出張先のデリヘルで出会ったリアル人妻に生挿入

この体験談は約 3 分で読めます。

出張先の北陸の地方都市で、駅前のホテルに泊り、人妻デリを呼びました。
初めての店なので、とりあえずフリーで細身の30代を希望。
20分ほどで嬢が到着し、ご対面。
どう見ても25、6歳の若い子が来ました。
細身で可愛いので文句はありませんが、エロい人妻を予想していたので、ある意味期待外れでした。

とりあえず他愛のない会話でお互いの緊張をほぐします。
彼女はミキちゃんと言って、年齢は27歳。
リアル妻で子供は1人。
旦那は夜勤が多く、今夜も仕事らしいです。
事情があって短期間にまとまったお金が必要なので、内緒のバイトを始めたとのこと。

そして今日が風俗初出勤で、なんと私が1人目でした。
なんとなく処女を抱くような気持ちになります。

私はすでにお風呂を済ませていたので、ミキちゃんだけシャワーに行かせ、ベッドで待機します。
5分ほどでシャワーを終えて出てきました。
バスタオルを巻いて恥ずかしそうにベッドに入ってきて、「どうすればいいですか?」と聞いてきました。
本当に初めてみたいなので、キスから全身リップ、フェラの流れで奉仕してもらいます。
プライベートは受け身だそうで、全身リップはぎこちないですが、それが逆に素人っぽくて(事実、素人だけど)そそられます。

リップの間にバスタオルを外して、背中やわき腹、胸を愛撫するとよく反応して、「あんっ」と可愛い声が漏れます。
それに、まだパンティを着けたまま。
そんなにセクシーではないけど野暮ったくもない、可愛い感じのパンティです。
彼女にすれば風俗デビューの最後の砦のような気持ちなのでしょうか。

フェラはなかなか上手で気持ちがいいものでしたが、私も攻めたくなったので攻守交代しました。
キスをして胸を責めると必死に声を抑えていますが、我慢できずによがり出し、自然と声が漏れます。
乳首を口に含んで転がしながら右手で秘部を触ろうとすると、反射的に足を閉じますが、パンティの上からクレバスをなぞるように愛撫したらスッと力が抜けました。
パンティ越しにでも濡れていることがよくわかります。
というか・・・、愛液が2重になった生地を越えて染み出しています。
脱がしにかかると粘りのある愛液がパンティとの間に糸を引いてエロいです。
太ももの付け根や内腿に舌を這わせ、焦らすと腰をくねらせて感じています。
秘部は綺麗な色で、あまり使っていない感じでした。

突然クンニを開始したら、一瞬息を呑むようにして体をこわばらせ、次の瞬間・・・。

「いやぁ~、すごぃぃぃ~」

愛液は粘りがありますが、無臭で少し甘い味がします。
隆起した大きめのクリを舌でチロチロ舐めてやると体をビクビクさせて腰をくねらせ、「いい、イキそ~」と言うので、寸止めして感度のいい体を楽しみました。
すぐにヌルヌルに濡れてくるので、結構淫乱なのかもしれません。

指マンで3回目の寸止めをした時、セットしたタイマーが鳴りました。
残り時間を聞くと、「あと15分です」とのこと。
ちょっと楽しみすぎたので時間が足りない感じです。
そこで軽い気持ちで、「イキたくない?エッチしようか?」と言うと・・・。

「はい、イキたいです・・・。でも、絶対内緒でお願いします」

OKがもらえました。
でもゴムがないので、外出しの約束で生エッチしました。
入れるとすぐにイッてしまい、さらに一度イクと何度もイク体質のようで、数え切れないくらいイッていました。
子供を産んでいる割にはよく締まり、気持ちのいいエッチができました。
性格も良く、容姿も私好みで感度良し、エッチの相性も良いようです。

ミキちゃんも、「やさしい人が初めてのお客さんでよかったです。エッチも気持ちよかったし、今日はありがとうございました」と言ってくれました。

携帯番号とアドを交換して、「次回も必ず呼ぶから」と約束して、その日は終わりました。

タイトルとURLをコピーしました