プールで子供たちに放尿を見せていた保母さんの妻

この体験談は約 4 分で読めます。

妻、真美子26歳、俺27歳、会社員、子供はまだいない。
妻の真美子は美人でやさしい保母さん。
保育園でも人気で、いつも子供たちが妻の傍にいる。

そんな妻と夏休みのある日、少し離れた所にある大きなプールに行くことになった。
妻に黄色のハイレグのビキニの水着を買い、それを着るように頼んだ。
嫌々ながら承諾した妻。

「ハイレグなのでビキニラインを手入れしよう」と妻に言い、俺が剃ってあげた。

もともとそんなに濃くない妻の陰毛は、すぐにパイパンになってしまった。
妻も自分のパイパンの性器に興奮したのか、その日はかなり激しくエッチした。

そして出発の日の朝。
少しチクチクすると言う妻のアソコを剃刀でツルツルに仕上げて出発した。
しばらくして目的地のプールに到着した。
すでに水着を着ていた俺たちは、そのまま更衣室に荷物を預けてプールで待ち合わせをした。
少しすると黄色のハイレグビキニを着た妻がやってきた。
少し恥ずかしそうにしていたが、とても可愛らしかった。
下半身を見ると、ハイレグのビキニがアソコにぴっちりと張り付き一本の筋ができていて、それがすごくいやらしく見えた。

「あまり見ないで恥ずかしいから」

「え、大丈夫だよ。とっても可愛いよ。高校生かと思ったよ」

「ヤダもう。でも嬉しい、ありがとう」

「じゃあ泳ごうか?」

「ウン」

妻と手を繋ぎ、流れるプールにやってきた。
夏休みとはいえ、そんなに混んでるわけではなかったが、やっぱり子供が多かった。
子供と一緒に泳いでいるお父さんたちは、妻の体を舐めるような視線で見つめていた。
プールに入り、しばらく泳いでいると、さっきまで傍にいた妻がいなくなっているのに気がついた。
周りを見渡したが妻の姿が見えなくなっていた。

プールから上がり、辺りを探した。
少し死角になっているプールの陰の所に、子供たち3人が何かを囲んでいるのが見えた。
気になったので隠れながら静かに近づいてみてみた。
すると真ん中の子供が黄色のビキニのパンティを持っているのが見えた。

(あれは妻の?なんでこいつらが持っているんだ?)

なんと子供たちが囲んでいたのは下半身を曝け出した妻だった。
恥ずかしそうにM字に開脚した妻のパイパンのワレメを子供たちはじっくりと覗き込んでいた。
どういうことなのか判らなかったが、しばらく見ていることにした。

子供1「すげー!丸見えだよ」

子供2「これが大人の女のオマンコか。すげーな!初めて見た」

子供3「お姉ちゃん、本当に見せてくれるの?オシッコしてるところ?」

(え、オシッコ?なんでオシッコしてるところを見せるんだ?)

妻「待って、今出るから。お姉ちゃんのオシッコしてる恥ずかしいところ見ててね」

子供1「ウワ!本当に出てきた!オシッコ!すげー!こんな風に出るんだ!」

子供2「初めて見た!オシッコ出るとこ!」

子供3「・・・!」

(なんで妻が子供にオシッコしてるところなんか見せてるんだ?)

妻「あん、見て!オシッコ出てるところ見てー!」

妻は子供たちにオシッコをしているところを見られながらクリトリスを擦り始めた。
妻はオシッコが出終わると同時に体を仰け反らせながらアクメに達したようだった。
子供たちはそんな妻を横目に見ながらどこかへ立ち去っていった。
黄色のビキニのパンティはオシッコの水溜りの上に捨てられていた。
妻は余韻に浸りながらも黄色のビキニのパンティを穿き始めた。
俺はそんな妻の恥ずかしい行為を見ながら水着の中で射精をしてしまった。

妻はヨタヨタしながらプールへと向かっていた。
俺も急いで何事もなかったような顔をして先回りして妻が来るのを待った。

「どこ行ってたの?トイレ?ずいぶん遅かったね」

「ウン、ちょっと迷っちゃった」

妻の顔と体は少し赤く火照っているようだった。
その日、妻は2回もいなくなり、後を追うとやっぱり同じような行為をしていた。

帰る途中の車の中で、俺はその日に見た妻の行為を話した。
妻は泣きながら謝った。
なんでこんなことをするのか聞いてみた。
そして、妻は泣きながら話し始めた。

きっかけは保母さん見習いを始めた20歳の時だった。
慣れない仕事でいっぱいだった。
ある日、トイレに行くきっかけがなく、他の保母さんもいないという時だった。
かなりオシッコの限界が来ていた。
園児と遊んでいて、ちょっとした拍子に、園児が見ている目の前でオシッコをお漏らししてしまったのだ。
その時はスカートに中にスパッツを穿いていた。
妻はそのままオシッコを漏らした。

園児たちが、「先生オシッコした!」と騒ぎだし、妻は慌ててトイレに駆け込んだ。

トイレでオシッコを済ませ、スパッツはタオルで拭いて、そのままその日は過ごしたというのだ。
他の先生たちにはバレなかったらしいが、その日から妻は子供たちにオシッコを見られるのが病みつきになったという。

今は、妻のお漏らしを俺が見てあげている。

タイトルとURLをコピーしました