両手骨折した俺を手コキフェチにさせた姉

この体験談は約 6 分で読めます。

中学の時に俺は原付を運転(違法)して事故った。
そして右足と右手、そして左手首をポッキリ骨折してしまった。
手足を同時に骨折し、しかも手に至っては両方なので日常生活が不便この上なかった。
食事、トイレ、入浴、移動などなど・・・。
これらが第三者の手を借りなければ不可能な日常は、多感な中学生には極めて苦痛だった。

なにせまず両手が使えない。
だから便所などは小用なら尿瓶にチンコを入れてもらったり、大ならパンツの上げ下げからケツ拭きまでやってもらわねばならない。
普通なら切腹モノの屈辱である。
俺は毎日の排泄の度に情けなさで涙が出そうだった。
と言うか何回かマジ泣きした。
何もかも、自分の体でさえ思い通りにならない日々に俺は心底嫌気が差していた。

そんなある日のことだった。
その日はオトンは出張、オカンは法事で家を空けており、残されたのは俺と介護役の姉ちゃんだけだった。
本来なら姉ちゃんは泊まりがけで遊びに行く予定だったのだが、オトンの出張が急だったこともあり、何も出来ない俺を一人残すわけにはいかないと親に説得されて、渋々旅行を諦めて家に残ってくれたのだった。

「なんでアンタのために・・・」

姉ちゃんはその日の朝から延々と愚痴をこぼし続けた。
そりゃそうである。
馬鹿な弟が自業自得で身動きできなくなったおかげで前々から計画してた旅がパーになったのである。
何も言えよない俺はただただ黙って姉ちゃんのトゲトゲしい愚痴を浴び続けるしかなかった。

さて、そんな状況ではあるが、俺にだって言いたいことはあった。
というか、かなり切羽詰まって言いたいことがあった。
それは、トイレである。
普段なら家にいるオカンに「ションベンしてぇ」と言って何から何までやってもらうのだが、今の相手は姉ちゃんである。
オカンなら平気で俺のチンコを摘み出して、小用中は手を添えてくれるまでやってもらえるが、実の姉とはいえ女子大生にそれをやらせる勇気と面の皮が男子中学生にあろうはずもない。

そんな俺に出来るのはただひたすらにションベンを耐えることだけだった。
だがこのままでは『中学生にもなってお漏らし』という屈辱を味わうハメにもなる。
姉ちゃんに下の処理依頼か、お漏らしで笑いモノの究極の二択。
どっちも嫌だったが・・・俺は決意した。

「姉ちゃん・・・ションベン・・・」

蚊の鳴くような震える声で情けなくお願いする俺。
目の端から涙が零れたのが自分でもわかった。
案の定、姉ちゃんは物凄く嫌そうな顔をしたが、あまりにも情けなかったであろう俺の顔を見て何も言わず世話をしてくれた。
ゴム手袋をはめて・・・。

ゴム手袋をはめた姉ちゃんの手がパンツの中に入ってきた瞬間、俺は一瞬腰を引いてしまった。
限界寸前だが、やはり抵抗はある。

「恥ずかしがるな!」

姉ちゃんは俺を一喝し、乱暴にチンコを掴み出すと強引に尿瓶をあてがって用を足させてくれた。
ジョロジョロと尿瓶に液体が注ぐ音が静かに鳴り響く。
姉にチンコを触られ(ゴム手袋越しではあるが)、その上排尿の様を今まさにバッチリ目撃されている。
そんな普段なら絶対にあり得ない状況に・・・。
俺の愚息は元気になってしまった。

ここまで読んで、俺を「変態」と言う奴がいることだろう。
弁明は出来ないと自分でも思う。
だが!当時の俺は性欲溢れる中学生だったんです!!
それが両手骨折で丸一ヶ月以上も自慰行為できない状態だったんです!!
そんな時に暴れん棒を激しく刺激されてしまったんです!!
仕方なかったんだ・・・。
俺自身にもどうにも出来なかったんだ・・・。

そんな俺の体の一部変形に当然姉ちゃんも気付くわけで・・・。

「バカじゃないの!?なんで勃起してんの!?」

そう怒鳴って俺の排出した残滓残るゴム手袋で平手打ち一閃。
もはやガラスのプライドは粉々である。
ただひたすら俯いて、「しょうがねぇじゃん」を小声で連呼する俺。
この時はマジで死にたかった。
しかし凹みまくる俺の心境とは裏腹に、剥き出しっぱなしの愚息はいよいよもって元気ハツラツ親の心子知らず状態。
カウパーまで滲んできた辺りで、俺はどうしようもなく惨めで情けなくて涙ダクダク流して号泣してた。
そんな姿に呆れたのか姉ちゃんはさっさと自分の部屋に引っ込んでしまい、俺は一人チンコ丸出しで泣き続けた。

それから1時間ほど経った頃だろうか。
俺は未だに自己嫌悪の嵐の中、チンコ剥き出しで(自分では仕舞えない)凹んでいた。
そんな時、姉ちゃんが部屋から出てくる気配がした。
さすがに未だチンコを放り出したままでは何を言われるかわからない。
涙を拭い、動かない手でなんとか愚息を納めようと四苦八苦していると後ろから声を掛けられた。

「そのまんまでいいよ」

落ち着いた姉ちゃんの声だった。
姉ちゃんは俺のすぐ後ろに座った気配だった。
姉ちゃんの息が首筋にかかるのを感じた。

「お父さんやお母さんには内緒にする?」

最初は意味が判らなかった。
しばらく黙していると、今度はややイラだった声で、「どうすんの?」と再び尋ねられる。
俺は自分の心臓がこんなにも大きな音で鳴るものかと驚きながら小さな声で答えた。

「・・・する」

後ろから姉ちゃんの手が俺の股間に伸びてきた。

「別にブラコンとか変なのじゃないからね。勘違いしないでよ」

そう前置きした姉ちゃんの声は若干上擦っていた。
姉ちゃんの手はゴム手袋を外した素手で、その手がゆっくりと俺の愚息の根本近くを握った。
俺は小さく呻いた。
1ヶ月ぶりにオトンとオカンの以外の手が俺のを握ってる。
しかもそれは明らかに普段の排尿とは違う手付きで。
生まれて初めて“そういうこと”をしてくれるであろう異性の手・・・。
俺の愚息は一瞬のうちにギンギンになった。
それこそ今までにないくらいパンパンに張り詰めた。

「実の姉の手でこんなになっちゃって・・・。アンタほんとに変態じゃないの?」

何も言えなかった。
言うことができなかった。
あまりにも興奮しすぎて口からはハアハアと荒い息が漏れるだけだった。

「・・・動かすよ」

耳元で姉ちゃんが小さく宣言する。
俺はアホみたいにガクガクと首を縦に振った。
今思うとホントに阿呆みたいだ。
根本の方から先端へ、握った形のまま手がゆっくりと動いていき、今度は先端から根本の方へ。
ゆっくりゆっくり行われた程よい締め付けの反復運動に、溜まりまくった中学生の衝動は2~3往復であっさり根を上げた。

自分では何か声を上げたかもしれないが、よく覚えていない。
ただ快楽の塊が脳天から突き抜けてチンコの先から派手に吹き出した感覚しかなかった。
射精の快感に随喜の涙ってヤツを流したのは生まれて初めてだった。

「うっわ、こんなに出るの見たの初めて」

姉ちゃんの声に涙でぼやける視界を拭うと、寝ていた布団の上にはコップからこぼしたような大量のザーメンがぶちまけられていた。
ここまで大量の射精をしたのは今のところ後にも先にもこれっきりである。

「よくこんなに溜めれるもんだね」

姉ちゃんが妙な感心をしたが、俺はそれどころではなかった。
経験したことのない射精感に体は虚脱状態なのだが、愚息の方は未だに偉そうに天井を向いてやる気満々である。
乱れる息を整えて俺がようやく絞り出した声は・・・。

「姉ちゃん・・・もう一回・・・」

「調子に乗んなバーッカ!」

その日2回目の平手打ちを食らった。
だが、その逆の手は、再び愚息を優しく握ってくれた。
今度は吹き出したモノの名残が付着した先端で手のひらをまぶして滑りをよくして擦ってくれた。
1回目とは違ったヌルヌルとした感触に包まれ擦られる愚息は、またもやアッという間に発射。

「アンタ早すぎない?」

とは言ってくるものの、今度はお願いしなくてもそのまま3回目に突入する姉ちゃん。
今思えば童貞を手玉にとって反応を楽しんでいたのかもしれないが、当時の俺にそんなことを考える余裕など一切ない。
姉ちゃんから与えられる快感を享受し貪り続け、何度も何度も尽きることなんてないんじゃないかってくらい射精し続けた。

「あ~、もう手ぇ痛いからやめっ」

そう言って姉ちゃんが愚息から手を離したのは最初の発射から何時間も経った頃だと思う。
その時には俺はもう虫の息の状態で、フルマラソンを完走した直後のように喋ることも動くこともできず、ただ大の字でゼーゼーと荒い息を吐くだけだった。
天井を見上げている俺の視界に姉ちゃんの呆れ顔が映った。

「よくこんなに出るもんだね」

目で確認はできなかったが、投げ出した無傷の左足からは布団一面が俺汁まみれのネットネトである感触が伝わってきた。
その後、姉ちゃんは俺の体の洗浄から布団の洗濯、部屋の換気とテキパキとこなし、俺が新しい布団に寝かせられる頃にはすっかり何事もなかったかのようになっていた。
ようやく喋れるくらいに回復した俺は恐る恐る尋ねた。

「姉ちゃん、慣れてる?」

姉ちゃんはちゃんと聞こえたであろう質問をあっさり無視して、言った。

「治るまでの間、週1くらいだったらいいよ」

俺は何も言わず一つ頷いた。
それから完治するまでの約3ヶ月間、姉ちゃんは毎週、俺の欲望を手で処理してくれた。
だが手を使う以上のことは絶対にしてくれることはなかった。
そんな姉ちゃんに恋愛感情みたいなものを抱いた時期もあったが、キッパリと「治るまでの間だけ!絶対に!!」と完全完璧に突っぱねられた。
そして完治するとホントにその関係はそれっきりだった。

それから数年後の現在、あの時のことを姉ちゃんに尋ねることがあった。
一体どんな気持ちでしてくれたのかと。
姉ちゃんは真面目な顔でこう答えた。

「1割の同情と9割の暇潰し」

ちなみに、なんでやたら慣れてたかの質問は、数年前と同じようにあっさりと無視されたのであった。
まあ姉ちゃんの思惑がどうあれ、俺の中では一生忘れることのない3ヶ月間の思い出である。
ちなみにコレ以来、俺の愚息が女性の手にしか反応しなくなってしまったのだった。