アナル責めまでしてくれたエロすぎる妻の旧友

この体験談は約 6 分で読めます。

いつもより自宅に早く帰ると玄関に女性物の靴が何足も綺麗に並べられていました。
リビングからは女性陣の楽しそうな声も聞こえています。

エロくて欲求不満な淫乱熟女な人妻達が我が家に集まっている!
今日はこのスケベな熟女達とハーレムのSEXパラダイスか?
妻よGJ!
なんてスケベな妄想をしてしまう私。

「ただいま~」

「おかえりなさーい」
「おかえりなさーい」
「おかえりなさーい」
「おじゃましてます」

「お帰りなさいダーリン」

妻の友人達の熟女達が私を労ってくれました。
かみさんの高校時代からの旧友数人が遊びに来ていました。

「いらっしゃい、ゆっくりしていってくださいね。(なんなら僕のおちんこ貸しますからね)」

仕事着から普段着に着替え、リビングの隣の部屋でテレビを観ていました。

「どっこいしょ、ビールでも飲むかな」

「あなた、飲むの待ってくれない?疲れてなかったらみんなを送っていって欲しいんだ」

「了解!送ってあげるよ」

(了解、みんな食べていいんだね。持つかな体?)

居間で待ちながらテレビを観ていましたが、リビングのテーブの下でニョキニョキ動く脚が気になって仕方ないのです。

(あのつま先、しゃぶりてぇ~、ちんぽをあの足でグリグリされて足コキされてー)

旧友の一人は足をしきりに組んだり戻したり、トイレでも我慢しているかのようでした。
組み替える度に見えるような気がするのです、水色の布切れが。

(我慢できないなら、そこでお漏らししても良いんだよ、奥さん達)

見たいと思う気持ちからの錯覚なんでしょうが、それでも私は、その水色の布切れに興奮していたのです。

「そろそろいいかしらあなた」
「ああ、いいよ、家はみんな同じ方向かい?」

「ごめんなさい、それがみんなバラバラなのよ」
「まぁいいか、それじゃ送りますよ」

車に旧友達を乗せるとかみさんが乗れません。
仕方なく私一人で送って行くことになりました。
水色の布切れの旧友が乗り込む時、少し車高が高い車なのでわざとらしくお尻を押してあげたんです。
しかも股間に二本の指をねじ込むように。

(うひょ~たまんねーなこの感触、このまま奥までねじ込みてぇ~)

「あっ!すみません」

「いいえ、ご親切にありがとう」

ご親切にありがとうだって、けっ!
ただ、あんたがエロいから触ってみたかっただけさ、少しは感じただろ?
家が近い者から送り届け、最後に残ったのが水色の布切れの旧友でした。

「ご主人、疲れているのにごめんなさいね」
「いいえ、いいんですよ」

「いつも手伝ってあげているんですか」
「何をですか」

「車に乗る時」
「ああ、あれですか、かみさんや義母さんが乗る時はたまにですけど」

「やさしいんだ~」
「そんなんじゃないですよ」

誰がかみさんや婆のケツを押すかって~の。
指じゃなく、次はチンポ入れてやるぜ奥さんよ。

「怒られるかなぁ~、こんなこと言ったら」
「なんです」

「さっき少しだけど感じちゃった。でも明美への裏切り行為よね、こんなの」
「友達ですからね」

やりてぇって素直に言えば良いじゃん。
こっちはさっきからビンビンなんだぜ、しゃぶってみるかい奥さんよ。

「何とも思わない?こんな事を言っても」

「ええ、そんな時もありますよね」

思わないわけねぇ~だろ、今すぐズボンからちんぽ引っ張り出してしゃぶれよ。

「ご自宅はどの辺ですか?」

「◯◯市なの」

私は道順を頭に浮かべ、途中にホテルが無いか思い浮かべました。
しかしホテルに寄っている時間もありません。
◯◯市辺りは仕事で行った事があるので少し土地感はありました。

「奥さん、今日は早く帰宅しないとダメなんですか?」
「別にこの時間ならまだ平気よ。主人も遅くならないと帰宅しないし」

「お子さんは?」
「高校生の娘がいるけど、まだ遊んでいて帰宅していないと思うわ」

「こんな時間までですか」
「最近悪くなってきたみたいなの」

「それは心配ですね」

娘も一緒にぶち込んでやろうか!
少し回り道をして、昼間時間を潰す場所に向いました。
昼間はここで昼寝をしている営業の人やコンビ弁当を食べている人などの車がたくさん停まっています。
が、夜になると窓ガラスを曇らせている車に変わります。

「少し休んでいきましょうか、飲み物でも買ってきますよ」

「いらない、一人にしないで」

おうおう、可愛い事を言ってくれるじゃないか。
早く欲しいってか。

「僕の勘違いだったらごめんなさい奥さん」

私は奥さんの太股の上に手をそっと下ろしました。

「勘違いじゃないかもよ」

「かもよ、って」

「さっきは本当に感じちゃったの」

太股の上に下ろした手を股の間にねじり込んで、手をくいっとひねっておまんこを指でツンツンしてやりました。
次第に股の力が抜け、脚を大きく開いてしまう奥さん。

「ふぅ~ん~あ~ん、感じちゃう」

「僕のも触ってよ奥さん」

「はぁんっ~大きい」

キスもせず、いきなり手まんちょしてやりました。
熟れすぎて柔らかいおまんからスケベ汁が溢れだし、もうぐちゃぐちゃぶにゅぶにゅです。
パンストを爪で引っ掛けて破き、指をねじり込んでパンティーを避けてもろに指をおまんこにぶち込んでやりました。

くちゅくちゅずぼずぼ・・・。

「あ~、だめっはぁ~」

体をねじり左手から右手に代え、さらに激しくおまんこをクチャクチャしてやりました。

「やらしいなぁ奥さん、おまんこビチャビチャじゃないですか」
「いやっ、恥ずかしい」

「僕のしゃぶってくださいよ」
「あんっ、うんっうんっ」

ジッパーを下ろし、パンツからちんこを摘み出して腰を突き出します。
リンスの香りに包まれた長い髪が私の股間に覆い被さりました。
柔らかくて生温かい咥内。
根本まで飲み込む熟女のフェラチオはうちのかみさんより気持ちいい。

「こんな気持ちいいフェラをいつでも味わえる旦那さんは幸せ者ですね」

「ううん、もごもご、じゅるじゅるずぼっずぼっ」

私は左手で手まんちょ、奥さんはフェラ。
この状態をしばらく続けお互いに我慢できなくなった時、私達は車外に出ました。
スカートの中は破れたパンストにビチャビチャに濡れたパンティーがおまんこに食い込んでいるはずです。

私は上着でちんこを隠したまま歩きました。
ガードテールが切れた隙間から歩道に上がり、市街地によくある国有林の中に入っていきました。
林の中央辺りまで来ると木々で視界も遮られ、街灯や家の明かりも見えなくなります。
360度見渡して、人気を気にしながらスカートを捲り上げます。
ちょうどいい高さになるようにスケベな奥さんの腰を掴み落ち着かせました。
ざわざわがさがさ。
枯れ葉を踏み潰す音とともにしゃがみ込んで、奥さんのおまんこをお尻の方からペロペロしてやります。
少し小便臭いのが堪りません。

「入れて、お願い、もうだめ」

ここで入れたら私がすぐにイッてしまう事は必然です。
『何この人!早すぎっ』って思われるのも何なので、指でイカしてやることにしました。
壊れてしまうくらい激しく指を抜き挿して2回以上はガチイキさせました。

「お願い、もうやめて、入れて」

腰を落として斜め45度から腰を突き上げ、ちんぽをゆっくりとおまんこに挿入。
この入る時の感じが堪らなくいいんです。
あとは中身の問題。
している場所が場所だけに気分も高まっているのですぐに射精かと思いきや、緩いんです。
驚くくらい緩いんです、この奥さんのおまんこは。
くそっ、せっかく手に入れたセックスフレンドが、これか!
かみさん以外の女と出きる事だけでもありがたいと思うべきか?
必死に腰を振り、やや萎えながらもなんとか射精寸前までもっていきます。

「出るよ奥さん、中に出していいの」

「だめ、中はだめよ」

一瞬で向きを変えた奥さんが、おまんこ汁まみれのちんぽを咥えフィニッシュ。
アナルを指でなぞりながら、そーっといつまでもちんぽをしゃぶる奥さん。
あまりの気持ち良さに半立ち状態になるちんぽ。
くるっと状態を変えられ、今度は私がお尻を突き出していました。
後ろから玉を触られながらアナルをペロペロ舐めてくれる奥さん。
妙に感じちゃって声まで漏らすありまさです。

「ど~お、感じるぅ~?」

「すごいよ、気持ちいい」

アナルに舌先を突っ込まれ、ピクンと体が反応してしまう。

「痛い~?」

アナルに奥さんの細い指が少ずつ入ってきます。

「やらしい~、あ~ん、私もおちんこがあったら入れてみたい。どんな感じなの?すごく柔らかくて温かい、あ~んやらしいスケベ~」

何か妙な気分になり、ちんぽがまた勃起しちゃいました。
緩いまんこには挿入せず、今度は最初からフィニッシュまでフェラでしてもらいました。
その後、林を出て奥さんの自宅まで急いで車を走らせました。

「そんなに急がなくても平気よ」
「あまり遅いとかみさんに」

「そうよね、私の家を知っているからね明美」
「また会えますかね?」

「いいわよ、私は別に」
「じゃあお付き合いしてくれるんですね」

「少し罪悪感はあるけど、それもいいかな」

調教してやる。
言いなりになるようにしてやるぜ。

「僕も罪悪感はありますが奥さんの魅力にやっつけられました」

「あら、お上手ね」

(あったりまえだろ、魅力にじゃねーから、そのエロさに負けたんだよ!)

不倫って不思議ですよね。
自分のかみさんには、「俺は脚フェチでパンストフェチなんだ、だからパンスト脚でちんぽをすりすり足コキされたり履いてみたいんだ、そのままおまんこだってしたいんだよ」なんて絶対に言えないのに、なぜか不倫相手には言えちゃうんですよね。