おばさんの私が童貞の高校生と4P!

この体験談は約 3 分で読めます。

私は44歳の専業主婦です。
夫は現在単身赴任中。
子どももいません。
そんな寂しさも手伝ってか、若い男の子が好きで、スマホの出会い系アプリで物色しては、去年だけでもう10人以上会っています。

今回お話しする彼とも、そのアプリで知り合いました。
サイトでは大学生だと言っていました。
何通かメッセージのやり取りをして会うことにしました。

当日、ファミレスでご飯を食べてからホテルに行きました。
そこで彼から、じつは大学生ではなくて現在高1であること。
さらに、これまで女性経験がないことを告白されました。
私は久しぶりの童貞くんに小躍りするほど嬉しくなりました。
今まで誰のおまんこにも入れたことのないキレイなおちんちんを、こんなおばさんの私が最初にいただけるなんて、こんな嬉しいことはないからです。

私は手取り足取り教えてあげました。
そして緊張しながらも、『挿入→射精』をして、無事に彼の童貞を卒業させてあげました。
素直で可愛かったので、「おばさんの体でよければセックスの練習に使ってね」と言って、その日はバイバイしました。

それから彼はことあるごとに連絡してきて、こんなおばさんの体を貪るように求めてきてくれました。
慣れてしまえば、若い男の子もおじさんも変わりないです。
むしろ若い男の子のほうがおちんちんは硬いし、回復が早いので回数もできるし、なにより好奇心が旺盛。
やっぱり私はおじさんよりも若い男の子のほうが好きです。

そしてどんどん彼はテクニックが上達して、私のほうが先にイカされてしまうことも多くなりました。
彼とはもう1年以上、セフレの関係で続いてますが、最近では彼が友だちを誘って、3Pでのセックスを楽しんでいます。
彼の友達ですから、17歳の盛りのついた高校生の男の子たちです。
彼らはだいたい3回は射精するので、計6回はすることになります。
いくらセックス好きとは言え、もう私もおばさんですから、終わった頃にはヘトヘトのフラフラでしばらく立ち上がることすらできません。
でも、若い男の子の欲求を満たしてあげた満足感や充足感が、快感と共に私をこの上なく満たしてくれるのです。
誰も好き好んで抱いてくれないこんなおばさんを求めてくれるなら、私はいつでも彼らにセックスをさせてあげます。

先日も彼が、親友でまだ童貞という男の子を2人連れてきたので、彼と友達の3人で4Pをしました。
その日は1日中、誰かのおちんちんがおまんこと口に入っていました。
若い彼らに突かれまくって、その日はさすがにイキ過ぎて途中で意識がなくなってしまいました。
生まれて初めての失神。
気が付くともう夜中で、誰もいなくなっていました。
さすがに3人がそれぞれ何回も射精したので、おまんこはもちろん体中が精子まみれ。
ベッドは私が吹いた潮でビショビショになっていて、部屋は生臭い匂いが充満していました。

こんな充実したセックスライフも、彼らが私の体に飽きたり、同年代の彼女ができたら終わることはわかっています。
だからこそ、彼らに求められるうちに女の悦びを味わい尽くしたいのです。

タイトルとURLをコピーしました