女医さんに激しく擦られました

この体験談は約 2 分で読めます。

年齢は言えませんが、昨日某病院に行ってきました。
おちんちんにブツブツがいっぱいできてきたので不安になって病院に行ったのですが、さすがに恥ずかしいので、家から遠い初めて行く病院に行きました。
まずびっくりしたのが、先生が30後半の女性だったのです。

(なんで女なの?)

でも、診察室に入ってから知ったので帰ることもできず、症状を話しました。
そしたら当たり前ですが、「じゃあ、ズボンとパンツを脱いで横になってください」と言われ、その通りにしました。
他にも看護婦さんが2人いたのでめちゃめちゃ恥ずかしかったです。

あそこをやたら弄ってくるので嫌でも反応してしまって、立ってきました。

(やばい!)

そう思って、慌てて手で隠しました。

「隠したら治療できないでしょ!ちょっと手を持ってて」

女医さんがそう言うと、2人の看護婦さんに手を押さえられました。
僕のあそこはビンビンになってしまって、看護婦さんもクスクスと笑いをこらえているのがわかりました。
もう究極に恥ずかしかったです。
来なきゃよかったと真剣に思いました。

そしたら女医さんが、「薬塗っておきますね」と言って、なんかベトベトした薬を僕のあそこに大量に塗りつけてきたのですが、それがもう完全にしごいているとしか思えない動きなんです。

「薬が完全に染み込むようにしますね~」

そう言って、僕のモノを握って上下にしごいてます。
しかも一定のリズムでしごき続けるのです。
これまで他人にされたことがないので、めちゃめちゃ気持ちよかったです。
でも、さすがに射精したらまずいと思い、必死にこらえていたのですが、すぐに絶頂を迎えそうになりました。

「あの、すみません!」

言ってやめてもらおうとしたのですが、看護婦さんも僕がイキそうなことにを気付いたのでしょう、「もう少しだからね」と言い、なぜかしごくスピードが倍以上の速さになりました。
もう耐えられるはずがありません。

「あ!すみません!!駄目です!!!」

そう言ったと同時に僕は勢いよく発射してしまいました。
女医さんは出し終わるまでしごき続けて、全て出し終わると、「ま、若いからしょうがないわよね」と言ってクスクス笑っていました。

すごく気持ちよかったのですが、これって治療なのでしょうか?
もうその病院には恥ずかしくて二度と行けません。

タイトルとURLをコピーしました