後輩に勉強を教えたら処女をもらえた

この体験談は約 4 分で読めます。

学校帰り、いつも通り駅に向かって歩いてると後ろから名前を呼ばれた。
振り向くと、後輩の恵美が俺の名前を呼んでいた。

恵美「◯◯先輩、今日はもう帰るんですか?」

俺「そうだね、なんもないから」

恵美「じゃあ、久しぶりに勉強おしえてください!」

俺の1つ下の後輩で、テストが近くなると俺は家庭教師のように恵美に勉強を教えていた。

俺「いいけど、どこでやる?」

恵美「ん~そうですね~」

場所を考えてないんかい!って俺は思わずツッコミたくなった。

俺「じゃあ俺ん家にするか?」

恵美「さすがに・・・それは申し訳ないですよ!」

俺「いいって。汚いけど俺の部屋でいいんだったら」

恵美「ん~、◯◯先輩が迷惑じゃないんだったら!」

俺「全然いいよ!」

そして俺は恵美と一緒に駅まで歩き、電車に乗り俺の家へと向かった。

恵美「◯◯先輩って~、どういった女の子がタイプなんですか?」

俺「え?どうしたのに急に。俺は優しくて笑顔が可愛い子かな」

恵美「ほうほう~。ちなみに女の子のここは必ず気にする!ってところあります?」

俺「ん~難しい質問だな・・・。どうだろうな~」

恵美「胸が大きいとか、スタイルが細いとか、気にするのかなって」

俺「そういうこと?まあ~気にしないって言ったら嘘かもしれないけど、そんな気にしないかな」

恵美「へ~。ちなみに私はどうですか?」

恵美はそこそこの巨乳でしかもスタイルはモデル並みに良く、例えるなら桐谷美玲みたい感じ。

俺「いいと思うけど・・・」

俺は小さめの声で言った。

恵美「◯◯先輩も私は好きです。すごい憧れます!」

俺「憧れ?」

恵美「だって有名国立大に行くんですもんね~」

俺「あっ、うん」

恵美「いいな~。キャンパスライフ楽しそうだな~」

俺「恵美、大学は?」

恵美「私も先輩と同じとこが第一志望なんです!」

俺「おう、自分的にはどう?」

恵美「模試とかでB判定なんです」

俺「Bか・・・。俺もその時期はBだったよ」

恵美「へ~、◯◯先輩はAかと思った!」

俺「総合判定でBだった」

恵美「数学と理科が弱くて・・・」

俺「理数な、俺も苦手だったわ」

そんな話をしてると駅に着いたので、降りて俺の家に向かった。

俺「とりあえず今日は何の勉強?」

恵美「そうですね、まず数学と英語を教えて欲しいです」

俺「数学は何を教えれば?」

恵美「微分・積分です」

俺「わかった。英語は?」

恵美「長文の宿題を手伝って欲しいです」

俺「じゃ辞典が必要だな」

恵美「あ、忘れてきた~」

俺「俺の電子辞書使いな」

恵美「ありがとうございます」

そんなこと言ってる間に到着。

恵美「ここが◯◯先輩の家なんですね」

俺の家に到着し、家の中に入ろうとしたら鍵が閉まっていた。

俺「あれ、誰もいないのか」

恵美「え~、いいんですか?!」

俺「どうせ妹も部活だろうし、父さんも母さんもしばらくしたら帰ってくると思うし」

恵美「じゃお邪魔します」

俺「2階の手前の引き戸の部屋が俺の部屋だから先に行ってて」

恵美に部屋に先に行っててもらい、俺は麦茶を持って後から部屋に入った。

恵美「◯◯先輩、ちょっとだけ汚いですね(笑)」

俺「だから言ったでしょ」

恵美「でも男の部屋って感じ!」

俺「とりあえず、そこの机と椅子使っていいよ」

恵美「は~い、よいしょ」

ふと恵美のスカートの中から白いものが見えた。
気のせいだろう。

俺「これ、電子辞書」

恵美「ありがとうございます。先に英語を片付けましょう」

俺「じゃ、さっそくやるか」

とりあえず30分かけて長文の翻訳を完成させ、明日までの宿題を終わらせた。

恵美「麦茶飲んでいいですか?」

俺「いいよ!ゆっくり休んで」

恵美「なんでそんなにスラスラ英語ができるんですか?」

俺「どうしてだろう、中学の時から英語は好きだったし、英検かな」

恵美「英検か~、私も3級持ってます」

俺「3級か~、高校卒業までに2級を取っておくといいかも」

恵美「2級!◯◯先輩は2級ですか?」

俺「うん、そうだよ」

恵美「観光客とかが何を話してるかわかるんですか?」

俺「全部はわからないけど、キーになる単語を聞いたらわかるときもあるよ」

恵美「すごいな~」

そんな話をしながら恵美と勉強をしていた。

恵美「◯◯先輩~、トイレ行ってきます」

俺「出て右ね」

恵美は無事に全ての勉強を終え、トイレに行った。
すると、下の方から妹の声が聞こえてきた。

恵美「◯◯先輩、誰か来ましたよ」

俺「妹が帰ってきたわ」

恵美「妹さんって中学生ですか?」

俺「そう、受験生」

恵美「高校はどこにするんですか?」

俺「俺たちと同じ」

恵美「じゃあ私、1学年上の先輩として挨拶してきます!」

俺「大丈夫大丈夫!」

恵美「いいんですか?!」

俺「アイツ、最近ずっと勉強勉強だから疲れてると思うし、文化系の部活で最後の卒業制作もしてるから」

恵美「大変ですね」

しばらくして廊下から、「お兄ちゃん、ただいま」と聞こえたので、「お疲れ~」と言ってやった。

俺「さて、どうする?」

恵美「勉強終わっちゃったし、先輩はどうします?」

俺「そうだな~」

恵美「あっ!」

俺「ん?」

恵美「先輩!」

俺「どした?」

恵美「手、貸してください」

俺「うん、いいよ」

恵美「先輩の手を~」

俺「恵美!何してんの!」

恵美は突然、俺の右手を取るなりおっぱいに当ててきた。

恵美「大きい?」

俺「・・・大きい」

恵美「私・・・先輩のことが大好きなんです!」

俺「うん」

恵美「先輩・・・私と付き合ってください」

俺「え?あ、えーっと」

恵美「私、先輩と一緒になりたいんです」

俺「俺でいいのか?」

恵美「はい!」

頭が真っ白になりかけたが、我に返ることができた。

恵美「だから・・・◯◯先輩・・・私を大人の女性にしてください」

俺「大人の女性?」

恵美「保健体育教えてください!」

俺「エッチってこと?!」

恵美「はい・・・」

一瞬躊躇したが、おっぱいを揉みはじめていた。

恵美「私のおっぱい、◯◯先輩の好きなようにしてください」

俺「恵美がこんなにエッチな子だと思わなかった」

恵美「私のパンツも見てください」

俺「・・・恵美」

こうして俺は恵美の初めてをもらった。
どんな感じでエッチをしたのかは忘れたが、恵美はその後、俺の彼女になった。
学校でもエッチなことをしたりした。
第一志望の大学に入学して目標を達成して、今は俺が就活を頑張っている。
恵美のためにも早く仕事を見つけないと。

タイトルとURLをコピーしました