近所のおばさんに筆おろしされて引きこもり生活から脱却

この体験談は約 5 分で読めます。

俺の名前はミツアキ。
今年の誕生日が来れば22歳になる。
小学校のときの同級生たちは、もう働いていたり、大学に行っていたり。
そういえば結婚して子どもができた奴もいると聞いた。

俺はいわゆる引きこもりだ。
中学3年の時にいじめを受けてつまずいて、なんとか高校に入れたものの、そこも1ヶ月ほどで行かなくなって、以来今日まで自宅の2階の部屋に籠もっている。
小さい頃から内向的で、友達と遊ぶのが好きではなく、いつも1人で絵を描いていた。
今では気が向いたときにイラストを描いて、クラウドソーシングで売って小遣いにしている。
それくらいしないと共働きの両親への顔が立たないというわけだ。

引きこもりの俺は、いつも引け目を感じながら生きてきた。
欲しいものを買う時は通信販売。
コンビニに行くときは夜中。
小さな町とはいえ、人の目が気になった。
みんなが俺に対して後ろ指を指しているような気がした。
真面目にせっせと働いている人たちは親元で引きこもっている俺のことを蔑み、バカにしているだろうと被害妄想的に思っていた。
しかし、そんな人ばかりでもないことをやがて知ることになった。

夜中に行くコンビニ。
エナジードリンクとかスナック菓子を買うついでに立ち読みもした。
ほとんどがエロ本だった。
俺は、人妻・熟女モノが好きだった。
性に目覚めた小学校高学年の頃から、同世代の女の子より、友達のお母さんとか近所のおばさんとか、学校の女の先生に目が行った。

俺が、そうした熟女のいやらしい画像が載っているエロ本を読んでいると、店のオーナーと思われるおばさんが品出しを始めた。
眼鏡をかけた40過ぎくらいの美人でもないブスでもない人だった。
俺は横目でちらちら、しゃがんで品物をケースから取り出しているその人のことを見た。
そのおばさんと同じ年代の女性がエロ本でいやらしい格好をしている。

(このおばさんも、こんな格好するのかな)

そう考えるとズボンの中が膨らんできた。
夜のアルバイトが確保できないのか、いつも夜中にそのコンビニに行くたびに、そのおばさんがいた。
俺は話しかけられたくなかったが、おばさんが話しかけてきた。

「他に読みたい雑誌があったら言ってね」

俺はドキリとした。
おばさんとは赤の他人という安心感があって、その横でも平気でいやらしい雑誌を読んでいたのだが、話しかけられてしまった。
おばさんは俺がエロ本を読んでいたのも気づいているだろう。
気まずさと共にエロい気分になってきた。
帰りにエナジードリンクを買ったが、レジでお釣りを渡されるとき、そのおばさんに手を包み込まれるようにされた。
俺は夢遊病者ように家に帰り、湿ったベッドの上に寝転がるとチンポをしごいた。

俄然、俺はコンビニのおばさんを意識するようになった。
夜中のコンビニに行く目的が、おばさんに会うためになった。
おばさんが近くにいてもエロ本を立ち読みした。
おばさんは表情を変えることなく、「アルバイト募集してるんだけど、やらない?」と聞いてきた。
しかし、引きこもりの俺は接客なんて絶対無理だったので、「いや、いいです」と断った。
いつもおばさんはお釣りを渡すとき、手を包み込むようにしてきた。
俺は、(絶対にエロいサインだ)と思った。
童貞の俺は、最初は全く意識することのなかった美人でもブスでもないコンビニのおばさんとセックスすることを思い浮かべて、オナニーすることが多くなった。

その夜もコンビニでおばさんと会い、俺の気持ちは昂ぶっていた。
家に向かう途中、犬を散歩させている人が歩いていた。
追い抜こうとしたときに声をかけられた。

「あら、みっくん」

近所に住んでいる福本のおばさんだった。
母の友人で、たまにうちに来ることもあるらしい。

「久しぶりね。元気にしてた?」

引きこもりの俺はバツが悪そうに適当に返事した。
それにしても、なぜ日付が変わった深夜に犬の散歩を。

「なんだかサリーが興奮して吠えてしまって」

そう言うおばさんの方を見ると、街灯の明かりに照らされて長袖シャツがピッタリと体に密着していて大きなおっぱいの形が丸分かりで、しかもおっぱいの先端にはなんと乳首のポッチが・・・。
魔が差したとは、その時のことを言うのだろう。
その日もコンビニおばさんと会って欲情していたところへ、福本のおばさんの爆乳を間近で見てしまって、ついに制御不能となってしまった。
気がつくとおばさんに背後から抱きついてシャツの上からデカ乳を揉んでいた。

「ひゃっ」

おばさんはそう発して身を固くした。
初めて揉む女性のおっぱい。
しかも大きいやつ。
我に返ったおばさんが抑えた声で、「やめなさい」と繰り返す。
異変を悟ったサリーが激しく吠える。
俺はそれでも福本のおばさんの乳を揉んでいた。

「誰か来るよ」

おばさんのその言葉に俺は怯んだ。
俺は早足に家に向かった。
湿ったベッドに転がると、またチンポをしごいた。

次の日、昼前に玄関のチャイムの音で目が覚めた。
あまりにしつこく鳴らすので出てみると、なんと福本のおばさんだった。
俺はバツが悪そうに無言で頭を下げた。
おばさんは紙袋を手にしていた。

「ちらし寿司を作ったんだけど、良かったら・・・」

おばさんは家に上がり込んできた。
おぱさんは勝手知ったる他人の家の台所に入って、お湯を沸かしたりしていた。
いつになく化粧を入念にしている感じだった。
その後ろ姿を眺めていると、昨晩のドキドキが蘇ってきた。
俺はおばさんに勧められるままに、ちらし寿司に箸をつけた。
素直に美味かった。
食べ終わってインスタントのおみおつけも飲み干すと、おばさんが切り出した。

「昨日のことは黙っておくからね」

俺は再び頭を下げた。

「でも、どうしてあんなことしたの?」

おばさんの声はいつになく甘い声だった。

「興味があったの?」
「おばさんなのに?」
「サリーもびっくりしていたわよ」

10分後、俺は福本のおばさんに導かれていた。

「気持ちいい・・・気持ちいい・・・」

俺の部屋の湿ったベッドの上でおばさんは喘いでいた。
女性のおっぱいを舐めるのは初めてだった。
張りというものは失いかけてはいるが、大きく柔らかいおっぱいだった。
乳輪も乳首も大きくいやらしく、乳首を摘んだり舌で転がすと、おばさんは普段と違う女の声を出した。
おばさんは喘ぎながら俺の勃起したチンポを掴み出し、せわしなく触った。
俺もおばさんの手の動きに合わせて腰を動かしたが、おばさんの手のひらの滑り具合で、相当我慢汁が漏れていることを知った。

おばさんは待ち遠しい様子で俺のチンポを自分の股間に誘導した。
俺はされるがままになっていたが、先端が複雑な肉の合わせ目のようなところに接触したとき、一気に腰を沈めた。
おばさんがこの世の終わりのような顔をした。
俺は、なんとも言えない温かさに包まれて、思わず変な声が出た。
童貞卒業の瞬間だった。
初めてのセックスだったが、ネットの動画などで何十回、何百回と観てきたので、自分が動画に出てくる男優になったつもりで動いた。

「おっきい・・・硬い・・・」

福本のおばさんは目を潤ませながら喘いだ。
ブルンブルンと揺れるおっぱいに吸いつきながら腰を動かすと、おばさんはギュンギュン、チンポを締めつけてきた。
“締まる”という感覚を初めて体感した。
我慢の末に放尿するように、おばさんの中に射精した。

「こんなの初めて」

目を潤ませたおばさんは鼻声でそう言うと、俺のまだいきり立ったチンポを舐め始めた。
初めてのフェラ。
これも気持ちよかった。

その初セックスが俺のターニングポイントとなった。
それまで引きこもりとして後ろめたい気持ちで生きてきたが、引きこもりなりに自分の存在意義を示しながら前向きに生きていこうと心に決める儀式となったのだった。

タイトルとURLをコピーしました