子供の頃から兄に騙されてずっと飲まされてました

この体験談は約 3 分で読めます。

私は今年、成人式を迎えましたが、昔のことを思い出します。
兄とは7つ違いで、私が小1の時、兄が中2のときのことです。

ある休みの日、昼間から兄と2人きりになりました。
兄は遊びに行く約束を取り消して、私と遊んでくれることになりました。

「お兄ちゃん、何して遊ぶの?」

「今日はいいことしような」

私は首を傾げました。
兄に連れられ、私の部屋に行きました。

「知ってるか舞(私)、じつはな・・・」

「え~!嘘~?」

ここから簡単に言います。
兄は私に、「小学生になった女の子は、兄のアソコを咥えておしっこを飲まないといけない」と言いました。
私は訳が分からず、でも兄に従うしかありません。
兄はズボンとパンツを脱ぎました。

「ほら、ちょっと触ってみろよ」

お風呂では見たことがありましたが、実際に触ったことがありませんでした。
恐る恐る触ると、すごく硬くなっていました。

「ほら、自分で口に咥えな」

私は口を大きく開けて咥えました。
そのまま兄に頭を持たれ、前後に動かされました。
兄が喜んでいたので、なんだか私まで嬉しくなりました。

「じゃあ頼むよ」

兄はそう言うと、私の口の中におしっこか精液か分からないものを出しました。
(このときの私には分かりませんでした)

私は言われた通りに、苦かったけど全部飲みました。

「いいか、舞。このことは他の人には言っちゃ駄目だよ」

「何で?」

「それがルールだから」

私は昔から『ルール』という言葉に弱く、守らないといけないという思いが強かったので頷きました。

「舞、これから毎日1回はしないといけないからね」

「うん、分かった」

それからは何の疑問もなく、毎日しました。
時には2、3回するときもありました。
他の女の子も、お兄ちゃんがいる家では普通のことなのだと思っていました。

でも私が6年になると、兄は大学生になって一人暮らしをはじめ、それをきっかけにあまりしなくなりました。
でもたまに家に帰ってきた時はしました。
その時は最低でも1日に2回はしました。
私が中学生になってもされ続けました。
今振り返ってみると、私はすっかり兄の性奴隷になっていました。

私は高校に進学して、勇気を出して友達に話しました。

「そんなルールなんてないわよ。あんた騙されてるのよ」

ショックでした。
家に帰ってずっとトイレで泣きました。
両親に言おうと思いましたが、言えませんでした。

数日後の週末、兄が何食わぬ顔で帰ってきました。

「舞、今日もやるぞ」

「お兄ちゃん、あのね・・・」

私は友達に聞いた話を兄に言いました。
兄は土下座して謝ってきました。

「ごめん。本当のこと言おうとしたんだけど言えなかったんだ」

「もういいから」

兄を許しましたが、私が受けてきた心の傷は、成人式を迎えても癒えることはありませんでした。

タイトルとURLをコピーしました