彼氏持ちの巨乳OLと挿入なしの浮気セックス・中編

この体験談は約 8 分で読めます。

頃合いだ。
俺は寛子の両脚を跨ぐ自分の腰を動かし、寛子の脚を少し開かせる。
開いた膝の間に俺の片方の膝を入れ、寛子の片方の脚を跨ぐようにして膝上辺りに座った。
寛子の生膝の裏に当たる俺の硬くなったモノ。
そのまま閉じれなくなった内腿に手が入り、触れた瞬間だった。
寛子は今までにない強い力で体を起こし、口が動いた。

「ちょっ、ちょっとゴメン。・・・私、再来月結婚するんだよ」

(今なんて言った?)

時が止まるようなことって、こういうことなんだ。

「付き合ってたんだ?」

かすれた声がバレバレ。

「うん。彼、ちょっと遠くにいるんだよ」

沈黙。
しばらくして再び俺は止まった手を動かした。
しかし内腿ではなく一度触った腰だった。

「これはマッサージだよ」

「俺クン・・・やさしいよね」

寛子は、俺が寛子を好きだという気持ちは分かってたのかいないのか。
また会話もなく続くマッサージ。
今ならはっきりと分かるが、結婚前の女性のストレスは相当大きいと聞いていた。
結婚はすると決めてから1年弱必要だともいう。
もちろん婚姻届を出せば明日にでも結婚できるが、寛子はきちんとした段取りを組むタイプだ。
それに2年近く前から付けはじめた指輪。
検定に一緒に受かろうと言った時期は4ヶ月前。
あれはただの励まし。
本当に軽い気持ちから出た言葉だったわけだ。
裏切られた気がするが、それは俺の勝手な気持ちで寛子とは関係ない。
俺はどうすればいいのか?

「もっとマッサージしたいけど、シャワー入る?」

とりあえず継続の方向で聞いてみた。

「えぇ。・・・エロィよ」

寛子はニヤニヤしながらも断りはしない。
もう一押しだ。
適当に言い訳を与えればいいだろう。

「エステとかでもシャワーするんでしょ。もっとしてあげるよ」

ちょっと思案顔であったが、俺がジッと見つめると、瞳がちょっとウルウルになった。

「・・・うん」

そのまま寛子を起こし、バスルームへ向かわせようとした。
そこで寛子は俺のモノに手を伸ばしてきた。

「俺クン、大きいね」

擦ったりはせず、ただ触れたり握ったりしてくる。
脚に押し付けていた時に、立っていたのは気付いているだろう。
俺は特に大きい方だとは思わない。

「女の子の胸と違って比べることが出来ないから分からないよ」

「女だって比べたりしないよ」

少しだけサワサワと動く手。
気持ちいい。

「でも、服の上からでも分かるよね。男同士なんて分からないし、知りたくもないよ」

寛子の肩に手を回し、軽く抱き締める。

「俺クン、大きいよ」

確信をもって喋る。
寛子は素直なので、寛子の知っている棒の中で大きいということは間違いないだろう。

「何人としたことあるの?」

この答えが俺への対応の分かれ目だったことに寛子が気付くことは一生ないだろう。

「えー、知らない」

いたずらな童女のような喋り方。
寛子はいつもの調子で答えた。
そうだ、こいつはこうやっていつも質問をかわす。
なんかムカついてきた。
メチャクチャにしたい衝動に駆られるが、もともと女性にはやさしくしたい。

風呂場へ案内して簡単に説明した。
そこで気付いたのだが、寛子は2ヶ月後の結婚を控え、新居のアパートを探すために俺の部屋を見ようと思ったのではないかと。
風呂トイレ別だと家賃が変わるかどうかと言ってた気がする。
どこまでも利用される俺。
俺は部屋に戻り、寛子はシャワーに入った。
シャワーの水音が耳につく。
俺はどうするか考えた。
理由は後付けだが、当時もたぶん以下のように考えた。

俺としてセックスはどう思うか。
婚約中の女性とするのは道義的にまずい。
別れそうだとはいえ、俺にも彼女がいる。
寛子はどうか。
仲が良くて、人も良さそうな俺への同情セックスでしかない。
遠距離の彼はとは簡単に会えず、気持ちよいマッサージの続きという言い訳で、彼より大きい棒を入れたいだけではないのかと。
寛子の思惑に嵌るのは絶対避けたい。
寛子を騎乗位で突いて揺れる(妄想上Fカップの)胸や、バックから突いて胸を揉む姿を何度ネタにして抜いたことか。
それを現実として叶えられるところまで来ていることは分かった。
しかし、一方的な俺からの想いとはいえ、振られた女の同情や性欲解消のために利用されるなんて、俺の屁理屈な人生において許されるわけない。
とにかくヤリたい奴には理解できない思考領域に入ったが、俺自身どうすれば納得できるか考えた。

俺は部屋着に着替えた。
再び風呂場の前へ行き、バスタオルを用意したと中の寛子に伝える大義名分を使い、下着チェックは忘れなかった。
ただし、下着はきれいに畳まれて積まれた服の内側に入っている。
スーツ類の隙間から覗くブラは黒。
これは確認済み。
せっかくなら赤が良かった。
さらに衣類の中に淡いオレンジのレースの布地。
間違えなくパンツだろうが、なぜ肩紐が透けるブラやキャミが黒や赤で、パンツが目立たない色なのか?
全く理解できない。
きっちりと畳まれているので、崩して観察することはできないし、するつもりもなかった。
ただ隙間から手を入れ、パンツが少し濡れているか確認はした。
ブラのサイズを確認しなかったのは不覚。

部屋に戻ってきた寛子に入れ替わり、俺が入る。
シャワーを浴びながら俺はダークサイドに落ちたことを確信した。
モノはガンガンに立っている。
残念だが、今回は出番がない。
お前を使用したときは俺の負けだ。
もちろん暴発したら完敗だ。
寛子の手や胸で発射されでも完敗。
そう、黒光りするマグナムに言い聞かせた。

風呂から上がってタオルに包まれた2人でソファーに座るが、すぐに寛子をベッドに案内した。
またうつ伏せに寝かせ、タオルはそのまま。
マッサージだから。
続きの内腿をひと通り揉み、今度は耳を齧った。
甘い世界を見せてあげよう。
顔が近いせいか、息遣いの変化も感じられる。
舐めたり甘噛みを続けると、ふるふると震えてきた。

「エロィ・・・エロいよぉ」

耳を攻められ、ウルウルな瞳。
体を起こし脚を開き、最後の地点に辿り着いた。
最後の地点は新しいスタートだ。
一瞬、体のこわばりはあったが、部屋は暗く体には布団をかぶせ、恥ずかしさを感じさせないようにはした。

「やっぱりするの?」

「ここが一番凝ってるよ」

「うそぉ・・・」

笑いながら答える。
手を内腿の奥に進めるとトロトロで、すぐにクリを撫で上げた。

「っぁぁん」

合わせた視線がずれる。
再び視線が合ったとき、お互いに笑いが漏れた。
そのまま一気に脚を広げ、俺は頭を突っ込んだ。

「いきなり?」

無視して舐める。
俺は舐めるのが大好きだ。
もともと自分のしたことに対しての変化や効果を観察するのが好きなのだろう。
ずっと舐めていても飽きない。

「・・・や、ッんっ・・・」

しばらく舐め続けるとクリが大きくなってきた。

「ふぁぁ・・・やッ・・・ぁぁぁぁ」

大きく膣の方からクリへひと舐めすると、腿に力が入り一気に抜けた。
軽く一息ついて、寛子の横へと向かう。

「ねえ、いつもあんなにたくさん舐めるの?」

「そうだよ。1回舐めてイカせてからだよ。佐藤さんは彼氏に舐めてもらわないの?」

「うん。入れる前に少しだけ」

おっと、素直になってきた。

「他は?」

「あんまりない。全然舐めてくれない人もいたし」

これで2人目。
さらに吐かせようか。
さらに多めにエサが必要だ。

「もっと気持ちよく舐めてあげるよ。向こうに行こうか」

寛子は張り切ってついて来る。
ソファーへ座らせ、M字に開かせた。

「ちょっと、恥ずかしい」

「マッサージだからしょうがないよ」

「そうだよね。マッサージだよね」

寛子も調子に乗ってきたようだ。
しかし、このソファーは寛子の男性遍歴を調べ上げる聴取台でもある。
M字で大きく開かれた膣から顔を出すクリ。
俺の舌が這い回る。

「あん・・・アッ・・・はぁ」

漏れ出す声に対して俺は質問を開始した。

「セックスは好き?」

「・・・うん。入ってくる時に・・・来たって感じになる」

質問に答えるために間の空いた答えになるが、素直なことには間違いない。

「何人としたことある?」

「2人」

「いつしたの?誰?」

「初めては今の彼。大学の時に知り合って付き合ってた」

「もう1人は?」

「・・・B課長」

(マジか?)

B課長は辣腕営業だった。
20代で課長。
できる奴には高い評価、できない奴には厳しくあたるタイプ。
俺は嫌いではないが敵も多い。
その後、創業以来の早さで支社長に抜擢された。
『白い巨塔』の財前教授と揶揄されていた。
財前教授が2人目とは、ありえなさそうでありそうな組み合わせだ。

「いつ頃?」

「私が就職した頃、1回彼と別れたの。入社して半年かな、付き合ったのは3ヶ月くらい」

危うく教授と穴兄弟になるところだった。

「3ヶ月くらいで別れたよ」

ただ喰われただけではないのか?

「その後、しばらくして彼と復縁してようやく結婚だよ」

幸せそうに話す。
俺もその幸せを祝福したい。
真っ白な肌の胸に薄めの乳首。
少し垂れているが、それも巨乳ゆえの魅力だろう。

「みんなこの胸で遊んだ?」

「はあ、オモチャじゃないんだよ。でも財前課長には胸で色々されたよ」

その後の話も含めて、財前教授とはどうやら付き合って早速パイズリからはじまり、人気がない所ではすぐ揉まれていたらしい。
かなりフェラを要求されたようで、そのうちに嫌になってきたようだ。
それ以外にも同じ営業では色々付き合って嫌なことがあり別れたようだ。

吐息交じりの寛子に、ここまで聞くのにもかなり時間を要した。
そうだ、財前教授なんてどうでもいい。
目の前にあるのは白い巨乳、これを堪能しなくてはいけない。
しかし財前教授の話から確信に変わったことがある。
寛子は大切にお姫様扱いされることが望みで、奉仕したりすることは好きではないようだ。
たぶん虐げられたりして興奮するM属性は低いだろう。

そのまま指を入れる。
声のトーンが変わり、一気に昇りつめだした。
指の締め付けも強くなる。

「・・・ハウッ・・・はうッ・・・」

数回の過呼吸の後にググッと腰を揺らし、ソファーの上でイッた。
上げた脚をゆっくりと床に下ろし、俺は隣りに腰掛ける。
しばらくして呼吸が落ち着くと、顔を手で覆った。

「・・・イッちゃった」

小声で可愛く答える。
何かのヒロインのように振舞う。

「すごいね。いつもこんなことしてるの?」

また同じような質問だ。
寛子の今彼は一体何をしてるんだ?

「こんなの初めて。グリングリン舐められたよ。私、なかなかイカないんだよ」

「気持ちよさはどうだった?」

あまり良い質問ではない。

「すごくいい。今までで一番だったよ。舐められながら指を入れられたことなんてないし。俺クンの彼女さんも、いつもこんなことされてたら別れられないよ、絶対ぃ」

嬉しい言葉がいっぱい返ってきた。

「同じ人としてると慣れてきてだんだん気持ちよくなるよね。俺クンは指だけでそこまでいってる」

これはチャンス。
寛子への聴取を再開だ。
イッたことは1回だけだそうだ。
それは財前教授の手マン。
しかし財前教授は荒々しく非常に速く動かすので、ほとんどが痛かったようだ。
ちなみに財前教授はそのあだ名の割には策や根回しは考えになく、仕事は一直線タイプ。
今彼はセックスの最初に濡れてるか確認程度に触り、濡れてなければ舐める程度のようだ。
入れるための確認の指と、ローション代わりのクンニ。
ああ、寛子ちゃんが可哀想。

でも、俺とこんなことになったのは不幸かもしれない。
一生知らないほうが幸せだったかも。
俺の与えられる限りの快楽を寛子に試そうと考えた。
忘れられない男になろうともしていた。
具体的には何回もイカす。
巨乳はあまり責めない。
そして潮を吹かす。
挿入はしない。
一つ目は達成された。
寛子にとって、自慢の(かどうかは知らないが)胸をあまり責めないのは、女として沽券に関わるだろう。
それに潮は絶対に吹いたことがないはずだ。
潮を吹かすにはどうすれば良いか?
俺は勝手に経験則から勝利への方程式を作っていた。
手を速く動かすだけでは膣への負担が大きい。
気持ちよくなって我慢ができなくなって潮を吹くのは理想だが、テクがいるし、初めてでは難しい。
それで、我慢できないような姿勢であったり、筋肉の使かわせ方をすれば良いのではないかと考えていた。

まずM字開脚。
とにかく開かせる。
開いたままであれば足を閉じて我慢することはできない。
それ以上に膝立ちか、立たせて足を開かせる。
自分の体を支えるために筋肉を使い、漏れそうになることを止めるための筋肉は使えなくなる。
もしくは漏れるのを止める方へ意識が向かず、吹いてしまうのではないのかと。
四つん這いでも、尻を突き出しようになるのはダメだ。
体重が前の腕にかかっている。
腰と腿の筋肉を使わせるためには上体を起こさなければならない。

今彼のセックスの話の間、寛子の手にはずっと俺のモノを握らせていた。
しかし寛子は、フェラしようとか、しごいたりして俺をイカせようとする気はないようだ。
今彼はとにかくやさしいようだ。
セックスもイク直前にガンガン突いてくるだけで、後は普通に動いているとか。
財前課長は、とにかくガンガン突いてきて、体が振られて首や頭が痛くなったこともあるようだ。
自分勝手な財前は問題外。
今彼は単調。
大きさは今彼を基準に、財前が太くて短い。
俺はとにかく長く、財前よりも太そうだということだった。

「ずっと硬いまま。みんなすぐしようとするのに俺クンは我慢できるのがすごいね」

そんな話しながら、寛子は自分に入ってくる時を想像しているのだろうか。
うっとりしている。
そうだ、ここはディズニー。
夢の世界に案内してやろう。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました