転勤先のアパート探しがきっかけで母と一線を越えた

この体験談は約 4 分で読めます。

1年前、仙台への転勤を命じられ、自分としては納得がいかない人事異動だったので、いっそのこと会社を辞めてしまおうと思って母に相談しました。
父とはあまり意見が合わず、会社を辞めると言えば怒鳴られると思っていましたから。
転勤が嫌な理由は・・・。
じつは僕は23歳になりますが、今まで親と離れて生活した経験がなく、1人っ子で甘えて育ったため、自分で食事や身の回りのことをやる自信がなかったのです。

「今時就職先を探すのも難かしいから、会社を辞めないで、とりあえず頑張れるところまで1人で頑張ってみて、それでも耐えられなければその時は辞めて帰っておいで」

母は、そう言いました。
1日考えた末、母の言う通り、会社の命令に従って仙台に転勤することにしました。

次の土日、仙台の賃貸マンションを契約するために、母と2人で1泊2日の日程で仙台まで出かけました。
出発の前日、母が時刻表に載っていたホテルに電話して予約を入れてくれたのですが、母はツインとダブルの違いが分からなくて、ダブルの部屋を予約していました。
初めての土地で不動産屋を何件もあたって1日中歩き疲れてしまい、ホテルへ帰ってビールを飲んで大きなベッドに寝転んでいました。
そのうち母も入浴を終えてベッドにやってきました。

「修ちゃん、元気出して。明日は契約しましょう」

「やっぱり転勤を断って会社辞めようかな」

「大丈夫。くよくよ考えないで・・・。もっとビール飲む?」

母に勧められるままビールを飲んで母と話をしていたら少し気が晴れてきました。
飲んでいるうちに夜も更けてきたので、電気を消して寝ることにしました。
酔っていたのですぐに眠れるはずでしたが、母と一緒にベッドで寝ていると、体が触れ合ってなかなか眠れませんでした。

「眠れないの?」

「・・・うん」

「まだ、悩んでるの?」

母は僕の背中に手を当ててくれました。
僕は自然に母の胸元に顔をうずめました。

「何も考えないで眠りなさい」

母はそう言って、僕を寝かしつけるように背中を優しく、トン、トン、トンと叩きました。
そうされていると、なんだか幼い頃に戻ったみたいな気持ちになって、頬に当たっている母の乳房に甘えて触れてみたい衝動に駆られました。
僕が黙って母の浴衣の中に手を入れて乳房を触ると、母は何も言わず、僕のしたいままに乳房を触らせてくれました。
豊かな乳房全体を揉むように触っていると、それまで半分埋もれていた乳首が硬くなって立ってきました。
指先でその乳首をコロコロと摘むように触っていると・・・。

「修ちゃん・・・そんなにされたら、くすぐったいよ・・・」

「母さん・・・乳首が硬くなってきたよ」

「赤ちゃんにオッパイを飲ませるときはこうなるのよ」

それを聞いて僕は母のオッパイを吸いたくなりました。

「母さん、久しぶりにオッパイ吸わせて」

「バカね、いい年をして・・・それに、もうお乳は出ないわよ」

僕は構わず半身を起こし、母の浴衣の胸元を広げて乳首を口に含みました。
母の口から、「あっ」と声にならないような小さな呻きが漏れたような気がしました。
しばらくの間、母の乳首を口に含んで舌先で転がしながら、もう片方の手で別の乳房と乳首を揉んでいました。

「修ちゃん・・・もうくすぐったいから・・・やめて・・・」

母が肩で大きく息をしながら上擦った声でそう言うのを聞いて、母が女性として感じていることが分かり、すごく興奮してきました。
僕は母の首の下に片腕を通すと、乳首を吸いながら、もう片方の手で母のパンティの上から土手を揉み、溝を上下にさするように愛撫しました。
母は抵抗もしないで僕のなすがままになっていましたが、呼吸は次第に荒くなって、眉間にしわを寄せて首を振りながら声が出そうになるのを必死で我慢しているようでした。
母が感じている姿を見て、僕の股間は猛烈に勃起しました。
この時点で僕は完全に理性を失い、このまま母の肉体を貫き、母の膣内で果てることを思いました。

僕も母もかなり興奮していました。
軽く唇を合わせると、母が僕の唇に吸い付いてきました。
そして母は目を開けて、僕をじっと見つめて小さな声で言いました。

「大変なことになるね・・・」

その言葉を聞いて僕は、母が禁断のセックスを受け入れるつもりだということを理解しました。
目を閉じて荒い呼吸をしながら息子の欲求をすべて受け入れようとしている母の心の広さに、僕は少し自己嫌悪になりましたが、やっぱり母を貫く覚悟を決めました。

僕は母の唇に自分の唇を重ねました。
軽く閉じたままの唇を舌で割って入り、母の口内を舐め尽くしました。
母も僕の舌の動きに合わせて舌を絡めてきました。

「全部脱いで・・・」

僕は母の帯を解き、浴衣を脱がせました。

「あんまり見ないで、恥ずかしいから・・・」

母が消え入るような声を出しました。
小さなダウンライトに照らされて浮かび上がった母の白い肌は、艶やかでしっとりとしてとても奇麗でした。
僕は再び乳首から乳輪、乳房全体に舌を這わせました。
乳首を舌で転がしたりしていると母の口から喘ぎ声が漏れはじめました。

「母さん、パンティも脱がすよ」

僕がパンティに手をかけると、母は腰を浮かせて僕にパンティを下ろさせました。
母の黒い陰毛が目の前に現れました。
陰毛を掻き分けて膣口に指を当てると、もうニュルニュルに濡れていました。
僕も裸になり、勃起した肉棒を母の手に握らせました。

「母さん・・・これ・・・入れるよ・・・」

僕は母の足を開かせて母の太腿の間に入り、肉棒を母の割れ目に宛てがいました。
母の膣穴を僕の亀頭が押し広げながら埋まっていくのを見て、僕の興奮は最大限に達し、もうその後は夢中でピストンを繰り返していました。
自分が生まれて出てきた母の膣に自分の肉棒を突き刺してピストンしているという背徳感が興奮をさらに高めて、早くも射精感が込み上げてきました。

「修ちゃん・・・母さん、もう・・・だめ・・・」

母が僕の背中に手を回して、乳房が潰れるくらいきつくしがみついてきました。
僕も母に抱きついてキスをしながら母の膣穴の奥に大量の白濁液を放出しました。
僕の精液を膣穴で受け止めた母と結合したまま無言で抱き合って、そのまま眠ってしまいました。

朝、目が覚めると、もう母は服を着てメイクをしていましました。
そして目覚めた僕を見て、「一生の秘密よ・・・」とはにかんだように微笑んで言いました。
今も月に一度、母は仙台に泊まりがけで来てくれます。

タイトルとURLをコピーしました