Y美と12年ぶりの再会

この体験談は約 4 分で読めます。

私が小学校3年の時に学校で伝染病が発生し、何人かが子供専用隔離病棟へ入院させられた事がありました。

6~8人部屋ぐらいで低学年だったので男女混合でした。
私の部屋には、同じクラスですぐ近くに住むY美が入院していました。
Y美というのは、クラスでも一番生意気でおませな女の子だったのです。
夜になるとベッドはカーテンで仕切られますが、私とY美はどちらかのベッドで消灯後も遅くまで遊んでいました。

ある夜、Y美が「おちんちんを見たい」と言ってきました。

まだ、性の知識も男女の体の違いも何も知らない幼い私は、パンツを下ろしてY美に見せてあげたのです。

Y美は、興味げに「ふーん」と言いながら、指でさわったり、弾いたりしてきました。
私は調子に乗って、立ち上がったり、四つん這いになったりしました。
Y美によるおちんちん弄りは退院するまで毎晩続き、時には口で舐めたりもされました。

でも、この記憶はずっと忘れていたんです。

大学の3年の時に田舎に帰省した際、友人達との飲み会があり男女15人程が集まりました。
その時に偶然地元の大学に通うY美に再会したのです。
Y美は、とても美しくなっていて集まった女性の中でもダントツの美人でした。
それもそのはず、大学のミスコンで優勝したり、雑誌のモデルをやっていたそうです。

最初私はY美だと気付かなかったのですが、Y美の方から「◯◯君でしょ?私小学校で一緒だったY美よ」と言ってきたんです。

それからは、家の近所の話や小学校の時の話で盛り上がりました。
Y美が入院の話を持ち出した時に、始めて例のおちんちん弄りのことを思い出したのです。

「そーいえば、あの時、Y美は毎晩僕の・・」

そう言いかけると、Y美は慌てて私の口を塞ぎ、「二人だけの内緒にしといて」と言うんです。

私はその話には触れずに今の大学の話とか、Y美のモデルの話とかをして更に盛り上がり、二人でかなり早いピッチで飲みました。
お開きの時間になる頃には、Y美はかなり酔っており、叩き魔なのかしつこく絡んできて私の体中を叩くのです。

本当は2次会に行きたかったのですが、友人が「おい◯◯、Y美を送ってやってくれないか?今日はお前を気に入ってるみたいだしな。まあ、お前なら送り狼にはならないだろうし」と言うんです。

結局Y美を送っていくことになりました。
タクシーを拾おうと歩いていると、またもY美が叩きながら絡んでくるので、軽く逃げます。

Y美が追っかけてくるので面白がって走っていたら・・・。

「気分が悪くなった・・」

Y美がそう言い出して、「ちょっと、休んでいこうよー」と言ってホテルを指さすんです。

Y美は私の手をとってどんどんと入って行くのです。

部屋へ入ると、Y美はいきなり「ねえ、あの時見せてあげなかったから、今見せてあげる!」と言い出しました。

一瞬何のことだかわかりませんでした。
まさかこんなに美しくなったY美がそんなこと言うなんて。

おいおいマジかよー、と思いつつも、なんてラッキーなんだろう、とも思います。

Y美は服を脱ぎ始めて下着だけになります。

ベッドに上ったY美の、「ねえ、◯◯君、ここに来なさいよー」という声で私もベッドに上ります。

Y美は、ブラを外すと私の手をとり乳房へ導きます。
決して巨乳ではないけれど形のよいきれいな乳房が目の前にあります。
手を触れるととっても柔らかくて、Y美の美しい顔と乳房を交互に見ながら軽くもみます。

Y美は、パンティーに手をかけるとスーっとそれをきれいな長い脚から抜きます。

「ねえ、見て」

その声と同時に、脚を大きく広げて私の目の前にY美の股間を晒します。

思わず、ごくんとつばを飲み込みます。
そこには、非常に薄いヘアーとピンク色したクリトリス、それに続くおまんこ・肛門がはっきりと見えるのです。
私のペニスはもう完全にビンビンになっていて、ジーンズの中で圧迫されています。

そーっと、指を触れてみると、「あっ」とY美が声を出します。

おまんこが、濡れているんです。
それを見て私は理性のヒューズが飛び、指で舌でY美のアソコを愛撫し続けます。
Y美の口からは、歓喜の声が上がります。
そのうち、Y美の手が伸びてきて私のジーンズを脱がしにかかります。
私も自分で上の服を脱ぎ捨て全裸になります。

「あの時以来の◯◯君のおちんちんだ」

Y美は、そう言っていきなりフェラをしてきます。

(ああ、こんな美人が今、自分にフェラをしている)

そう思っただけでもいきそうです。

Y美のテクニックは極上で、私は1分ともたずにY美の口の中に出してしまいました。
1度いっても私のペニスは小さくならずにいました。
私はY美にのしかかり、さっき口の中で発射したばかりのペニスをコンドームも付けずに、Y美のおまんこに挿入し、狂ったように腰を使います。
そうしておいてY美の乳首を舌や指で転がします。
もうY美も体を震わせながら声を出します。

そのうちに、Y美がひときわ大きな声で「だめー、いっちゃうー」と叫ぶと、おまんこがキューっと私のペニスを締め付けます。

耐え切れずに2発目を中に出してしまいました。

急に正気に戻り、「中出ししちゃったよー」とY美に言うと、「◯◯君の子供ならできてもかまわない・・・」と言うのです。

その言葉に、Y美が余計可愛くなり、その後も69をしたり別の体位でも中出ししたりして、結局4時間程で6発もしちゃいました。
私はすぐに東京に戻ってしまい、Y美とはそれっきりでした。

残念ながら(?)Y美は妊娠しなかったらしく、卒業後本当にモデルになったようです。
しばらくしてから結婚したという手紙をもらいました。

あの時のY美は酔った勢いだったのか、そうでなかったのか?
Y美は何を思っていたのか?
今となっては、確かめようもありません。

Y美があの時妊娠していたら、私の人生も大きく変わったのでしょう。
今から10年ぐらい前の出来事です。