息子のオナニーに興味を持った母

この体験談は約 4 分で読めます。

それは唐突なことだった。
母と二人旅行に来た日の出来事である。
泊まったあるビジネスホテルでの母の一言からだった。

母「男の子ってオナニーするってホント?」

僕は何を言い出すのかと思った。

母「この前、テレビでやってたから・・・」

だからと言って息子に直に聞く母親はいないだろう。

僕「まあ、年頃の男子は普通するよね」

そうありきたりに答えた。

母「ふーん」

僕「なんで?」

母「いや、どうやるのかなーって」

この人の頭はどうなってるんだろうと思う反面、少しイタズラ心が芽生えた。

「チンチンを擦るんだよ」と言うと、「へー」と不思議そうな母。

僕「見てみたい?」

冗談半分に言ってみた。

母「!?」

一瞬顔を引き攣らせるが無視をして話を進ませる。

僕「ちょっと準備をしてくる」

何かを言おうとした母を無視してトイレへ入った。

(僕は何考えてをいるんだろう?)

そう思いつつ、トイレットペーパーを用意する。
部屋へ戻り、母の座る椅子の前にTシャツとトランクス姿で立つ。
母の視線はどこを向いているかわからない。
構わずおもむろにトランクスを脱ぐ。

僕「お母さん、こうしてチンチンを擦るんだ」

擦りながら言う僕。
母は目を背けたまま・・・。

僕「お母さん、ちゃんと見て・・・」

そう声をかける。

(本当に僕は何を考えているんだろう?)

そう、頭によぎる。
しかしなぜかやめるつもりはなかった。
声を掛けられた母は決心がついたのか、自分のを擦り続ける息子のアソコを見た。
静寂の中で2、3分はしただろうか、母が口を開く。

母「で、どうなの?」

そう。
僕のアソコは全く大きくならないそれどころか、いつもより小さいくらいだ。
やはり母の前でオナニーなど普通できるはずがない。
だがそれを認めるのはプライドが許さない。

「普段はオカズを用意するんだよ!」と教える。

「オカズって何?」と返す母。

僕「いや、エッチな本とか色々・・・」

聞き取れるか取れないくらいの声の僕。
何とも言えない空間にますます萎む僕のアソコ・・・。
そこで僕自身も驚く事を言った。

「お母さんのオッパイ見せてよ!」と・・・。

言われた母は驚いた顔をしつつ、黙っている。
数分黙っていたが、意を決したのか着ていた浴衣の上を肌蹴てオッパイを晒した。
母の胸はそこそこデカい、体としてはぽっちゃり体型である。
好きな人には好きな体型である。
少し垂れているが、乳首はやや上を向いている。

母「こうでいい?」

母はやや俯きながら答えた。

僕「う、うん・・・」

そう言いながら擦ると少しずつ大きくなる僕のアソコ・・・。
それを見た母が、「あ・・・」と声をあげる。
僕のアソコの先は粘液でぬらりと濡れていた。

僕「お、オッパイ触っていい?」

聞くと母は無言でこくんと頷いた。
何十年ぶりに触る母のオッパイ。
張りがなかったが熟女特有の柔らかさがあった。
右手で自分を擦りつつ左手で母の左胸を揉む。
母は僕の顔を見ずに息子のソレを凝視し続ける。
胸の周りから乳首へ指を這わす・・・。
一瞬ビクッとなる母。
首まわりが微かに桜色になっている。
乳首を摘まんだり引っ張ると、「うん!」と微かに呻く母。

母「あまり乱暴にしちゃダメよ」

そう言う母の声はとても艶っぽかった。
母と子でしてはならないことをしているという認識のためか、いつも以上の興奮が来る。
普段は厳しい母だが、今は色んなことを我慢していることがわかる。
そんな母に僕は、さらに色んな事をしたくなった。
僕はいつも以上に大きくなったモノを母の乳首へ押し当てた。

母「きゃあ!ちょ、ちょっとやめなさい!」

急に我に返った母が言う。

母「やめなさい!怒るわよ!!」

しかし僕は止められない。

僕「お母さん!もう止まらないんだ、いいでしょ!」

そう言いつつ腰を振り、母の胸の先に押し付ける。
母は時々「うっ!」と呻きつつも嫌々をするが僕は止まらない。

僕「お母さんお願いだよ、挟んで」

母の目を見つつお願いをすると、母はゆっくりと両腕で自分の胸を挟み僕のアソコを挟んでくれた。

僕「ハァハァ、か、母さん。き、気持ちいいよ!!」

母は答えずに擦り続ける。
しかし気持ちが乗らないのか、動きが単調である。

母「や、やっぱりもうやめよう、これから先、こんなのはマズいでしょ!ねっ!」

そう母が言う。
だけど僕はもう何も考えられなかった。

僕「ならママって呼ぶよ!今だけならいいでしょ!!」

母「な、何を言ってるの!?」

僕「お、お願いだよママっ!も、もうイキそうなんだ!で、出ちゃうよっ!」

母「で、出るってなにが?」

こんな時に天然なことを言うママである。

僕「せ、精液だよっ、いい?イクよ!ママのオッパイに僕の精液出すよ!!」

母「え、ええっ!?」

そう言いつつ、さらに激しく擦られる。
僕のアソコが更に大きくなったかと思った瞬間、先から勢いよくドロッとした液が迸った!
僕が「ああっ!!」と声を出し、胸で僕の精液を迎え入れた母が「あっ!」と同時に叫んだ。
挟まれたままのアソコからこれまで以上の量の精液が溢れ、母の胸と顔の一部を汚した。

その後はあまり覚えていない。
僕はトイレットペーパーで拭き取っているうちに母はシャワーを浴びに行ってしまった。
僕はそのまま寝てしまったんだ。