先輩の彼女と寮で2人きりになって・前編

この体験談は約 4 分で読めます。

あれは5年前くらい、前職に勤めていたときの話です。
その日は部の飲み会があり、相変わらず若手な俺たちは先輩社員のいい餌食だった。
1次会が終わり一般職の2人を含め、先輩社員と同僚と10名弱で次の店に向かった。
次の店では、一般職の1人、K(茶髪、辺見エミリ似、23歳)の隣に偶然座ることとなり、仕事の話や彼の話などしていた。

Kは先輩社員と付き合っており、その彼は以前、俺と同じ部署にいたが、都内の別の支店に転勤となった。
そのときはまだ別に何の意識もしていなかった。
というか、むしろ舌足らずな話し方で、俺(25歳)の2コ下なのに馬鹿っぽいなーと思うくらいだった。

ごくごく普通の穏やかな2次会も終わり、自宅(寮)に帰ろうとしたところ、自宅通いのKだけは終電に乗れず、なぜか正反対の寮方面の電車に乗った。
寮には付き合ってる先輩社員もいるわけで、もちろん外部者は入寮禁止だが、まぁ翌日は土曜だし、管理人も見てないだろうということで乗ったのだろう。
ふと気づくと、寮通いの人間は俺だけ。
しょうがないからKと一緒に寮に向かうこととなった。

俺も面倒なので、「Tさん(先輩)に電話してみたら?」と早く先輩に引き取らせようと促した。

K「うん。してみるー」

相変わらず、すっとぼけたような返事だ。

俺「繋がった?」

K「繋がらなーい」

俺「家電(固定電話)にしてみた?」

K「うんー」

あーったく、また合コンかよ。
合コン好きで有名だったので容易に予想できた。

K「合コンだろうねー」

(は?あなたは知ってるんですか?彼の合コン好きを)

呆れるというか、いい加減手綱を引けよと。

俺「わかんないけど、いないんじゃしょうがない。近所に友達とかいる?Tさんいないんじゃ厳しいよねー」

K「◯◯君のところで待たせてもらってもいい?」

俺「まぁ、いいけど」

つーか俺の金曜日はこれでなくなったな、と思った。
正直ここまで、どちらかというと被害者だなと思ってた。
周囲に寮の人間がいないことを確認して、部屋に入った。

俺「とりあえずどうしようか?軽く飲む?」

K「うん。なんかあるの?」

俺「下の自販機にビールがあるな。あとは近所に買いに行くか。でも、それだと面倒だね。ビール買ってくるよ」

K「うん。待ってるー」

俺「あ、もし着替えるならこれ貸すよ」

ジャージを貸した。
1階の自販機に向かい、Tさんの不在確認票を見ると案の定不在だ。
あの人のことだから戻らねーだろうなー、と思った瞬間。

(ってことは、もしや・・・)

ちょっとワクワクした。
500mlのスーパードライを5、6本買いながら。
とりあえず俺は風呂に入ろうかなと計画を立てた。

俺「買って来たー、俺、着替えがてら風呂入ってくる」

共同風呂のため、部屋にはない。

K「はーい。じゃぁ戻ったら飲もうねー」

すっとぼけてると思ったそのしゃべり方も、可愛らしく思えてくるから不思議だ。

俺「まぁたいしたものはないけど、布団でゴロゴロしてていいからねー」

そもそも寮の部屋は机とベッドくらいしかない。
6畳間程度の広さだ。
俺は風呂に向かい、とりあえず体を洗い、さっさと上がった。
部屋に戻るとKはジャージとTシャツに着替えていた。
オレンジ色のブラが薄っすら透けていた。

俺「ごめん。女性はお風呂入れないけど、トイレとかタオル頭に被っていけば大丈夫だと思うよ。まぁ、飲もう!」

ビールを開けた。
飲みながら、酔いに任せて普段は聞けないようなことを聞いてみた。

俺「Tさんといつ頃から付き合い始めたの?つーか全然気づかなかった」

K「うーん、同期で飲むようになってからだから1年前かなー」

俺「Tさんと飲むとさー、いつもKさんの下ネタ話なんだよねー」

俺ははっきり言ってTさんが嫌いだったため、別に告げ口とかではなく脚色とかもなく、そのまんまの状態を話した。

K「えーーーーどんなー?」

俺「なんでもアナルに指入れたとか、部屋につれて来てバケツをトイレ代わりにしてそれを眺めたとか・・・。うーん、『普段は澄ましてるけど、Kさんってアレなんだなー』ってみんなで話してた。ホントなの?ってホントでもそうなんて言わないよねー(笑)」

K「あいつのそういうところがムカつくんだよねー。でもバケツは、ここって部外者は入れないから部屋でしたんだよ。でも見てた」

俺「あの人、そっち系の趣味あるっぽいからねー。でもこれ以上は悪いから、話題を変えよう」

K「実は、Tとはもうどうしようか悩んでんのよねー」

どうしようって?
別れんの?
あれ?なんか変な展開になってきたぞ?
つーか、喜ばしい展開では!!!

俺「へ、どうしてまた?」

K「なんていうかデートしてても、最初の頃は色々出かけたんだけど、今だと何してると思う?」

俺「うーん、ラブホに篭ってんの?」

K「それならまだいいよー。パチンコとか漫画喫茶だよ?で、休日ほとんどそこで過ごして、『金ないからホテル代出して』とか言って、1回くらいエッチして終わりだよ?最悪ー」

俺「Kさんはどうしたいの?」

K「エッチもしたいけど、やっぱ昼間はどっか出かけたいなー」

俺「じゃぁさ。今度デートしようよ。普通の昼間のさ。どう?」

K「えー、だって◯◯君、彼女さんいるじゃないー。先輩だし悪いよー」

そう、そんな俺も同じ社内の別部署の女と付き合っていたのだ。

俺「まぁいいじゃん。そんなのさー。俺じゃだめかなー?」

K「そんなことはないけどさー・・・どうしようかなー(笑)」

なんだ、その(笑)は?
OKなのかNGなのか?
まぁダメ元だし、適当だし、どっちでもういのだが・・・。

俺「まぁ、それはおいて置いてビール飲もうよ。俺ビール大好きー」

K「ホント◯◯君って飲むよね。ちょっと眠くなってきた」

そう言うとKは横になりだした。
あら、もう終了か?
俺はテレビをつけて、適当な会話をしていた。

すると・・・。

K「明日早く出ないと見つかるし、用事あるからもう寝ない?」

俺「そうなんだ。も少し話したかったなー」

心にもないことを言う俺。

俺「じゃぁ電気消すね。ベッド一つしかないからベッドで寝てよ。俺は下に布団敷いて寝るから」

K「えー、悪いよー」

俺「いいからいいから」

布団に入ってしばらくして・・・。

K「◯◯くん、良かったらベッドに寝たら?」

俺「えー、いいよ。大丈夫」

またしても心にもないことを言う俺。

K「何もしないならいいよ?入んなよ」

俺「そう?じゃぁ入ろうかな」

遠慮なく布団に入った。
この状況で何もしないわけがない。

<続く>