ツーショットで出会った還暦熟女に口内発射2連発

この体験談は約 4 分で読めます。

自分『けんじ(仮名)』は現在39歳の既婚者です。
10年前にとある店で出会った53歳の熟女と関係を持って以来、すっかり五十路以上の女性とのセックスに目覚めてしまいました。
それから今に至るまで100人近くの熟女とやりまくり、現在は6人の熟女と彼女&セフレ状態になっています。
ただ自分のような超熟専は世に中にもあまりいなく、人に言うのも少し恥ずかしいのですが、自分のような超熟愛好家の方と体験談を分かち合いたくて投稿しました。

今日は彼女の1人である、現在64歳になる『寛子』という超熟との体験談を書きます。
彼女との出会いは、ちょうど超熟に目覚めた10年前くらい。
今はもう主流ではないですが、ツーショットダイヤルができるサイトでの出会いです。
当時は彼女も53歳でしたが、声が30代のように若く、一発で興味を持ちました。
ただ最初はサバを読まれていたのですが、超熟趣味だと伝えたところ、「本当は53歳」だと白状しました(笑)

当時は超熟どころか、ただの熟専でも世の中の市民権を得ていなかったので、自分のような年下でそんな変わり者がいるのかと、逆に興味を持ってくれたようです。
そして、後で教えてくれましたが、彼女はそのサイトのサクラでした。
ただ、彼女が気になる人がいた場合に限って、数回は会ってたようです。

当初はサイトでの出会い実績もなく、電話で直接約束はしたが、本当に来てくれるのか不安でした。
電話から1週間後、ある地下鉄駅の出口で待ち合わせしたところ、やや派手めで小太りのおばさんがやって来ました。

「あっ、けんじ君?」

声をかけてきた時の第一印象は、(派手な感じだけどおばさんだなぁ・・・)でした。
でも、電話同様に声が可愛く、皺はあるものの鎖骨の女らしさと色の白さに、早くも男根が反り返りそうでした。

(この熟れた肉体をむちゃくちゃにしたい!)

そんなことを思って興奮したことを覚えてます。

ドライブをして食事をしたりしているうちに、彼女は数年前にDVで旦那と離婚したこと、子供が3人いること、今は3人とも結婚して独立して今はアパートに一人暮らしなことを教えてくれました。
聞けば長男と自分は同い年で、友達の母親と今からやるかのような錯覚に、またもや興奮してしまいました。

夜になり、かなりお互い親密になったことから、車中で思い切ってキスをしました。

「けんじ君・・・まだ会ったばかりで、ダメ・・・」

そう言いながらも、強引に口の中に舌をねじ込んでいくと、いつしか寛子も音を立てて唾を入れてきました。
こうなると僕の男根はすごいことになります。
じつは自分の男根は、勃起時19センチで太さも結構あるんです。
ちょっとSっ気もあるので、怒張した男根を口いっぱいにイラマチオさせたいと思ってしまう悪い癖があります。

じつはこの日も寛子が僕のを掴んだ瞬間、「えっ?おっきい・・・」と恍惚の笑みで見てきました。
男根を受け入れるのを待ちきれないとばかりの目で見つめてきた時、僕は意地悪な質問をしてやりました。

「直に見たい?」

寛子は恥ずかしそうにした反面、決して意思には逆らえないように「うん・・・」と頷きました。
すでに手で男根の逞しさを確認していましたが、直に男根を見た瞬間、寛子は弱々しい女の顔になりました。
僕は怒張した男根を見た時の、女の逆らえない弱った顔が大好きなんです(笑)

たっぷりと手で男の逞しさを確認させてから、耳元で囁きました。

「これをどうしたいんだ?」

彼女は照れながらも、こう囁きました。

「お口でしたい・・・」

それを聞いた自分は完全に支配モードです。
次から次へと卑猥に攻めました。

「男の味を味わいたのか?」

彼女はここぞとばかりに従順になりました。

「じゃあたっぷり唾を垂らして味わってくれよ」

彼女は、「やだ・・・やらしい」と恥じらいながらも、自分の息子と同い年の巨根をゆっくりと口に含みはじめました。
若くて硬い男根をゆっくりとストロークし、僕の指示に従って、すごい量の唾を亀頭に絡ませて味わっていました。
最初は恥ずかしさからか音を立てるのを躊躇ってた寛子でしたが、渾身の大きさになった頃を見計らって、ジュポジュポ、チュパっといやらしい音を立てはじめました。
そうなるともう僕は俺様モードです(笑)
腰をガンガン振り、寛子の喉奥まで女の感触を確かめ、数分後は大量の精液を口に放出しました。
寛子も、久しぶりとなる口内発射です。

「うぅ・・・濃くてすっごい量・・・」

さすが超熟です、僕に見せつけるかのように喉奥に流し込みました。
ここでわかったことですが、寛子は元来相当のM体質で、男に支配されるのが好きなようです。
僕が投げかける淫語に異常に興奮し、それだけで愛液が溢れてしまうようです。

その後、数十分以上、丹念にしゃぶらせ、またもや精液を口に放出しました。
すでに興奮の絶頂に達していた寛子は有無を言わさず飲み込んでいました。

「けんじ君、さすがに旦那のもこんなに飲んだことないよ」

こちらも2連発は疲れました。
しかし、早く色白の肌を味わいたい欲望からホテルを探しはじめました。
寛子はずっと男根をしゃぶっていました。

数十分後、ホテルに到着。
ご想像の通り、念願のマンコに挿入を果たし、朝まで追加の4発を放出。
さらに明け方は、風呂で口に一発、ベッドで寛子の中に一発とやりまくりました。

じつは63歳になった今も、寛子とはたまに会ってセックスをしています。
さすがに巨根でガンガン疲れるのは辛くなってきたみたいなので、愛情満点のフェラチオで我慢してます。
エロビデオでは、還暦を過ぎてもガンガンエッチしている作品もありますが、現実の還暦熟女はそこまで濡れませんし、あまりやりすぎると痛がるので、もっぱら口でしてもらっています。

タイトルとURLをコピーしました