ゲームを買ってやる代わりに妹の処女をもらった

この体験談は約 3 分で読めます。

俺が高校生の時、中1の妹からゲームをねだられた。
俺はバイトをしていたが、とても妹にゲームを買う余裕はなく、断り続けていた。

「お母さんに頼めよ」

そう言っても妹は聞く耳を持たなかった。

「お兄ちゃんも知ってるでしょ、うちのルール」

そのルールとは・・・。

『中学生以上は、欲しいものは自分の小遣いで買うこと』

「じゃお前のお小遣いで買え」と言っても、「高いから無理」と言われた。

「じゃ諦めろ」

「お願い。どうしても欲しいの」と頭を下げられた。

妹の眼差しは痛いほど俺に突き刺さった。
それでも甘やかしてはダメだと思って断った。

「お兄ちゃんお願い。可愛い妹がここまで頼んでるのよ」

「可愛いって自分で言うか、普通」

「なんでも聞くから一生のお願い」

「またそれか・・・いつもそう言うじゃないか」

「お願い!」

俺は熱意に負けて妹が欲しがってたゲームをとうとう買う羽目になった。
買ってやると妹は飛び上がって喜んで、抱きついてきて「ありがとう」と言われた。

「でもわかってるな、約束」

「わかってるよ。で、何して欲しいの?」

「今はまずいから、夜な」

「え~なんで?」

「お母さんとお父さんが夜勤に行ってからな」

うちは両親が夜勤だったので、夜はたいてい妹と2人だけだった。
その日の夜、両親が出かけたのを確認してから俺は妹を部屋に呼んだ。

「お兄ちゃん、で、何して欲しい?」

「そうだな~」

「何々?肩揉み?全身マッサージ?なんでも言ってよ」

「お前ってやったことある?」

「何を?」

「セックス」

「な、何言ってるの。ないわよ」

「そうか~、よかった」

「どういうこと?」

「俺の願いは、お前とセックスすること」

「いやだよ~」

「お前の願い叶えてやったのに」

「それはそうだけど」

「いいだろ」

「う~・・・痛くしないでよ」

「よし、決まりだな。じゃあ服を脱げ」

俺はまず妹の服を脱がさせた。
妹はTシャツを脱いだ。
俺は妹のブラに手を掛け、ブラを外した。
それから妹の胸を揉んだり摘まんだりした。

「可愛い胸だな。よし、まずは口でしてもらおうかな」

俺はそう言ってズボンとパンツを脱いだ。

「さぁ咥えて」

妹は俺のチンコを咥えた。
そしてゆっくり動かした。

「奥までしっかり咥えて・・・あ、イクぞ」

妹の口に出した。
射精が止まらず、口から溢れてきた。
俺は妹のズボンを下ろし、パンツの上からマン筋をなぞった。

「気持ちいいか?」

「・・・うん」

妹もだんだん気持ちよくなってきたみたいなので、俺は妹のパンツを脱がした。
妹のマンコから汁が溢れていた。
俺は妹のマンコを舐め回して、さらに濡らした。
指で濡れ具合を確かめ、俺は妹のマンコにチンコを挿入した。
濡れていたおかげですんなり入った。

「おぉ、気持ちいい」

「お兄ちゃん、なんか熱い」

「大丈夫。それは気持ちいい証拠だから」

腰を振った。

「お兄ちゃん~、あぁ~~~」

「中に出すぞ」

「いや~!外に出して」

俺は妹の中に出してしまった。

「お兄ちゃんのばか!なんで中に出すのよ」

妹は泣き出してしまった。

「悪い・・・我慢できなくて、つい」

「も~、妊娠したらどうするのよ。妹の中に出すなんて最低」

妹は怒って、自分の服を持って部屋に戻った。
それからしばらく妹は口を利いてくれず、笑顔も消えた。
幸い妊娠しなかったのがせめてもの救いだった。

タイトルとURLをコピーしました