ヤリマンだと思っていた妹の裏の顔・前編

この体験談は約 5 分で読めます。

3歳下の妹はかなり可愛くて、高校の時は校内でも1、2というくらいの美少女でした。
美人じゃなくて美少女。
大学生になって子供っぽさが抜けた今は、美人という形容詞の方が的確ですが、高校の頃はアイドルも顔負けというくらいの可愛さでした。
プロポーションも良くて、特にEカップの胸は見事としか言えません。
高校の時でもすでにDカップくらいあったし、身長は170センチ前後。
性格も明るくて、見た目通りに純情な妹は幼い頃からモテモテでした。

しかし、それは妹の表の顔であって、本当は自分の可愛さを鼻にかけて武器にする、とんでもない性格なんです。
俺のことを「兄貴」と呼ぶくせに、家に友達が遊びに来た時は「お兄ちゃん」。
接し方も普段の蓮っ葉な態度とは打って変わって、友達の前では見事に純情可憐な美少女を演じます。
本当に、(こいつ・・・マジで二重人格じゃねえか?)というくらいの変貌ぶりです。

高1の誕生日に、お誕生日会と称して下心がありそうな男(同級生と先輩)を家に呼び、セクシーな下着姿の自画撮り生写真を売りつけてました。
仲のいい女の子も何人か呼んで、みんなでゲームをやっている所へ俺が現れると、誕生日だというので新作のゲームを強請られます。
近くに家電の量販店があるので、俺が渡した1万円で輝美(妹)が買い物に出かけると、帰ってくるまでの40分くらいの間に、俺が男たちへ餌をちらつかせて1枚5000円で売り捌くんです。
でもこれ、全ては輝美が書いたシナリオ。
チョイ悪で気前のいい兄貴が、勉強中に眠りこけた妹(ベッドには教科書やら参考書が散乱し、自室なので下着姿)を隠し撮り、という設定。
あどけない寝顔に、ブラを押し上げる見事なオッパイの膨らみ、プリッとした尻に食い込むショーツ・・・。
寝相の悪さを物語る、滑稽だが際どいアングルの生写真の数々を見せる。
まさか憧れの輝美ちゃんが自らポーズを考えて、セルフタイマーで自画撮りした贋作だなんて思いもしないでしょう。
まんまと餌に食いついた男どもが生写真を購入した頃に、妹から確認の電話が入ります。
その後、純情可憐な美少女のまま何食わぬ顔で戻ってくる輝美。
後日、女の子が俺の悪行をチクってきたと爆笑してました。
お得意の演技で、「嘘だぁ~お兄ちゃんが、そんなことするはずないもん」などと言って男どもというか“顧客”を安心させ、仲のいい女の子には晩熟な子という印象を与えて心配させる(=味方につける)というツワモノでした。
他にも、妹の二重人格ぶり女優ぶりを書きはじめると、枚挙にいとまがないというか空恐ろしいくらいです。

高2になると、輝美には受験勉強のために家庭教師が付けられました。
俺は下宿して大学に通ってたので、たまにしか家に帰れないからです。
努力の甲斐あって、輝美が合格したのは俺よりはるかにレベルの高い大学で、サッカー部のマネージャーをやりはじめました。

事件が起きたのは、親戚の法事で両親が帰ってくるのが翌日という日。
俺も就職活動で忙しく、その日は面接の予定でした。
履歴書の他にも必要な書類(免許のコピーなど)を持っていはずだったのに、いざ面接を受ける時になって、家に忘れてきたことに気付きました。
先方は「後で郵送してもらえばいい」と言ってくれましたが、間に合いそうだったので、妹に持って来させようと携帯を鳴らしました。
家では、サッカー部の祝勝会をやっているはずなんですが、盛り上がっているのか携帯には出ようとしません。
自分で取りに行くのでは、当日に渡せない。
少し頭にきた俺は、妹に文句のひとつも言ってやろうと思い、午後7時ちょっと前に帰ってきました。
2階の8畳と6畳の和室から明かりが漏れているので、中に人がいるのがわかります。
玄関の鍵を開けて、妹の名前を呼びながら階段を上っていくと、部屋の様子がおかしいのに気付きました。

「ちょ・・・輝美・・・やめなさいよ」

「マ、マズいよ・・・」

なんだか凄く慌てているみたいな声と、時折ジュポっという湿った音が聞こえます。

「ダメだってば、輝美~」

ガラッと戸を開けると、とんでもない光景が目に飛び込んできました。
悲鳴に近い声を出して妹を制止しようとする女の子。
逃げ腰になって妹から離れようとしている男のチンポには、パンツ一丁の妹がタックルをするような姿勢で喰らい付いています。
他にも男女合わせて15人くらいが、俺から目を逸らして固まっているんです。

「・・・お前、何やってんだよ!」

「仕事よ仕事!すぐ終わるから待ってて・・・あむ、うっ・・・うん」

完全に勃起して反り返ているチンポから口を離した妹は、面倒臭そうに俺にそう答えてから、テラテラと唾液に光るチンポを咥え直してフェラを再開しました。

「・・・あ・・・あはは・・・は・・・は・・・はぁ」

さっき悲鳴に近い声を上げた女の子を見ると、半泣きのまま笑顔を作ろうと引き攣りながら笑っています。

「うぁ・・・輝美ちゃん・・・やめ・・・くあぁ~」

その間も妹のフェラは続き、猛烈な速度で頭を動かしてジュポジュポと卑猥な音を響かせていました。

「うわぁ~・・・最悪!」

ついに男は発射してしまったんでしょう。
妹にチンポをしゃぶらせていた、というか強制的にフェラされていた男が情けなさそうな声を出します。
発射後もチンポをあやすようにゆっくり頭を上下させていた妹が、ゴクッと音を立てて絞り取ったモノを嚥下すると、不機嫌そうに食ってかかりました。

「なにが最悪よ!最高に気持ち良かったでしょ?」

事態の成り行きに茫然自失の俺とサッカー部の連中を尻目に、妹が淡々とした調子で、『祝勝会』の中身を説明してくれました。

「わかった兄貴?だ・か・ら、これもマネージャーの仕事。お仕事なの」

妹の説明によると、サッカー部の祝勝会なるものは、みんなで酒を飲んで最終的には乱交パーティでお開き・・・という流れになるそうな。
そして妹の身体を楽しむ権利は、試合で活躍した順番に与えられるのだとか。

「まさかお前、金取ってんのか?」

「取ってないよぉ、無料奉仕の公衆便所!」

俺と妹の身も蓋もない会話に他の連中はビックリ仰天。
しかし、高校時代の逸話を暴露してやると大爆笑して、慌てて着込んだらしい服を再び脱ぎ捨てて、乱交パーティは再開されました。
妹は俺の見てる前で、3日前の試合でゴールを決めた選手と本番をやってのけました。
さすがに生ではなかったです。

「兄貴もやらせてもらいなよ。私の他にも便所は2人いるんだからさ」

以前、サッカー部では学年ごとに2人のマネージャーがいるという話を聞いた覚えがあります。
1年の妹を含めて3人いるんだから、2人のうちどちらかは、あるいは2人とも・・・。
先輩を『便所』とコキ下ろす傍若無人な発言。
そして兄の前で平然と本番する妹・・・。
乱交パーティは大盛況のうちに終わり、俺もサッカー部所有の便所マネ2人を、ありがたく使わせて頂きました。

両親がいないのをいいことに、自宅で開催された乱交パーティに参加してから3ヶ月、サッカー部のマネージャーを何人か摘み食いさせてもらいました。
妹には負けますが、俺もそこそこモテる方なので、あの日参加していなかったマネージャーに声をかけるとすぐに釣れたんです。
寝物語に聞き出した話では、妹は呆れるくらいセックスに奔放で、最初から祝勝会で乱れまくったそうです。

「ほんとに驚いたわよ、1年のマネって最初は尻込みするのが普通なのに」

「輝美ったら初めからノリノリでさ、しかも馴れてる感じだったの」

初めての祝勝会では1年生を乱交に馴れさせるためにマネージャーは全員参加で、見物だけでもいいからと誘うらしい。
とにかく乱交がはじまると、初めは嫌がってた子が興味津々になって、いつの間にか参加するようになる。
というか、そうなるように仕向けるのだとか。
レギュラーからは、絶対に妹が参加するようにしてくれと、土下座までされたらしいです。
そして、なんとか輝美に手を付けようと、彼女達の不興を買うのを承知でチヤホヤと褒めそやし、鼻の下を伸ばしまくったそうで。
まあその辺は、高校時代の妹の手腕を知っている俺としては容易に想像できるし、聞く必要もないのですが。
ところが蓋を開けてみれば、あれだけの美少女が、自分から仕掛けるようなヤリマン。
そして顔に似合わぬストレートな物言いが大ウケだったそうです。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました