酔った自分を介抱してくれたバイト先の先輩と

この体験談は約 9 分で読めます。

高1の冬にバイトを始めた定食屋での話。

忙しい店だったのでバイトが10人くらいいて、6人ローテで回していた。
俺はバイト初日で緊張していたのだが、女の人にいきなり、「ねえ、私、山井だけど、覚えてる?」と言われた。
緊張していて、周りが見えていない状態で言われたので混乱していた。
山井先輩が中学を卒業してから1年と9ヶ月くらい経っていたのだけど、部活が隣(バレー部は男女でコートを半分ずつ使ってた)だったので、そんなに喋ったことはないものの名前は知っていたので、少し間が空いて思い出した。
こんな所で偶然会うとは思わなかったけど、バイトをするうちに、山井先輩や他の先輩(俺が1番下なので)とも仲良くなり、金・土とか遊びに行くようになった。

俺は高校2年になり、山井先輩は芸大に進学していた。
この頃になるとバイトも慣れてきて余裕も出てきたし、給料もそこそこな金額もらえたので、金使いも荒くなっていった。

そしてGWになり、みどりの日(今だと『昭和の日』)が終わり、学校に行って、GWの後半がはじまる前の日のバイト帰りに川上先輩(大学2年・男)の家に、俺を含んで6人で行くことになった。
川上先輩はこっちの大学に地方から出てきていて、一人暮らしだった。
そのせいもあって、仲のいいメンバーで川上先輩の家で遊ぶことが多かった。
この日も適当に何か食べていたりゲームをしたりしていたが、森本先輩(大学2年・男)や、中田先輩(高校3年・女)が買出しから帰ってきて、ビールやチューハイを飲み始めた。
他のみんなも飲みはじめてテンションが高くなっていた。
俺は最初はお酒を飲むのを嫌がった(単純に不味いので)のだが、他の先輩も「1杯だけ飲んだらいいからさぁ」と言うので、俺はしぶしぶビールを飲んだ。
無論不味いのだが、よほど不味そうに見えたのか、山井先輩がカルピスサワーを出してきて、「これならジュースみたいなもんだから、口直しに飲んだら?」と言うのでカルピスサワーを飲んだ。
飲んだら予想外にジュースに近く、微妙にお酒っぽいかなという程度だった。
これなら美味しいかなと思いつつ、引き続きお菓子を食べつつカルピスサワーを飲み干した。

みんなお酒が結構入ってきたようで、そんなに面白い話でもないのに笑い始めたり、山井先輩は年で言うと後輩の中田先輩に、「すいませぇんすいませぇん」と何回も笑いながら冗談で土下座して謝っていた(確か、この日のバイトで山井先輩が皿割ったとかそんな話だったかな)。
中田先輩も笑いながら山井先輩の頭を撫でて、「だいじょうぅぶだいじょうぶ~」と呂律な回らない状態になっていた。

すると山井先輩が急に立ち上がり、よく分からない奇声を上げながら中田先輩に飛びつき、ベッドの上に座っていた中田先輩とともにベッドに倒れ込んだ。
山井先輩はベッドに倒れた中田先輩を押さえつけていた。
中田先輩も嫌がってないけど、ベッドの上で足を立てて激しくじたばたさせていた。
中田先輩は制服のままなのでパンツが丸見えの状態になっていたようで、川上先輩などが「中田がパンチラしてるぞ」「みんな注目~!」と言っていた。
俺は見てなかったのだが、中田先輩は「みんなへんたぁい~」と言いつつも笑っていて、何がおかしいのかさらに笑っていた。

少しすると中田先輩が山井先輩の制止をといてこっちに来て、「ハム君(俺のこと)も見たの?えっちぃ」と言ってきた。
俺は本当に見てなかったので、必死に「見てません」と言ったのだが、みんな「嘘つき」と俺をからかっていた(きっと、見た見ないはどっちでもいいんだろう)。

みんなにからかわれたので俺はちょっとムッとしていた。
それを見た森本先輩がこっちに来て、「これ(チューハイ)やるから許してくれよ~」と全然反省の気持ちも感じさせない調子で言ってきた。
俺もそこまで怒っていなかったけど、勢いもあってチューハイを取り上げて一気飲みした。
一気飲みしたら、みんなが「おお~」と歓声を上げて拍手された。
川上先輩は、「ハムはかっこいいよ、うん」と言いながら頬ずりをしてきた。
まあ冗談なのですぐにやめたのだが、今度は山井先輩に一緒に飲むと言ってコップにチューハイを半分ずつ注がれて、俺もほろ酔い気分だったのでまたチューハイを飲んだ。

気分は良かったけど、少ししたらトイレに行きたくなったのでトイレに行った。
明らかに酔っているのは分かったけど、「大丈夫大丈夫」と小声で呟いて、まだ大丈夫と確認して部屋に戻った。
慎重に壁に持たれながら部屋に戻ったのだが、頭がクラクラしていた。

「ハム君、もう立てないでしょ?」

壁から手を離して立ったのだがフラっとなり、すぐに壁に倒れこんだ。
そんな俺を見た森本先輩は俺の後ろに回り、再びベッドの上で倒れ込んでいた中田先輩の方に誘導して、中田先輩は手招きを数回したと思ったら、中田先輩のいる所に倒された。
ベッドに倒れる間に俺のほっぺが中田先輩の胸をかすった。
瞬時に、(柔らかいなぁ)と思った。
俺は中田先輩のすぐ隣に倒れてしまい、近くにいると恥ずかしいので逃げようとしたが、川上先輩と森本先輩が俺を押さえつけて俺の顔を中田先輩の胸の所に押し付けた。
俺は「やめてください」と言ったが、2人はやめる様子はなく笑っていた。
中田先輩もわざとらしく喘ぎ声を上げながら笑っていた。

2人の手が離れたと思ったら、中田先輩がベッドの上で半立ちになり、俺の上に倒れてきた。
中田先輩は俺の上でゆっくりと上下に移動して胸の感触を俺に感じさせていた。
俺は気持ちいいのだけど、「駄目です」と言っていたのだが、中田先輩が、「私とセックスしたいでしょ?」と、とんでもないことを言ってきた。
俺は「したくないです」と必死に気持ちいいことを悟られないようにしたのだが、中田先輩が、「私としたいんでしょ?」と何回も繰り返して言って、他の先輩は、「『したい』って言っちゃえよ」と言う。
そこに山井先輩がビールを持ってきて、俺に強引に飲ませた。
俺は飲めないと思いつつも、ベッドの上をビールまみれにしたら駄目だと思い、頑張って飲んだ。

ビールを飲んでからは何がどうなっているか分からなくなって、さっきまでは理性があったものの、「したいです!」と言ってしまった。
中田先輩が「もう1回言ってよ」と言うので、俺は「セックスしたいです!」と勢いよく言ってしまった。
他のみんなは、「よく言った」となぜか俺を盛り上げていた。

すると中田先輩は制服のチャックを上げて脱ぎはじめて、上半身ブラだけになり俺に抱きついてきた。
中田先輩は俺にディープキスをしながら俺とべったりくっついていて、スカートが短いのでパンツで俺のズボンのあそこの上を刺激するように動いていた。
中田先輩は、「ハム君、気持ちいい?」と言った。
俺は理性が飛んでいたので、「最高に気持ちいいです」と恥ずかしげもなく言ってしまった。

それから数分ほど経ったと思うのだが、微妙に動いているので気持ち悪くなった。
最初は我慢していたのだが、もう我慢できないと思ったので、最後の力を振り絞って立ち上がろうとした。
しかし途中で倒れてしまった。
さすがに他の先輩もまずいと思ったのか、「トイレ!トイレ!」と言い、川上先輩と山井先輩にトイレに連れ込まれてトイレの中で吐いた。
吐いた途端、ものすごく気持ち悪くなって吐き続けた。
なんでこんなに苦しいんだろうと、泣きながら吐いた。
川上先輩と山井先輩が交代で俺の背中を擦ってくれた。
俺はトイレにいたので向こうの部屋がどうなっているか分からなかった。
どれだけトイレにいたかも分からなかった。

それから数時間経ってお開きになったみたいで、俺の家に近い山井先輩がタクシーを止めて(俺は覚えてない)俺の家まで送ってくれた。
俺の家まで着くと俺の鞄から家の鍵を取り出し、家の裏から(いつも裏から入るし、俺の部屋が裏口の隣なので)俺の部屋に入った。
山井先輩は俺に対して、「どう?」と何回も聞いてくれたみたいで、家に戻ってからも1回吐いた。
そうしているうちに少し良くなったのか、そのまま寝てしまった。

数時間して目が覚めた。
頭が痛い感じがした。
時計を見ると午前4時で、ベッドの隣で山井先輩が俺の介抱に疲れて寝ていた。
俺がベッドの上で体だけ立ち上がると、山井先輩も目を覚ましたようで、山井先輩も「頭が痛い」と言った。

「俺も頭が痛いです」と山井先輩に言うと、山井先輩が俺の方に来て、「眠いから一緒に寝てもいい?」と言ってきた。
まだ頭が痛かったのと酒が残っていたので、どさくさに紛れて胸とか揉んだりしてやろうとやけに強気になっていて、「どうぞ」と言った。

ベッドに来て横になると、山井先輩の方から俺の方に寄ってきて、「ねぇ、エッチする?」と言ってきた。
どう返事をしていいか分からなかったのだが、俺が何も言わないうちに山井先輩の方から俺の方にキスをし始めた。
山井先輩は舌で俺の口の中を舐め回していた。
山井先輩は何も言わなかったが、俺にもしろというような顔だったので、俺も舌を入れて山井先輩の口の中を舐め回した。
長いディープキスが終わっても、すぐにまだ長いディープキスを繰り返した。
キスをしている間も山井先輩の体は俺と密着していて動くので、中田先輩と同じく胸の感触が感じられた。

そうやってお互いの感触を味わいながら、お互いに少しずつ服を脱がせた(脱いでいった)。
お互い下着だけになった。

「ハム君、トランクス脱いで、おちんちん見せて」

俺はトランクスを脱いだ。
俺が裸になると山井先輩が少しずつ毛布を取っていった。
そして俺のチンコが露わになると少し苦笑しながら、「結構大きいね」と言った。
俺は少し照れながらも、「大きい方がいいの?」と聞くと、山井先輩は恥ずかしげもなく、「大きい方が気持ちいい」と言った。

山井先輩は俺のチンコを触り、軽く手コキをしてくれた。
まだこの時は剥けていなかったのだが、あまりそういうことを考えてなかった。
山井先輩は俺のチンコを見て、「これなら剥ける」と俺に言い、皮を下げ始めた。
ある程度皮が剥けたところで山井先輩の手が止まり、再び下げはじめると痛かったので、「痛い」と言った。
でも山井先輩は「痛いのは最初だけだよ」と言い、俺の制止も聞かずにチンコの皮を一気にずり下ろした。
激痛が走った。
皮が剥けて、剥き出しになった亀頭がスースーした。

山井先輩が人差し指で軽く擦るように亀頭を触ると、痛いというかよく分からない感触と、なんだがいけない感じだけど気持ちいいという感触が伝わってきた。

「最初はちょっと痛いけど剥いた。しばらくはみんな同じだから」

あと「痛いからといって皮を戻したらだめ」とも言った。

山井先輩は下着越しに自分のパンツを俺の剥けたばかりのチンコにすりすりさせていた。
俺は引き続き、これまで感じたことのない感触を我慢していた。
ずっと山井先輩にやられてばかりなので、強引に胸を下から揉んだ。
山井先輩も感じたのか、声にならない声で何か言っていた。
すると山井先輩は、自ら薄紫のブラを外して、「おっぱい舐めて」と言ってきた。
その通りにすると山井先輩の体がビクッと動き、聞こえるレベルで、「ううん・・・」と気持ちよさそうな声を上げた。

先輩がいやらしそうな顔で自分の指を口に入れて物欲しそうにしていたので、俺はわざと先輩の乳首を刺激するように体を密着させながら顔を山井先輩の顔の正面に持っていき、再びディープキスをした。
キスしている間も山井先輩は俺の背中を指で触ったりしていた。
俺も同じく山井先輩の背中を触りつつ、少しずつ下に手を動かして山井先輩のお尻を触った。
山井先輩は一瞬、舌の動きが止まったが、数秒経つと再び舌が絡み始めた。
俺は山井先輩が嫌がってないのを確認すると手を山井先輩のパンツの中に入れて、お尻を触り、手をどんどん前の方にやった。
山井先輩もかなり気持ちよさそうだった。
どうすればいいかよく分からないところもあったけど、とにかくまんこを触ればいいと思い、山井先輩のあそこを刺激した。
山井先輩のあそこはかなり濡れていた。
山井先輩も今までより大きい声で喘ぎ声を上げていて、顔を見るとものすごい気持ちよそそうな顔をしていて、それを見た俺はますます興奮してしまった。

俺が手で刺激している間に少しずつ山井先輩のパンツがずり落ちてきたので、俺は何も言わずにパンツを下ろした。
山井先輩は「あっ」と小さい声を出したが、その後で「脱がして」と言ったので、中途半端で止まっていたパンツを脱がして床に捨てた。
完全な体になった山井先輩は足を少し広げて俺に見せた。
もうかなり濡れていて、布団まで濡れてしまっていたが俺は全然気にならなかった。

俺はチンコを山井先輩のまんこに入れようとしたが、少し入ったところで亀頭が刺激されるのと、中に入らないのもあり、しばらく同じことを繰り返していた。
山井先輩はそんな俺を見て、「そのうち入るから」と励まし、「少し強引に挿入するつもりでした方がいい」と言ってくれた。
また時間が経つうちに少しずつチンコが山井先輩のまんこ入り、俺はかなり強引にチンコを入れた。
一気に先輩の中にチンコが入った。
途中、襞でチンコが刺激され、入ってからも締め付けられて、ものすごい気持ちいい感触だった。

俺はAVで見た通りにすればいいと思い、出し入れを繰り返した。
山井先輩も「いい!」と喘ぎ声を上げつつも、「もっと強く」と俺に要望してきた。
ただ俺も初めてだったので、中に入れて1分も経たないうちに山井先輩の中に出してしまった。
山井先輩は、かなり物足りなさそうな顔をしていて、「初めてだから仕方ないよ」と言いつつも、「もう1回しよ」と言ってきた。

再びさっきと同じことを繰り返して、30分くらい経ってからもう1回した。
今度はさっきより簡単に入った。
でも、最初よりは長かったが5分くらいしか持たなかった。
山井先輩はやはり物足りないと言っていたが、「でも最初だからね」と、申し訳なさそうにしている俺を励ましてくれた。

朝7時になって、家族が起きはじめた。
山井先輩は着替えてドアを開けた。
俺の母親は少しびっくりした顔をしたが、山井先輩が酔った俺を介抱してたら寝てしまったと説明したら、少し戸惑いつつもわかってくれたようだった。

それから山井先輩とは何回もエッチをした。
彼女じゃないけど、軽い感じで、セフレみたいな感じだった。
あと中田先輩とも、山井先輩ほどではないもののエッチをした。
結局、就職するまで約6年、ここでバイトをした。
この後も入ってくる後輩や、その友達とかとコンパやナンパなどを繰り返した。
この頃が一番女を喰ってたし楽しかったと思う。
今は彼女と別れて半年な俺でした。
下手な文章で申し訳ない。

タイトルとURLをコピーしました