不登校のJCを彼女の自宅で調教しています

この体験談は約 3 分で読めます。

アパートの2階のチャイムを鳴らすとドアが開きました。
出迎えてくれたのは中学1年生の真由美(仮名)です。

「また仕事戻らないといけないんだけど来ちゃった」

そう言うと、「うん、わかった」と部屋に入れてくれました。
俺の脱いだ服をハンガーにかけてくれて、真由美は裸になりました。
もう生理は始まっているけど、見た目は成長前って感じのロリ体型です。
マンコは天然のパイパンです。
真由美のベッドに仰向けに寝ると真由美が何の躊躇いもなくチンチンを咥えます。

真由美と知り合ったのは去年の9月の初めです。
学校をサボって公園にいました。
どうも学校でイジメを受けていたようです。
また両親の離婚問題もあったりして、『私なんてどうなってもいいんだ』って気持ちだったようです。
グレたり暴れたりと外に向くタイプではなく、内に籠るタイプの真由美。
俺が声をかけた時も、『自分を汚してやる』って気分で俺について来たようです。

そんな気持ち、その時は知りませんでした。
訊けば処女だって言うし。
影のある感じだし。
でも、「エッチしてもいい」と言うので美味しく頂きました。
それに、もう二度と会わないと思ったので、5度ほど中出しをしました。

俺がエッチの最中に、「フェラ、すごく気持ち良いよ。真由美のカラダ最高。俺と付き合おうよ」と適当なことを言ってたら、それが嬉しかったらしく、今でも続いてます。
誰も頼る人がいなかったのでしょう。

「彼女は彼氏のチンチンを気持ち良くさせるのが仕事だよ」

そんな言葉を信じて俺に尽くしてくれます。

「上に乗る?」

真由美が訊いてきました。
それまでは俺にフェラをしながら自分でマンコを弄っていました。
時間が無い時は俺の指にマンコの匂いが付かないように、真由美が自分で濡らします。
別にマン汁の匂いはきつくもないけど、俺が言ったことを忠実に守る真由美。

しかし、中学生が自分でチンチンを掴んで、パイパンマンコに入れるシーンは何度見ても良いものです。
上に乗って腰を揺するだけの騎乗位じゃなくて、上下にもキチンと動いてくれます。
若い(若すぎるw)だけあって、元気に動いてくれます。
それに、ほとんど毎日入れてますが、締まりも良いんです。

この時は出すことに専念していたので・・・。

「真由美、イキそう」

「うん、出していいよ」

そう言って、俺から下りません。
なので遠慮なくパイパンマンコに中出しです。
俺が中出し好きなのを知っているので、いつでも中出しさせてくれます。
真由美が最悪な精神状態の時に、ある意味彼女を救ったカタチになったので、真由美は『俺命』みたいになって、ある意味洗脳した感じになりました。

知り合った当時、真由美は父親とお婆ちゃんの3人暮らしでしたが、お婆ちゃんが入院して、父親は長距離トラックの運転手なので家には週に1日居るかどうかです。
そして相変わらず学校にはほとんど行ってないので、俺にとって真由美は、行けばいつでもセックスできるマンコなのです。
ほとんど毎日、真由美の中に出していますが、妊娠の兆候はありません。
生理の時はアナルでやっています。
それに、リアル中学生なので、制服やスク水など、プレイのための小道具には事欠きません。

「気持ち良かった?」

そう言いながら俺から下りると、チンチンを綺麗に舐めてくれます。

「うん。いっぱい出たよ」

そう言ったら嬉しそうに笑ってました。

服を着て、部屋から出る時にキスをしました。

「夜も来る?」

真由美が訊くので、「少し遅くなるかも」と言ったら、「じゃあゴハン作っとくね」と言ってくれました。
本当にいい子を助けました。

タイトルとURLをコピーしました