2人で私を壊して・・・

この体験談は約 12 分で読めます。

仕事も終わり、久し振りにカラオケでも行きたくなったので、幼馴染みであるYへ電話しカラオケに誘いました。

「久し振りにカラオケでも行こうか!!」

Yも今日は予定もなくOKとのこと、仕事が終われば私の家に来てくれることになったのです。
そしてYに「じゃぁ23時頃に迎えに来てくれよ」と伝えて、2人でカラオケに行くこととなりました。

さて、私は兼ねてから家内をノーパンパンストにし、白のタイトミニを履かせ、一度でもいいからカラオケに行こうと思ってました。
しかし、それは私と2人だけで出かける時にしか実行してくれなかった秘め事だったのです。
私は、友人と一緒にカラオケへ行く時にその格好をして欲しいという願望が常にありました。
勿論セックスの時にもそんな話をして洗脳させるように努めて来たのです。

「今度Yとカラオケ行く時にしてくれる?」
「直履で短いスカートで?・・・。いいよ、行ってもいいよ」

そして私は繰り返して言うのです。

「そんな格好でYとカラオケ行けば、何かされそう?」

すると家内が、

「・・・うん。3Pされそう」

私はすかさずセックスの最中にこう続けるのです。

「一度でいいから3Pしよう。一回だけでいいから、お前が可愛くて愛しているからそう思うんだよ」

家内はこう言います。

「本当にいいの?してもいいの?」
「いいよ。やろう」

家内は、

「いいの?やってもいいの?」

そう言うと一層燃えて来るのです。

そして私は言います。

「口と下とどっちが欲しい?どうして欲しいの?」
「両方欲しい、どっちもして欲しい・・・」
「一人じゃあ出来ないよ?どうしたらいいの?お前はどうされるの?言ってごらん」
「私のおまんこと口にチンポを入れるの・・・、3Pするの・・・、私を男2人でやるの・・・」
「お前のまんこに違う男に入れられるのもいいの?」
「うん」
「やりたい?」
「やって・・・。男2人でやって」

そして究極の言葉を投げるのです。

「『Yさん来て』と言って!!」

家内は言いました。

「Yさん入れてっ・・・」

そんな感じでセックスの度に洗脳して行ったのです。
要は家内を一度でいいから、そんな姿にして、私の友人と一緒にカラオケに連れ出したいのである。
別に本当にどうこうするつもりは全くないが、白のタイトミニで、ノーパンパンストの姿で家内がどんな表情をし、どのようになるのかを観察したいのです。
そして今日は、それを決行するべく早速帰宅途中に自宅へ電話し、白のタイトミニでノーパンパンスト姿で家で待つように伝えたのです。
勿論、Yとカラオケに行くという事は隠しました。

そして0時過ぎになってやっとYが私の家に迎えに来てくれました。
家内は少し驚いた様子で私に聴いてきた。

「Yさんと約束してたの?」

私は間髪入れずに「カラオケに行く?」と聴くと、家内は「え!?じゃぁ少し待って着替えるから・・・」

私はその言葉を聴いて即座に言いました。

「もうそのままでいいだろう、もう時間もないし・・・」そう言ったのです。

何も知らないYは、「行こう!!」と家内を誘ってくれたので、家内も仕方なくそのままの格好で出掛けることとなってしまったのです。

ボックスに入り、私と友人はジンウォッカを注文、家内はモスコミュールを注文しました。
店員に案内された部屋はとっても広く、壁が鏡張りになって改装されていたのでした。
ソファーも低く、家内はハイヒールを履いてたので、つねにスカートの「奥」が気になっていたようです。
何とも全てが整っていて、何か期待してしまうが、それが怖いと言うか・・・。
そんな思いに搦まれる言い難い気持ちになっていました。
そして2時を回った頃、各自お酒も回って来て、唄も絶好調!やっと賑やかな雰囲気と熱気の中、唱って唱っての連続でした。
友人も音痴を曝けながら楽しくはしゃぎ、家内もステージで唱いはしゃいでいたのです。
友人も遠慮はしながらも常に家内の足や腰を見てました。

そんな3人で騒ぐ中、家内もリラックスしたのか、少し酔っているのか股も甘くなり、低いソファーにハイヒール、そしてミニスカート、ストッキングは穿いてはいるが中は生。
また、このカラオケボックスはステージになっていて、唱っている真ん前の壁の鏡から、丁度家内の座るソファーにライトがあたっていたのです。
(まぁ敢えてそのソファーに座らせたのですが・・・。)

そして、はっきり照らし出され、まるであそこの部分だけスポットライトを浴びているように、何もかも綺麗に鏡に映し出されてしまう状態だったのです。
また、座っているとスカートが少し上がって来るようで、パンスト上部の切り返し部分までがハッキリと見えてしまってました。
そこには何とも言えない一種独特の雰囲気が漂っていたのです。
私の唄が終わり、次は友人の番です。

家内に「見えてるぞ」と言うことも出来ず・・・と言うより、私のもう一つの思いの中に、友人に見せろ見せろと言う願いが芽生えていたのが事実です。

そして、友人がステージに立って唱い出した途端、偶然なのか、たまたまだったのか、家内が何度か足を組み替え、敢えて見て下さいと言わんばかりの仕草をしたのです。
友人は間違いなく気付いたでしょう。
そうでなくとも短いスカートで足を見せているのですから、男としては例え友人の妻だったとしても、一人の女として見ているのです。
友人は家内と目を合わさないようにし、その目のやり場に困っているようでした。
そして、友人が唄を終えた後、家内はトイレに出て行ったのです。
友人と私の2人となり、友人はすかさず私に聴いて来ました。

「嫁さんノーパンちゃうんか?見えたぞぉ!」

私は何か熱いようなものを感じました。
嫉妬というか家内の行為に対してです。
男って勝手なもんです。
そうなるかも知れないと言う期待と怖さが少なからず私にはあったのですから・・・。
そして私は友人にこう切り返したのです。

「Yが来るとは言わんとそんな格好させて見たんだ、今日は直履になってる」

友人は驚いた顔をしながらも、生唾を一つ飲み込んだのです。
しかもこう友人は言って来ました。

「立ってもうたぞっ!!」

長いカラオケタイムも終わりに近づき、友人の車で私の家に帰宅することにしました。
そして家内を後ろのシートに乗せたのですが、かなり酔っているようなので、心配になったのです。
あまりお酒も飲んでないのにどうしてかと正直心配でした。

私は家内が気になり、友人に「家内がかなり酔っているようだから俺は後ろに移るよ」と伝えて、一旦車を停止してもらい、後ろのシートに移ったのです。

「大丈夫か?」
「うん・・・」

友人も心配そうに「大丈夫か?」と声を掛けてくれました。

しかし、私はどうもおかしいなぁと思っていたのです。
それはいつもと変わらない量のアルコールで、こんな酔ったようになるのはどうしてか?と・・・。

そして私は「ハッ」としたのです。

その瞬間咽が乾くと言うか、全身が震えるような気持ちと興奮を憶えました。
私はすかさず友人にバレないよう直履のパンストの上から家内のアソコを「ソォ~ッ」と触ってみたのです。
私の直感は的中しました。
自分でも哀しいと思ってしまったのです。
やっぱり女だったと、身体は欲していると、そして、とんでもないくらい濡れていたのです。
かつてにはないくらい火照っていて、とても熱く、いつでも受け入れる完全な女の身体になってしまってたのです。

きっと家内は、カラオケの最中から他の男性の前でそんな格好のまま連れ出され、常に不安を抱えながら、そして期待しながら何かを想像し続けていたのでしょう。
そして唄を終えてボックスを後にした頃からピークに達し、興奮していたのだと私は確信しました。
また、家内はかなり敏感になっていたのか、触った途端に「あぁぁーっ・・・」と声をあげてしまい、友人に気付かれてしまったのです。

「女って不思議だ」と、この時思いました。

何もしてないのに、どうしてこんな具合になるのかって・・・。
やっぱり何かを期待していたとしか言いようがありませんでした。
しかしそれは、私と家内とのセックス時に洗脳し続けて来た事が、今まさに実現するのではないかという妄想と、不安とが搦み合って、家内は理性を失って行ったのでしょう。
友人は冗談っぽくこう言いました。

「ホテル行こっかぁ!」

そして私も冗談っぽく「そうやな、もう遅いし、とりあえずそうしよう」と・・・。

それを聴いた家内は一層息が荒々しくなり、更に興奮を増している様子だったのです。
少しでも身体に触れると感じるような状態でした。
身体全体が過敏になっているようでした。
そして家内は、今の今まで、私以外の男性とは一人たりとも経験していないのです。
家内は何も言わず、断わりもせずただただ黙っているだけでした。
そんな家内を見て私は確信したのです。
今日は大変なことになりそうだ・・と。

そして近くのホテルに着き、とにかく入りました。
私も幼馴染みのYも息が荒くなり、興奮してしまって何がどうなっているのか判らなくなっていました。
とにかく部屋に入り、先にYからシャワーを浴びるように言いました。
その暫くの間、再び家内のあそこを確認すると、太股つけねからストッキングの周り全体に渡って、白い液と透明の液とでべとべとになっていました。
そして家内に私は言いました。

「どうなるか判ってる?」

家内は「うん・・・」そして私は何をするかまで聴いたのです。
いつものように・・・。
すると家内ははっきりと言いました。

「3P・・・貴方はそれを望んでいたでしょ?そうなると判っていて私にこんな格好にさせたのでしょ。ほんとにいいの?」

私は再度聴きました。

「今日は安全日か?」

家内は「違うよぉ・・・」と答えました。

しかし、それを聴いた私は更に興奮してしまったのです。
可愛い家内、愛しているからこそ壊したいという気持ちが芽生えたのです。
どうせやるなら本気でしたいと思い、コンドーム無しで「生」で私と友人のザーメンを家内の子宮奥深くへ放り込むことを決め込んだのです。

友人がバスタオルを腰に巻き付けてシャワーから出て来ました。
家内はソファーに横たわったまま、なるがままになるような体勢になっていました。
スカートが捲り上がり、直履きになっているデルタが濡れているのもはっきりと見えていたのです。
友人が腰に巻いているバスタオルが勃起で膨らんでました。
そして、私は恐ろしいことを友人にお願いしてしまったのです。

「コンドームは必要ない。生でするから・・・」

友人は驚いて私に確認しました。

「出来たらどうするつもりや?それは不味いやろ?」

私は言いました。

「可愛い妻だからこそ俺は壊したい。こんなことになるとは思ってなかったが、こうなった以上俺も本気で家内を壊す。だからYも本気で壊すつもりでやって欲しい」

するとYは、

「妊娠したら困るやろ、中出しはええけどお前の嫁さんやろ・・・」

私は更に説得しました。

「妊娠させるんやって、だから中で出せって言うたんや、Yの精液で妊娠させよう、ギリギリのところでやるから快感がある。その一番最後の、最後の一線をも越えて、妻を一緒に壊して欲しい。家内もそれを知れば死ぬつもりで応えてくれると思うから、快感は生死の狭間で快楽に変わるんや・・・」

Yは言いました。

「わかった。お前の嫁さんの中でイカせてもらうわ、ワシとしては嬉しいことやけどなあ、後で嫁さんの身体がどうなっても知らんからな・・・」

そして始りました。

ソファーに横たわる家内の服を友人と私の2人で愛撫しながら一つずつ脱がしました。
私はキスをし、友人は家内の下を脱がして愛撫していたのです。
2人の男の唇が家内の全身を愛撫しているのです。
そんな初めての体験に家内も興奮し、ただそれだけで頂点に達していったのです。

友人の愛撫で家内の秘部からグチャグチャと音を立てて聴こえて来ます。
私は家内の乳房を愛撫しながら聞きました。

「欲しい?」

家内は言いました。

「欲しい・・・。上も下も欲しい・・・」

家内を四つん這いにさせ、Yと私の物を秘部にあてがいました。
そして家内に聴きました。

「どっちのチンポがいい?」

「Yちゃん入れて。突っ込んで・・・」と、家内は友人のチンポをあてがったのです。

洗脳して来た事が、今まさに現実として起っているのです。

Yが家内にゆっくりと挿入。
家内は「あぁぁーっ・・・」と声を上げ、自ら腰を振り出しました。

「いい。いい。もっと深くぅ。お願いYちゃん。お願い!」

Yは太くカリが張ったマラで、家内の後ろから激しくきつく突き上げるように、そして叩くように突いてました。

家内はその凄まじいYのビストン運動に、

「凄いー・・・凄いあぁぁ・・壊れる・・痛い・・でもいい・・子宮に当たってる・・痛いっ・・でもいい・・」

Yもそれに応えるべく家内に語りました。

「お前の子宮を突き抜けてもええか?もっと苦しいぞっ!」

すると家内は、

「いいよ・・壊して・・・もうどうにでもして・・」

するとYも「壊すぞっ!子宮がどうなっても知らんぞっ!!」と言い、Yは今まで以上に叩くように家内の秘部を後ろから攻めたのです。

Yは私に、

「ええマンしてるなぁ。お前の嫁さんのマンは、ビチャビチャやなぁ・・・あぁうっ。子宮に当たった」

後ろは肉棒をとことん深くまで受け入れる体位なのです。
家内は狂ったメスのように、

「はぁああぁああ。あっあっ・・・。あぁあああ!!駄目ーっ!あぁぁぁ。あ・・」

そして私は、家内の口へ放り込んだのです。
家内は息もマトモに出来ない程でした。
全身が汗まみれになり、塩っぱい肌と濡れた長い髪が家内が一層綺麗に、そして女はされることで美しくなるんだと実感したのです。
四つん這いになる家内を友人のYが執拗に攻め立てている光景を目のあたりにし、何とも複雑な気持ちに駆られました。
そこで私は家内を呼んだのです。

「こっちを見ろ」

家内と私の目が合いました。
潤んだ目と口で吐息を吐くその光景に私は嫉妬にかられつつも聴きました。

「Yのはどうや?もっとしてもらうんか?」

「いいよ・・。あぁん。あんあんあん・・・。Yちゃんもっとして。もっと・・・」

私は妻に聴きました。

「これからお前を壊してもいいか?本気で壊しても?」

すると家内は応えました。

「いいよ・・・。壊して。もうどうにでもして・・・。やって・・」

そして今度は、私が下で仰向けに家内を乗せ、上から友人が家内に被さり、サンドイッチ状態となりました。
何をするのかは家内の秘部に対し、私と友人の物を同時に挿入することです。
まず最初に私が家内の秘部へ半分ほど挿入し、その後、家内に被さる友人が秘部へ半分挿入したのです。

友人は「きつい・・・」と言い、私も「きついなぁ・・・」と言いました。

家内は大きい悶えるような声を上げてました。
家内は言いました。

「はぁん・・・。壊れそう。凄い・・。2本なの?・・・あぁっ・・あん」

Yと私の2本の肉棒が家内の秘部へ挿入されました。
湖の如く溢れる洪水のような家内の秘部は、男2人の男性自身を迎え入れてくれました。
少し血で滲んだ家内の愛液、友人の肉棒が私の肉棒と擦れ合い、同時に激しく腰を振ることは出来ませんが、同時にゆっくりと挿入し合ったのです。
友人は家内の乳首と唇を愛撫し、私はうなじと背中を愛撫し、男2人で家内を至極の世界へ導きました。

そして友人が家内に言いました。

「出そう・・・」

すると家内は言いました。

「中はだめなの・・・」

そう言う家内を見て私は言い放ちました。

「俺もイキそう・・・」

すると家内は声を震わせながら、

「今日は出来ちゃう・・・」

私は友人に言いました。

「Yちゃん、さっきのように子宮入り口まで奥深くに入れて中で出して」

すると家内は、

「いやぁーぁ・・お願いやめて。お願いだから・・・」

友人は聞きました。

「イってええんか?ホンマに嫁さんの中で出してええんか?」

私は家内にこう言いました。

「子宮で受けてくれ、全部受けくれ。2人を受けてくれ、お前の子宮で。妊娠するかも知れないと言う最後の一線を越えるのが、理性を捨てたセックスになるから。お前が自分自身を捨てたらもっと凄くなるよ・・・」

すると家内は、

「何もかも失って構わないのね・・・」

私は家内に言いました。

「全てを捨てて堕ちるまで堕としてやる。そんな女に今はなれ。それとも抜こか?やめるか?」

そう言うと家内は、

「いやぁ・・・」

私はやらしく聴きました。

「2本とも入れて欲しいんか?どっちや?1本とどっちがええんや?」

「・・・2本がいい」

そう言う家内を見て私は本気で壊してやろうと思いました。

私は家内に、

「入れて欲しいんやったらお前の子宮で全部受けろ、嫌やったら今ここで抜いて終わりや、どうする?」

家内は泣きながら答えました。

「いいよ・・・。2人とも中で出していいよ・・・。いいからして」

家内に言いました。

「覚悟したのか?」

家内は涙を流しながら素直に頷いたのです。

すると友人が、

「うっ・・・おぉっ・・・あぁぁ・・・」

家内が、

「あぁぁ・・あぁっ」

どうやら友人が家内の中で発射してしまったようです。
勿論子宮まで届く肉棒を思いっきり挿入したまま・・・。
そして泣きじゃくる家内の子宮目掛けて私も射精しました。

「今、俺がお前の中に出してるよ、さっきのはYちゃんの分、今度は俺の分」

家内の秘部から白い液体が溢れるように流れて来ました。
そして家内がこう言いました。

「私、死ぬかも知れない・・・」

私は射精したのにも関わらず即復活したのです。
そして家内に言いました。

「壊したい。とことん堕としたい。お前を殺すかも知れない。だからもう死ぬと覚悟を決めて、諦めて、俺と友人を全て受けてくれよ、お前はそんな女になったんだから、お前の子宮にもう一度2人の愛を受けてくれよ。この世が明日で終わると思えば最高の快楽を得ることが出来そうだから・・」

そう説明すると家内はこう言いました。

「いいよ・・2人とも好きにしていいよ・・・もう私は私じゃあないから・・・」と往生してしまいました。

その瞬間家内は、私と友人の2人の男性自身を、自ら腰を揺らして深く深くおさめ出したのです。
まるで確かめるかのように我々自身の根元まで。
そして家内はこう言いました。

「最高・・・。もっとして・・・。もう私、どうなってもいいから。死んでもいいから・・・。2人で私を壊して・・・。とことん堕として」

家内の秘部は溢れる愛液と、男2人の肉棒を同時に受けたせいで出血も少し多くなりました。
それでも友人は再び家内を強く抱きかかえ正常位の状態から挿入、家内の腰を両手で抱え上げゆっくりとしたピストン運動で大きく抜き出ししたのです。
家内の秘部からはビチャビチャと音を立てながら全てを受けているのでした。

Yが私に言いました。

「嫁さん出血が少し酷くなったなぁ、悪いけどそれでもワシ本気で壊すで、妊娠させるぞっ・・」

そう言いながら子宮を目掛け射精、その時、もう家内の身体はボロボロになってました。
ぐったりとした妻を見て、今度は私が家内を四つん這いにさせました。
その時、家内は私とYに語りかけて来ました。

「とことんして、お願い。好きにしていいよ・・・。だけど最後にお願いがあるの、きっと妊娠したと思うから、2人で私を好きにしたら、最後に殺して。もう普通の女にはなれない、こんなことされたら、もうこれしか出来ないと思うから・・・ごめんね、そうなっていくと思うから」

そして私の肉棒がそんな家内を見て更に激しく壊す思いで打込んだのです。
妻の子宮の入り口に先が当たりました。
私は更に家内を引き寄せ、更に一段深くゆっくりと入れたのです。
妻の子宮の入り口が私の肉棒先端を包み、そこから更に、叩くようにきつく激しく攻め立てたのです。

「痛い・・・もう駄目・・・死にそう・・・あぁ。殺して・・私・・もう駄目かも・・ああぁぁ」

家内は出血が更に酷くなりましたが、それでも私は止めませんでした。
家内に伝えました。

「お前、今かなり出血してるんや、でも、それでも俺は止めへんで、」

そう言って今度は正常位となり打ち続けたのです。
家内に放り込む自らの肉棒を見ると、そこはYと私の精液で白い液体と家内の血液が混じり合ってました。

それでも家内は、

「本気でどうなってもいいと思ってるの、子宮から出血したと思う。でも凄くいい、とってもいい。Yちゃんも一緒に入って来て・・・。一緒にして。もっと愛して」

家内は失神していました。
私は言いました。

「子宮に入ってるから発射するよ」

家内は何も言葉を発せず、ただ言われるままの奴隷となってました。
抜いても抜いても私とYの白い液体だけが妻の秘部を埋めてました。
それでもYと2人で家内を愛し続けました。
死んだようにグッタリとする家内はとても綺麗でした。
あそこだけは感じているのです。

とても激しく、家内が私以外の男を初めて知った日でした。