銭湯の男湯でチンチンを見るのが私の楽しみ・前編

この体験談は約 5 分で読めます。

私が中学1年のときの話です。

毎週金曜日にほぼ定番で、お父さん、弟2人、そして私の4人で銭湯に出かけてました。
もう小さい頃からです。
お母さんは家の片付けを理由に行きませんでした。
なので、いつも私は男湯に入っていたんです。
全然周りの目も気にせずに。

小さい頃からなんで、男のアレも見慣れてて、見てもなんともなし!
今思えば、たまに私の裸を見てアレを弄ってるおじさんもいました。
だって、弟たちとはしゃいで遊んでいたので幼いながらも丸見え。
小6で、薄っすらと毛も生えていたので、ロリコンにはたまらないでしょう。
身長は130cmも無かったと思います。
胸は膨らみかけですが、昔の家族旅行の露天で撮った写真を見ると、手のひらに収まるサイズはありますね。
(今はDカップあります。幼児体型ですがw)

お風呂の端にM字開脚でいると、アソコの前におじさんの顔がありました。
それに、でっかくなったチンポが目の前をブラブラ通り過ぎるなんて普通のこと。
大抵そのときお父さんは洗い場なんで、気付いてない感じ。
私も性に関しての知識がなく、今思えば本当に恥ずかしい話です。

話は戻ります。
中学になると試験があり、塾で帰りが遅くなった金曜日、お父さんたちが待ってくれてたんですが、私が遅くなったので先に行ったお父さんたちを追いかけて銭湯に行ったんです。
でも入り口ですれ違い、仕方なく1人で入ることになったんです。

いつものように男湯の脱衣場で服を脱ぎ、中へ。
それが失敗。
ジロジロ見られてる感じはありましたが、気にもせずにゆっくり浸かり、身体を洗い流して、2階にある露天風呂に行きました。
狭い町中の銭湯なんで、露天と言っても狭いんです。
入るとお酒に酔ったおじさんが5人入ってました。
割り込んで座った時にお酒の匂いがしたんです。

私が入ると驚いたみたいで、しばらくすると話しかけてきたんです。
年を聞かれ、「なんで男湯に入ってるの?」とか話しているうちにおじさんたちはなんだか楽しい話をしてきて、ドサクサに私の身体を触りはじめました。
まだ恥ずかしいとか思わない私でした。

「くすぐったーい」と無邪気にしてたんです。

おじさんたちはだんだんエスカレートして、背中に脇やオッパイや足の指を舐めだしました。
それでも私は遊んでもらってる感覚だったんです。
笑ってはしゃいでいると足を広げられて、「チンチン付いてないよねー」と言いながら、生え始めた私の毛を触りだしたんです。
もうその時点で5人のおじさんの手が私の身体を触っていました。

「可愛いね」「綺麗だね」「お利口さんだね」と優しく褒められて、私はなんの抵抗もなく悪戯三昧されていました。

なにも分かってない私は、「なんか気持ちいいー」とか言ってたと思います。

実際には、M字開脚状態でアソコを観察され、両方のオッパイは吸われて、すごい状態です。
後ろ向きにさせられてお尻の穴のシワを数えたり、「こんなところにホクロがあるね」とかって舐められたり。
大人の男性に囲まれて、なんかおかしいと思ったけど、私は身を任せるだけ。

いよいよ露天にあるベンチに仰向けに寝かされて、大人5人による前戯が始まりました。

「硬いやろう」とチンチンを握らされて、言われたようにシコシコしてました。

それも2本同時に。
握ってる私も、なんだかスベスベしてて触り心地が良くて、夢中でシゴいてたと思います。
オッパイも触られたり舐められたり、アソコも同じ。
もう全身を舐め回されてる感じでした。
今とは違う気持ち良さですが、そのときも気持ち良かったです。
気持ちよくて寝そうになりました。

いきなりアソコに指がぐっと入ってきました。

「痛い!」ってビックリしたら、「我慢だよ~」って言って、弄りだすんです。

私も痛かったのは最初だけだったので我慢できてました。
すると今度はお尻の穴に指が入ってきたんです。

「力を抜いて~」

って言われて指を抜いたときに、ウンコが出たんです。
今、思うと超恥ずかしい。

「おっ、出てきた」と言って、ウンコ座りにさせられて、「出しなさい」と言われて出しました。

そしたらなんと、おじさんたちが口で私のウンコを受け止めて、食べたんです。
驚くのもつかの間、オシッコも飲んでました。

(ええ?)っと思いながら寝かされて、1人のおじさんが私の顔に跨がり、「チンポを食べて」と口に入れてきました。
咥えてモグモグしました。
大きいので口が裂けそうですが、意外と冷静にチンポを味わう私。
そうこうしているうちに、私のアソコもほぐれてきたらしく、自分でも結構ヌルヌルと濡れてるのが分かりました。

「さぁ、イクよ」って言われ、口の中に温かい液体が出てきて、喉が詰りそうになりました。

それでも、「吸って」と言われたので、無我夢中で吸いました。
アソコに入れられる瞬間に、口の方のおじさんが先に出したんです。

「飲んで」

全部飲みました。
私はなぜだか必死でした。

バタンと寝た瞬間、今度はアソコに熱いものがブチ!と入ってきました。
少し入るたびに、ブチ・・・ブチ・・・とおじさんが入ってきて、「膜が切れてる」と言いました。
本当にそんな感じでした。
少し痛かったですが、私は息を吸って我慢しました。
周りのおじさんたちも、「頑張れ」と励ましながら手を握ってくれてました。
奥までゆっくり出し入れして、1回抜いて血まみれのチンポを見せてきました。
そして私に、「良かったね」「おめでとう」とか声をかけて頭を撫で撫でして、「これはめでたい血なんだよ。舐めなさい。味わいなさい」と、血のついたチンポを舐めさせられました。
その後タオルでアソコを拭いて、「このタオルは記念に持って帰りなさい」と言われて持って帰りました。

はぁーっと落ち着いたのも束の間、じつはここからが本番のはじまりなんです。
おじさんは、また私のアソコに入れ始めたんです。
しかもガンガン激しく!

「締り過ぎでチンポが痛い」とか、「小さいなぁ」とかなんとか言ってたような気がします。

また口にも別のチンポを咥えさせられて、苦しくて涙が出そうになりました。
アソコの中は熱くて感覚が無い感じです。
もちろん気持ち良くなんてないです。
それを見て周りでシコシコしているおじさんは、出るときに精子を吸わせるし。
全部で5回は吸い出してあげたと思います。

まるで私はおじさんたちのオモチャのように扱われてグッタリ状態。
すると今度は、なんとお尻の穴に入ってきたんです。
入った瞬間、「ギャー!」と声が出ました。
痛過ぎです。
もう何を言っているか分からない声を出し、立ちながらの体勢で、前と後ろからズボズボ犯されて気が遠くなりそうでした。

しばらくするとベンチに寝かされて1発目の中出し!
また次のおじさんがガンガン突いてきて2発目!
もうその辺から覚えてなくて、お尻の中にも出されたと思います。
グッタリした私は感覚もなく、終わるのを待つばかり。

意識を持ち直して見渡すとビデオがあり、撮影されたみたいです。
8時に来た私でしたが、帰るときは夜中の2時を過ぎていました。
銭湯の閉店時間です。
身体中ボロボロで、その日から2日間、学校を休みました。

その後、同じように1人で男湯に入ることがあり、触られる程度の悪戯されるので、お母さんに話したら、銭湯に行かなくなりました。
それ以降、私は性について知ることになります。
私のエッチな体験のはじまりです。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました