高校生の弟が夜這いしてきたけど童貞だった

この体験談は約 5 分で読めます。

2年前のことです。
私が20歳、弟が17歳。
弟に無理やり犯される感じでしちゃいました。

その日は両親が知人の葬儀に参列するので遠方に泊りがけで出かけることになったんです。
父が昔お世話になった方ということで、お通夜と葬儀の両方に参列するため、2泊3日で家には私と弟の2人きりになりました。

両親がいないのをいいことに弟と2人で夕食の時にお酒を飲みました。
それが間違いでした。
お風呂から上がって、私は缶ビールを1本持って部屋へ戻りました。
飲み終わったら眠くなってきたのでベッドに入ってウトウトしはじめると部屋のドアが開きました。
寝惚けながら起き上がろうとすると、弟がズカズカと入ってきて、いきなり私に覆いかぶさってきました。
てっきり私は弟が酔っ払って部屋を間違えたんだろうと思ったんです。

「あんたの部屋はあっちでしょ」

弟を叩いて起こそうとしました。
すると弟は布団を捲って私に抱きついてきました。

「ちょっ、何してるの?ほら、起きなさい」

そう言って弟を押しのけようとしましたが、弟はすごい力でしがみついてきてまったく離れません。
すると弟は顔を上げて、「姉ちゃん、チューさせて」と言うと強引にキスしてきました。
避ける暇もなく唇を押し付けられてパニクっていると、今度は弟の手がトレーナーの中に入ってきました。
私は寝る時はブラを着けないので、弟に直接おっぱいを触られて余計にパニクってしまい、どうしていいかわからなくなりました。

弟は荒々しく私のおっぱいを揉みながらずっと唇を離しませんでした。
私がいくら抵抗しても身体の大きな弟はビクともしません。
そのうちトレーナーを捲られて、直接おっぱいを吸われました。
私は必死で「やめて!やめて!」と叫び続けましたが、家には2人しかいないので意味ありません。

揉み合っているうちに今度は下のスウェットを脱がされそうになりました。
必死で抵抗しましたが弟の力に敵うはずもなく、パンツと一緒に脱がされてしまいました。

「バカ!やめて!やめなさい!」

半分泣きながら力いっぱい弟を叩きましたが全く効き目がありません。
あそこを触ろうとする弟の手を両手で押さえるのが精一杯の抵抗でした。
でも、そっちを両手で押さえると今度はおっぱいを好き勝手にされてしまいます。
なので片手を離しておっぱいを隠そうとすると、今度はあそこを触られてしまうという最悪の状況になりました。
そのうち私の方が疲れてしまって抵抗できなくなってしまいました。

「わかった、わかったから乱暴にしないで」

私はそんなことを言ってしまいました。
弟は少し力を抜いてくれた後で、「姉ちゃん、エッチさせてよ」と言ってきました。
そう言ってくるだろうと思っていたので、「ダメよ、そんなこと。私たちは姉弟なんだから」と言いました。
でも、それで弟が引き下がるはずもなく、私の上に馬乗りになると両手を押さえつけてきました。

「じゃあ今から姉ちゃんを犯す」

弟の目はマジでした。
初めて恐怖を感じた私は力いっぱい暴れましたが、大きな弟に上に乗られてはどうすることもできませんでした。
両手でおっぱいを力任せに揉まれて痛かったので、「痛い痛い!やめて!」と叫びました。
でも弟は興奮しきっているみたいで全然聞いてくれません。
あまりの痛さに、また私の方が折れてしまいました。

「わかったから、痛くしないで」

すると弟は馬乗りのまま自分も裸になって私の脚の間に移動して、そのまま入れようとしてきました。

「ダメ!そんないきなり入れたりしないで!」

私は慌ててと身体を起こして弟を止めました。
弟は私の声が聞こえてないみたいに必死で入れようとしてきましたが、どうやら入口がわからないみたいでした。

「あんた、もしかして童貞なの?」

ちょっと安心したのか、私にも余裕が出てきました。
上手く入らずに焦ってる感じがはっきりわかりました。
そのうち弟は、「くそっ、なんでだよ!」と言った後、「あ、やばい!」と言って腰をびくつかせて、そのまま私のお腹に射精してしまいました。
弟は泣きそうな顔をしてました。
そんな弟がなんだか可愛く思えたのか可哀想になったのか、私は何も言えませんでした。

「童貞なら最初からそう言えばよかったのに」

そう言ってティッシュで出されたものを拭き取って、弟のも拭いてあげました。
意外にも大きかったので、拭いてあげる時にちょっと私も疼いてきました。

「ゴム、持ってる?」

そう聞くと弟は顔を横にブルブル振りました。
私はドレッサーの引き出しの奥からコンドームを取ってきて、「これを着けるならしてもいいよ」と言い、自分で袋を破って弟に付けてあげました。
すると弟はすごい嬉しそうな顔をしてまたすぐに入れてこようとしたので、私は弟の身体を手で止めました。

「ダメ。まだ濡れてないでしょ?ちゃんと感じさせてくれなきゃ入らないよ」

そう言ってから私は裸になって仰向けに寝転がりました。
弟はさっきまでの乱暴な態度とは打って変わって、少しオドオドした感じで私に被さってくると、「どうすればいいの?」と聞いてきました。
私は優しく弟を抱き寄せてキスしたあと、言ってあげました。

「おっぱいを触ったり舐めたり、あそこを触ったり舐めたりして感じさせてくれなきゃ。でも乱暴なのはダメ。優しくね」

弟は“むしゃぶりつく”という表現がピッタリな感じでおっぱいを舐めてきました。
私は乳首の舐め方とか触り方を教えてあげて、弟の顔があそこに近づくと、今度は脚を広げてクリちゃんの舐め方と触り方も教えてあげました。
弟のおちんちんはもうビンビンになっていて、今にも爆発しそうでした。
おまんこに弟の指を入れさせて濡れてるのを確かめさせると・・・。

「もう入れていいよ」

そう言って脚を広げました。
でも弟はやはり入り口がわからないようで、何度も失敗しました。

「姉ちゃんどこ?わかんないよ」

可哀想なので手を添えて入り口を教えてあげました。
ヌルッと先っちょが入ると、「あ、すげえ、入ってる」と喜んで、一気に全部入れてきました。
私は思わず、「はあっ!」と声を漏らしてました。
弟はビクビクしながら、「姉ちゃんすげ!気持ちいい!」と感激した様子で腰を動かしはじめました。
ぎこちないけど激しい突き上げに、「あっ、あっ」と思わず声を出してしまっていました。
弟は私の感じた声にも興奮したらしく、「あ、出る!姉ちゃん出る!」と言ってすぐに発射してしまいました。
ちょっと身体に火がつき始めたところで終わってしまったので、私はちょっと物足りなく感じました。

弟は私にしがみつくようにしてビクビクしながら全部出し終わると、ぐったりと私に身体を預けてきました。

「ねぇ、ちょっと重いんだけど」

「あ、ごめん」

弟が慌てたように飛び起きました。
いつもの素直で可愛い弟に戻った姿を見て、少し安心しました。
正直言うと、弟の初めての相手になれて、ちょっと嬉しいと思ってしまいました。

しばらく抱き合って話をしてるとまた弟のおちんちんが大きくなってきたので、新しいゴムを付け直して、今度は私が上になって2回目をしました。
1回目よりは持ちましたが、私がイクまでは無理でした。
その後は、結局私の方がノッてしまって4回もしちゃいました。
4回目でやっと私もイケて、そのまま私のベッドで抱き合って寝ました。
次の日、私も弟も学校をサボって1日中やりまくりました。

タイトルとURLをコピーしました