいゾクゾクする快感が走りました。
妹も同じだった様でファーストキスが兄妹でした。

そこからは歯止めが外れた感じでお互いの遠慮がなくなりました。
妹のワレメを広げて見てるウチに舐めたくなって、ワレメに吸いつきました。
妹は抵抗しましたが気持ち良くなってきたらしく、俺の頭を押しのけようとしてたのが俺の頭を押し付けるようになりました。
フェラは妹の知識に無かった様で、かなり嫌がられましたが、俺も舐めてあげたのでお返しって事で舐めさせました。
包茎君だったので皮を捲るとチンカスが凄かったけど「これ何?」って、解ってませんでした。
なので「気にしなくてイイから」と妹に舐め取らせました。
あまり剥いた事のないチンチンは気持ち良いけど痛い感じもしました。

夏だった所為か、大量のチンカスは妹の口の中から飲み込まれて行きました。
痛みもあってスグに射精とはならなかったけど、慣れてくると気持ち良さだけになって妹の口に大量発射をしてしまいました。
うまく出たのか妹は咽ることも無くてビックリした顔をしてたのを覚えてます。
口の脇から少し精液を垂らしてる妹に、「飲んで大丈夫だよ」とエロ本でしか見たことの無かったことを妹に言いました。
妹は素直に飲み込みましたが「今の何?オシッコじゃないよね??」と慌ててましたが、精子だと知ると見たがりました。

しばらくはフェラとクンニって関係で満足してましたが、当然マンコに入れたくなりました。
毎日のように一緒に風呂に入ってたのでお盆前には妹の指も一本なら普通に入るようになったけど、セックスというか挿入だけは拒んでました。

初潮前だったので「生理来るまででいいからヤロウヨ」と言っても納得しません。

「兄妹じゃマズイよ」と言ってました。

後で解りましたが、母親が薄々感づいてて妹に「いつ生理始まってもおかしくないのだから気を付けないとダメよ」とか言っていたそうです。
妹もしらばっくれてたそうですけどね。

なので親が居る時は仲が悪かったようにしてました。