元同僚に飲みに誘われて安ラブホで朝までセックス

この体験談は約 3 分で読めます。

昔の職場での話。
販売業をしていた時に退職した女性から連絡があった。
彼女の現職の同僚(年上の女性)からうちの品を頼まれたらしく、商品を安く買えるか聞かれた。
在庫はないが、週末に入ってから社員割引で構わないと返事をしておいた。

金曜日に電話があり、「今日、仕事上がりで買いに行くけど、閉店間際になるから、そのまま飲みに行かない?」と誘われた。
閉店後に指定した店で合流し、終電近くまで飲んだ。
後輩を連れて行って2対2にしておいた。
帰りの電車は途中のターミナルまで4人一緒だが、そこからは元同僚女性と後輩はJR、俺と彼女は私鉄になるのでそこで別れた。

しばらく2人で歩いていると、お礼を言われ、手を握ってきた。

「もう少し飲みたいな。もう時間はないけどお願い」

2人で最寄りの居酒屋にしけこんだ。
彼女(ケイさん)はお酒が好きらしい。
普段は我慢して外では飲まないと決めているらしいが、「今日はハメを外したいから」と誘われた。
趣味の話や好きな音楽の話などしてかなり飲んだ。
当然、すでに電車はない。
翌日は休み。

「飲み明かす?それともラブホに泊まる?」

ふざけて聞いたら真面目な顔で言われた。

「泊まりたい。何かしたくなったら、私は構わないけど・・・」

すぐに居酒屋を出て最寄りのラブホに向かったが、週末なので満室だらけ。
少し古いラブホを見つけて入ると、ちょうど今、1部屋空いたばかりだと言われたので泊まりで部屋をとった。

部屋に荷物を置き、浴槽にお湯を溜める間、冷蔵庫のビールを飲みながら、予想もしていなかった展開を2人で笑った。

「これは2人の秘密にしておこう」

ビールを飲み終わると、ベッドに向かいキスをした。
お風呂で汗を流すかどうか迷ったが、スイッチが入った2人は全裸になり、いきなり始めた。

「私、久しぶりだから優しくしてね」

そう言う彼女だったが、貪るようなフェラチオをされて、こちらは爆発寸前に追い込まれた。
発射したいのをこらえ、69になってクリを舐めた。
彼女は声にならない叫びを発し、感じてあそこはびしょ濡れになり、ガクガクと痙攣して何度かイッた様子だった。

正常位にして舌を絡ませた。
キスをしながらゆっくりと生で挿入した。

「絶対に中には出さないから」

そう言って奥まで突き刺した。

「すごく気持ちいい。でも危険日が近いから中はダメ」

そう言いながらも、その腰はいやらしく動いていた。
濡れ方と腰使いが凄かった。
ゆっくり動いていたが、そろそろ我慢できなくなった時に、彼女が先にイッた。
腰を激しく使い、限界まで動かしてからゆっくり抜き、彼女のお腹に出した。

「約束を守ってくれて嬉しい」

そう言いながらキスを求めてきた。

2人でまたビールを飲み始めたが、スイッチが入ったケイさんは俺のを握ってフェラをしてきた。
今度はゴムをして、四つん這いにさせてバックから入れて激しく突きまくった。

「感じるっ!もっと!こんなの初めてっ!」

絶叫して果てた後もしばらく身体が痙攣していた。

朝、シャワーの音で起きると、ちょうどシャワー浴びて出てきた彼女がベッドに潜り込んできた。
笑顔でフェラをはじめ、カチカチになるとゴムを装着された。

「ゴムだけど中で出して。一番深くまで入れて」

そう言うと、騎乗位で入れて激しく腰を振る。
座位に変えて乳首を舐めたりしながら下から突き上げると、中は絡み付いてくる。

「俺さんもっと・・・すごく感じるの!」

自分の指でクリを弄らせると、何回もケイさんはイッた。

「ケイさん俺も限界、イクよ」

また、彼女はイッた。
ゴム越しに中に出した。

「あぁ・・・熱いのがわかる」

抜いてAVのように胸にかけたら、掃除フェラをしてくれた。
少し寝て、2人でシャワーを浴びて部屋を出た。

しばらく付き合ったが、俺は既婚者で、ケイさんは会社の上司と不倫関係にあった。
心中、複雑だった。

タイトルとURLをコピーしました