プールで妹の水着姿を見たら我慢できなくなった

この体験談は約 2 分で読めます。

中2の俺には小学5年生の妹(真奈)がいる。
昨日、両親が偶然1日留守だった。
昨日は土曜だったわけで、もちろん真奈は家にいた。
俺は両親から真奈の世話を頼まれたから部活を休んだ。
まあ、実の妹ってわけで、女として意識したことはこれまでなかった。

ところで、俺は周りから「セックス好き」とか「セックス先輩」と言われるくらいセックス好きで、これまで何人もの女を犯してきた。
反対に真奈はそんな事には興味を持ったこともなかったらしく、俺がそういう男だったと思わなかったらしい。

その日、真奈は室内プールに行きたかったらしい。

真奈「お兄ちゃ~ん、プールに行きたいよ~」

俺「今、冬だぞ?」

真奈「し・つ・な・い・プール!!」

俺「今日?!」

真奈「うん♪お兄ちゃんと2人で行きたいの!」

その時、俺は上目遣いの真奈を見てドキッとした。
大きな瞳。
長い髪。
小柄で美少女。
家族の誰にも似ていない。

(真奈って結構可愛いな・・・)

この時、初めてそう思った。
俺は実の妹の胸が気になりだした。

俺「じゃあさ、家で着替えないか?真奈も1人で着替えんの嫌だろ?」

真奈「わかった」

俺の意図はバレなかったらしく、あっさり許可が下りた。
そして、ありがたいことに真奈は俺の目の前で脱ぎ始めた。
真奈の胸は小5にしては大きい。
すでにBカップくらいはありそうだった。
ついでにマンコもバッチリ確認した。
毛が少なくて、桃色で美しかった。

プールでは特にエロい展開はなかった。
普通に家に帰ったが、半日真奈の水着姿を見た俺は我慢できなくなった。

俺「真奈、ちょっと服脱いで」

真奈「え?」

俺「いいから脱げ!」

真奈は意外にもあっさり脱いだ。

モミモミ。

真奈「お、お兄ちゃん!胸、触らないで!」

口ではそう言うが、感じやすいタイプらしくマン汁が溢れ出す。

俺「お、こんなに濡れてんぞ。気持ちいいのか?」

真奈「よくない!」

無視してパンティも脱がす。
俺も脱ぐ。
そして乳首を舐める。

真奈「アア~、ハアアアアアア」

マンコを舐めるとイッてしまった。
指でなぞる。
グチャグチャだ。
入れたくなってしまった。

俺「入れるぞ」

真奈「イヤ~~~」

お構いなしに入れてやった。

俺「ハアハア」

出し入れする。

俺「中に出すぞ」

こうして俺は実の妹を犯して中出しした。
真奈は泣いていた。
まだマンコはべちょべちょだ。
その姿に鬼畜な俺は萌えた。
だが、本当に痛そうだったのでやめてやった。

タイトルとURLをコピーしました