登山中にレイプされた女子高生

この体験談は約 3 分で読めます。

大学生の頃、登山同好会というものに入っていた頃の話。
メンバーは男性5人、女性4人。
いつもは地元の山や少し遠出して県外なども行ったりしていたが、一度外国の山にも挑戦してみようということになった。
メンバー全員、外国へ行けるということでワクワクしていた。

ただ、今回は外国ということもあり、山登りをしている社会人の団体と一緒に行くことになった。
そしてその方達と初顔合わせ。
数人の大人達に混ざって若い女の子がいた。
年を聞いてみるとまだ女子高生だった。
どうやらそのグループの中の人の知り合いの子供らしい。
AKBの指原によく似た、足の綺麗な女の子だった。
俺はひと目で惚れてしまった。

そして外国へ出発して、いざ山を登ることになったのだが・・・。
2日目、山の天候が急に悪くなってしまい、これ以上は危険だと判断して下山することになった。
あまりの悪天候で、救助隊を要請しなくてはいけないほどのレベルだった。
連絡を取ろうと何度も無線機で呼びかけてみたが応答がない。
とりあえずテントを張り、残る人と降りる人を決めた。
俺たち大学組のうち、残ったのは俺と女子2人。
社会人組は男性1人と少し年配の女性と高校生の女の子。
それから1日ずっと待っていたが誰も来る気配はなく、みんなテントの中でじっと待っていた。
食料も少しは持ってきたが、そこまで長居するつもりはなかったので余裕もなかった。

すると、社会人組の1人が近くで小さな廃屋を見つけたらしい。
ただ全員は入れないので、女性を優先してそこで寝泊りさせて、俺たち男はテントで眠っていた。
幸い夏でそこまで寒さに凍える心配はなかったが、空腹でみんな疲れ果てていた。
とりあえず近くで少しでも食料になるものを探そうと、俺と年配の女性と大学生の女子で辺りを散策していた。

これが間違いだった。
今、廃屋に残っているのは、社会人の男性、大学生の女子、高校生の女の子。
忘れ物を思い出したので一旦廃屋に戻り、中に入ろうとした瞬間。

「んっ!んっ!」

中から喘ぎ声が聞こえてきた。
窓からそっと覗いてみると、同じ大学の女の子が社会人の男に覆い被さられ、何度も腰を打ち付けられていた。
レイプされていたのだ。
服が捲られていて胸が丸見え。
そしてズボンは脱がされて、男に何度も突かれていた。
手で口を覆われ、声を出せない状態の喘ぎ声が廃屋の中に響いている。
時折男の手が外れて、「やめて!」と懇願している声が聞こえるが、空腹で体力が落ちているせいかほとんど抵抗出来ないでいた。

「やめろ!何してるんだ!」

俺はドアを勢いよく開けて男に掴みかかった。
男はびっくりした顔で、「ごめん、出来心だったんだ!」と言っていたが、腹が立った俺は一発顔にパンチをお見舞いしてやった。
そのまま男は服を抱えて逃げていった。
危機一髪中出しは免れたようだが、大学の女の子は精神的ショックで涙を流しながら呆然としていた。

そういえば高校生の女の子がいない。
不安になって辺りを探してみたが見つからない。
最初にキャンプしていた場所まで行ってみると、テントがひとつだけ残っていて、そこに人影が見えた。
次の瞬間、頭に衝撃が走り俺は意識を失ってしまった。
目が覚めたとき、俺はガチガチに縛られた態でテントの中で横たわっていた。
その横では、高校生の女の子が先程のレイプ男に無理やり犯されていた。
男に体中を舐め回されている。

「やっぱり若い女の体はいいな。たっぷりやらせてもらうからな」

無残にも男のモノで何度も突かれていた。
高校生の子もほとんど力が入らないのだろう、泣きながら何度も男に突かれていた。

「今度こそ中に出してやる」

「嫌ぁぁぁ!」

女子高生は必死に抵抗したが、膣内に出されてしまったようだ。
縛られた俺はその一部始終を見せられた。
そして事が終わると、男はまたどこかへ逃げていった。
その後、食料を探しにいった年配の女性がテントにも来てくれて、ようやく俺は解放された。
1週間後、ようやく救助隊が来てくれたが、色々な意味でみんな意気消沈だった。
処置が間に合わず、女子高生は妊娠してしまった。
逃げた男は他でも外国人女性を何人もレイプして逮捕された。
現地のニュースでそのことを知った。
大学の登山同好会は、帰国後解散した。

タイトルとURLをコピーしました