乱暴な女子にタマを弄ばれました

この体験談は約 5 分で読めます。

僕が小学6年生の時のクラスに、女だけど、とても体の大きい『T子』という乱暴者がいました。
そいつは女の子の中のリーダーになり、男子をいつもいじめてばかりいました。
そいつの親父さんというのが、いわゆるヤクザ屋さんで、サングラスでベンツに乗り回す恐いオジさんだったのです。
僕も町で何度となくT子の親父さんの姿を目撃していました。
T子はとにかく、気に入らないことがあると決まって近くにいる男子を呼び出して、適当に因縁をつけていじめました。

僕も2学期のある放課後、一旦校門を出た後、忘れ物をしているのに気付き、友達のKを待たせたて教室に戻ったところ、T子とその仲間が残ってだべっているところに出くわしてしまいました。
気まずい思いで机の中に置き忘れた宿題のプリントをランドセルに仕舞って教室から出ようとしたとき、いきなり足を掛けられ、僕は大きく転倒させられてしまいました。
T子たちの大爆笑を耳に僕は顔を真っ赤にして、「痛ぇなあ、何すんだよぉ!」と、精一杯の声を張り上げました。
しかし次の瞬間、僕はT子に馬乗りにされ、顔を手のひらで何度もビンタされました。
そして思いっ切り首を絞められました。
僕は本当に息が苦しくて気が遠くなりそうでした。
T子の首を絞める手が少し緩むと、僕は何度も咳き込みました。

「おいっ、検査してみようぜ。S子、やりなっ」

僕の足の方にS子が回ると、カチャカチャとベルトのバックルを外す音がしました。
次の瞬間、僕の下半身がスースーと涼しくなりました。
そうです、S子は僕のズボンとブリーフを一気に脱がしてしまったのです。

「きゃー」
「きゃー」
「はははっ」

女子たちの歓声が上がりました。
僕は恥ずかしくて体をよじらせて抵抗しようとしましたが、重いT子に乗られていてビクともしません。
他の女子たちも僕の下半身の方へ集まってきました。

「引っぱっちゃおっかー」

誰かの手が僕のチンチンを摘んで引っ張りました。

「くっそー、やめろっ!おいっ、T子離せ、離せってばぁ・・・」

僕は思わずT子の胸を両手で押していました。

「イテッ、あっ、こいつ、アタイの胸を突きやがった。胸は女の急所だよ。許せない!」

次のT子の攻撃は意外でした。
今度は平手ではなく拳を使って僕の顔面を3発殴ってきました。
かなり強烈でした。
拳の一発が鼻頭をかすめたのかもしれません、僕は鼻血を流していたようです。

「S子、男の一番痛いとこを締め上げてやんな」

「OK」

僕の両足が持ち上げられました。
次の瞬間、僕の股間に冷たいゴムの感触が感じられました。
そうです、S子のゴム靴に僕の性器が踏み付けられていたのです。
S子の足にグイグイと力がこもっていきました。

「ウギャーっ!やめてっ・・・痛い、痛いよっ・・・」

「T子、大丈夫かなぁ?こいつ、かなり痛がってるよ?」

チンチンが千切れちゃうかと思いました。
S子の電気按摩が中断されました。

「アタイはさあ、男子がヒーヒー泣き叫ぶのがたまらないんだよ。男はさあ、チンポコの下についてるタマが急所なんだよ。そこんとこを潰されたら死んじゃうんだってさ。ねえ、S子っ、ちょっとこいつのタマを調べてみなっ」

「うん」

S子の指が僕の睾丸を弄っているのを感じました。

「あるよ。グリグリしてるよ。柔らかいのが2つ」

「じゃあ、それを強く握ってみなよ」

「えっ・・・大丈夫かな?すごく柔らかいよ」

「いいから握ってみなって」

「うん、わかった。やってみる」

S子の手のひらに包まれた睾丸に、徐々に力が込められていくのがわかりました。
少しずつ下腹に鈍痛が走りはじめました。

「うーっ・・・痛い、痛いよぉ。ワーッ、止めて、許して・・・」

「T子、やっぱやばいよ。死んじゃうかもよ。私、もうやめるね」

鈍痛がピークに達したところでS子の手が離されました。
僕の下腹には突き上げるような鈍い痛みが残されていました。

「S子は意気地がないねぇ。アタイだったら、この子のタマをペンチで挟んで完全に潰してやるところなのにさ。まあベソをかいているようだし、今日はこのへんにしといてやろうか」

僕はグスングスンとベソをかきながら脱がされたブリーフとズボンに足を通しました。
顔を殴られ、真っ赤に腫れあがったほっぺを擦りながら教室を出ようとすると、T子が後ろから追いかけてきて、僕の襟首を掴み上げて言いました。

「あんた、今日のこと家の人や先生にチクったら承知しないよ。わかったね」

そう言いながら、もう一方の手で僕の股間をズボンの上から思いっ切り握ってきました。
鈍痛の再来に冷や汗が出ました。

「どうなの?約束できる?」

T子の股間を握る手に力が加わります。

「痛っ、もうやめて、わ、わかった。言わないから助けてっ」

T子はニヤリと笑うと股間の手を離しました。
再び涙が溢れ、シクシクと嗚咽を繰り返しながら僕は教室を後にしようとしました。
しかし、遅い僕を心配してKが現れたのです。
正義感の強いKは僕が泣いているのを見て事情を問いただしました。
僕は黙って泣いているだけでしたが、「T子たちだろ。あいつらに何かされたんだろ?」と言い、女子たちの前に立って、「お前ら、あいつに何をしたんだよ!」と食ってかかりました。
そして一言二言言い合った後、KとT子は取っ組み合いの喧嘩をはじめました。
女とはいえ体格のいいT子は最後にはKをねじ伏せ、僕の時と同じように馬乗りになり、2回3回と顔面を殴打しました。
そして最後の一撃が鼻頭に振り下ろされました。
Kの顔面が鼻血で紅に染まりました。

「こいつは絶対に許せない。学校の外に連れ出して徹底的に処刑してやる」

鼻血を出して戦意を失っているKと僕は、学校の裏にある人気のない雑木林の中に連行されました。
僕は仲間の女子に押さえつけられたまま、Kの処刑の様子を見せられることになりました。

雑木林の中でKはT子たちから衣服を乱暴に剥ぎ取られました。
素っ裸にされたKの両足をすくい上げると、剥き出しの股間にT子の電気按摩攻撃が炸裂しました。
チンチンを踏み付け、タマをドンドンと何度も蹴り付けました。
いつもは堂々としているKでしたが、あまりの激痛に涙を浮かべて、赤ん坊のようにワンワン泣き叫びました。
そんな様子を見てさも喜ぶように、T子たちは教室から持ち出した2本の長縄跳びを使ってKを木の幹に縛りつけました。

「あんたたち、見てなよ」

T子は縛り付けられたKの前にしゃがみ込み、Kのチンチンを摘み上げました。
そして亀頭を揉んだり引っぱったりして散々弄びました。
そのうちKのチンチンが少しずつ変化を見せはじめました。

「ほら、男の子のここって面白いだろ」

「うわーっ、大きくなってきた」

T子がKの睾丸を弄りました。
力は入れずにヤワヤワと優しく揉んでいるようです。

「T子、凄いよ、ビクンビクンして苦しそうなくらい硬くなってる」

「うん、ここを引っ張ると皮が剥けて中身が顔を出すんだよ」

T子が包皮をずり下げると、鶏のささみのような鮮やかなピンク色の亀頭がツルンと顔を出しました。

「ひゃー、凄い」

「グロテスクだろ。大人のはみんなこんな風になってんだよ」

T子がピョコンピョコンとKの硬くなったチンチンを小突いて笑いました。
Kは泣きわめいていましたが、僕はなぜか下半身が熱くなるのを感じました。

タイトルとURLをコピーしました