就活で知り合った一流企業の美人人事を巨根の虜に

この体験談は約 5 分で読めます。

俺が就職活動の時に、とある会社の説明会で知り合った超美人な人事と体の関係を持った話です。

まずは俺のスペックから。
大学3年生で21歳身長180センチで、イケメンとまでは言わないが昔からそこそこモテた。
大学時代は正直遊びまくってて、経験人数は50人くらい。
合コンやらナンパやらで色んな女の子を引っ掛けてた。

そんな俺も3年になって真面目に就活することになった。
といっても遊び癖が抜けるわけでもなく、就活で知り合った女の子をちょこちょこ食ってたw
そんな頃、俺の友達が、「『◯◯』って会社(某超一流企業)の人事はめっちゃ美人だぞ」って教えてくれた。
合同企業説明会で見かけたらしく、『みん就(みんなの就職活動日記)』なんかでも話題になるほどだった。
で、その会社の説明会に行ってみることにしたわけw
まあもともと興味ある業界だったし、いいかなとw

意気揚々と説明会に乗り込んだ俺。
ターゲットの美人人事はすぐみつかった!

(やばい!めっちゃ可愛い!!!)

目がくりっとしてて、女子アナの加藤綾子に似ていた。
身長は165センチくらい。
少し茶色がかったミディアムの髪型がよく似合う。
細身だけど、腰周りがエロい。
すげえいいお尻してるのがスーツ越しでもわかった。

仮にこの美人人事担当を『加藤さん』としておく。
加藤さんは5年目の社員で27歳ということだった。
はつらつとしてて、元気のいい社員さんだった。
いつもなら眠くなる説明会だが、加藤さんが話す部分だけは視姦するかのごとく見つめていたw

さて、この人事とどうやったら仲良くなれるか?
俺はこの説明会では積極的に質問して顔を覚えてもらい、さらに説明会後にも時間があったので積極的に加藤さんに質問した。
もっとも俺と同じことを考える男子学生も多く、ライバル争いは避けられなかったがw

俺は何度もその会社の説明会に通った。
その会社が大学に来て説明会を開催することもあったので、それも逃さずに行った。
徐々に加藤さんと面識ができ、ついにある時(3回目くらいかな?)、名刺をもらった!

加藤「聞きたいことがあったらいつでも連絡くださいね」

大企業も採用活動は大変らしく、いい学生には積極的にアプローチしているらしかった。
下心しかない俺だったが、積極的に質問とかしておいて良かったなとw
さてさて、俺はもらった名刺に書かれていたメールアドレスに丁寧な挨拶文を送り、『もっと貴社のこと知りたいです!』っていうアピールをした。
しまくった!

熱意が伝わったのか、『よかったら会ってお茶でもしましょう』というメールが!

大企業の人事なんて堅い人たちばっかりだと思ってたけど、そうでもないのかな。
まあむこうも採用大変だろうしな。

会うために指定された場所は、某駅チカの喫茶店だった。
時間は俺の都合で午後5時だった。
その日の加藤さんはグレーのスーツ。
おっきな目で見つめられるとかなりドキっとする。
俺は普通に就活の話をしつつチャンスを窺っていた。
しかしチャンスは向こうからやってきた!
30分くらい話したところで・・・。

加藤「今日は私直帰だし、よかったら飲みにでも行く?」

(キターーー!)

美人人事から飲みの誘い!
これは完全にプライベートなのか!?

俺「いいんすか?もちろん行きます!」

そんなわけで近くの居酒屋へ行くことになった。
俺と加藤さんは最初は就活の話をしてたけど、だんだんフランクな話題に。
俺は学生生活のこととかを話し、加藤さんは会社のこと(主に愚痴w)だった。
俺はなるべく加藤さんの愚痴を聞き出し、話を掘り下げていった。
聞くと、3年くらい彼氏がおらず、仕事は忙しい、上司はウザイ、合コンはハズレばかり・・・など赤裸々に話してくれたw
相当酔ってたしねw

その後は流れだった。
俺が「そろそろ出ましょうか」と言い、居酒屋を出て、加藤さんの肩を抱く。
そして「今日、もうちょっとだけいいですか?」と聞くと、加藤さんは恥ずかしそうに笑い、「もうっ!」と言いながら俺が止めたタクシーに乗った。
タクシーでラブホへ向かい、部屋に入った。

加藤「吉岡君(俺)、絶対に遊び慣れてるよねーw」

俺「そんなことないっすよ、加藤さんが魅力的過ぎてw」

加藤「よく言うよ?色んな学生見てるから遊んでるかどうかくらいわかるよw」

俺「え?じゃあ俺以外にも就活生と寝たことあるんですか?」

加藤「いや、それはないけどwなんとなくわかるじゃん?けど就活生とこんなとこ来るなんて思ってもみなかったよw会社にバレたらやばいな(笑)」

なぜかちょっと楽しそうな加藤さんw
相当ストレスが溜まってたのかな。
俺は加藤さんを抱き寄せ、軽くキス。

俺「ねえ、最後にエッチしたのいつですか?」

加藤「うーん、1ヶ月くらい前かな?合コンで知り合った人とね」

俺「その人とはセフレ?」

加藤「セフレではないかなー。なんか違ったw」

そんな猥談をしつつ、いよいよ憧れの美人人事とのセックス。
緊張はしていたが股間は正直だったw
シャワーからあがってきたバスローブ姿の加藤さんを見ただけでフル勃起してしまったw

俺「加藤さん、もうやばいっす」

加藤「うん?」

俺は加藤さんの前で、いきなりズボンとパンツを脱ぎ、下半身だけ裸になった。
もうチンコはギンギンだったw

加藤「嘘・・・」

加藤さんはびっくりして目を丸くしていた。
それもそのはず、俺のチンコは約20センチの巨根だw
しかも元気すぎて、勃起して腹に先っちょがくっついていた。

加藤「すっご・・・何これw」

俺「もうやばいっす。びっくりしました?」

加藤「うん・・・すごい、吉岡君のおっきすぎでしょw」

そう言いながら俺の巨根に触れる加藤さん。

加藤「え、すっごい硬い・・・」

俺「加藤さんが本当に可愛いからw」

加藤「ふふっ、嬉しいなあ」

加藤さんは俺のチンコをフェラし始めた。

加藤「んぷ、じゅぷ・・・んはぁ、すごーい、おっきすぎて入んないよ・・・」

俺「けど加藤さん、嬉しそうですよ?」

加藤「んふ・・・だって・・・おっきほうがいいじゃんw」

俺「もう限界?もっと奥まで咥えてみてくださいよ」

加藤「んぐ・・・もう限界だよ・・・おっきすぎ、吉岡君のデカすぎだよ・・・」

俺は一旦フェラを中断させ、加藤さんを攻めることに。
バスローブをとると見事な身体だった・・・。
細身なのにお尻には少しボリュームがありクビレを強調している。
胸はDカップと言っていたが、Eカップはありそうな美巨乳だった。

俺「やっぱエロい身体してますね」

加藤「まあ、そのせいでセクハラとかも多いんだけどね。会社はオヤジばっかだし・・・」

俺は加藤さんを寝かせると、ねちっこく色んなところを攻めた。
特に、手マンでは2回ほどイカせたw

加藤「吉岡君、やっぱ上手w慣れてるね?」

俺「そうっすか?まだまだこんなもんじゃないっすよw」

加藤「ふふっ、若いねwねえ、そろそろ来てよ・・・」

色白で抜群のスタイルの加藤さんに挿入。
亀頭を加藤さんに入れた。

加藤「あっ・・・ちょっと待って・・・んあっ、うわ、太い!もっとゆっくり・・・」

俺「ああ・・・すっごい締まってるw」

加藤「ダメ・・・あぁ!ゆっくり・・・おっきい、あっ!あっ!すごい!いい・・・」

俺「どうですか?」

加藤「すごい、こんなの初めて、おっきい、あぁ、すごい、パンパンになってる・・・」

俺「加藤さんの中、すっごい締まっててやばい・・・」

加藤「吉岡君のもすごいよ・・・すっごい奥まで来てる・・・」

俺は亀頭に神経を集中させて奥を突いてみた。
うまい具合にはまると、女の子がめっちゃ気持ちよくなれるw

加藤「なにっ?なに?これ!だめっ!だめっっ!!変なの!変になる!」

加藤さんは手を俺の背に回し、ぎゅっと掴んでいる。
その手がだんだん強くなっていく。
さらにここでピストンを速める!

加藤「んやっ!もうだめっ!マジだめっ!んやぁぁーっ!ダメダメダメっっ!!!」

最高の一夜だった。

タイトルとURLをコピーしました