連れて行かれた先は人妻の乱交サークルだった

この体験談は約 3 分で読めます。

少し前のことです。
出会い系で知り合った35歳の人妻と会いました。
普通の主婦って感じの人で、特に色気があるわけでもありません。
散々エッチなことを話してて、やらないのもちょっとと思いきや・・・。

「ちょっと行きたい所があるんだけどいい?」

そう言われ、車で着いた先は、夏場によく借りられるロッジ。
中に入ると数人の男女がいました。

「お風呂、入って来てね」

訳がわからないまま風呂から上がり、ガウンが置いてあったのでそれを着て出ると、ソファーに座ってみんなで談笑しました。
サイトで知り合った主婦は他の男と話に夢中です。

「初めてなの?」

そう話しかけてきたのが、芳江と名乗った37歳の女で、ややポチャなスタイル。
しばらく話をしていると・・・。

「私とね・・・」

いきなり顔が近づいてきてキスをされました。
見れば周りでも女の身体をまさぐったり、脱がしたり。

はい、乱交でした。

脱がし脱がされ豊満な胸を触りました。
年齢を聞かれたので、「24歳です」と答えると・・・。

「えっ!本当?」

「あ、はい」

「若いわね。いっぱい楽しめそう」

芳江が股間を弄ってきたので俺は胸を舐め回しました。
あちこちから喘ぎが聞こえてきました。
見るとフェラしてる女、クンニされて絶叫している女・・・。

「こっちに集中して」

ソファーで芳江の脚を開かせてクンニしました。

「上手よ」と褒められ、彼女が催促してきたので挿入しました。

「ああっ!すごく硬い!」

声を張り上げて喘ぐ芳江。
ぐいぐい彼女の中に突き刺すと、中はすでにトロトロでした。
ソファーに座ると、芳江が上から跨がって腰をおろし、オッパイに吸い付きながら下から突き上げました。

「いい!イッちゃう!」

芳江が声を上げて果てた直後、俺も勢いよく放ちました。

「中に出しちゃった?」

「すみません。気持ちよくて我慢できなくて・・・」

「いいわ。気持ち良かったし」

ふと見れば、男女が俺と芳江の行為を見ていました。

その後、1人でシャワーを浴びていたら、「こんにちは~」と小柄な30代の女の人が入ってきました。

「私としよ」

風呂場で立ちバックで中に出しました。

「2回目なのにすごいよね」

身体を洗ってもらい、風呂場を出てタバコを吸っていたら、また別の女性から「遊ぼ」と誘われて3回戦をしました。
その彼女に教えてもらったのですが、ここに来ている女性はほとんどが主婦だとか。

「あなたみたいに若い子は、すぐに相手が見つかるわ」

解散となって帰ろうとしたら、2回目の小柄な女が話しかけてきました。

「個人的に会わない?パートナーが欲しくて探してたところなの」

彼女と連絡先を交換し、セフレ関係になりました。
彼女からは「もうパーティーには行かないで」と言われていますが、じつは今も時々内緒で参加しています。

タイトルとURLをコピーしました