巨乳の金髪デリヘル嬢と熱い国際親善

この体験談は約 8 分で読めます。

まずなぜデリヘルなんて呼ぼうと思ったかは簡単だ。
ムラムラしてたから。
そんなこんなで携帯サイトで検索をかけ、見つけたサイトはこんなの。

『多国籍外国人専門店』

(よーし、何でもいーや、どんとこーい!)

ってな感じで、1時間迷ってから電話をかけてみた。
電話からは気のいいおっちゃんの声が聞こえてきた。

俺「・・・」

緊張のあまり何を言っていいか言葉に詰まる。

するとおっちゃんが「お客さん、1人ですか?」と聞いてきたので、「は、はいそうっす・・・」と、やっと声が出せた。
するとおっちゃん、俺の声を聞いただけで若いヤツだとわかったみたいで、「お兄ちゃん、うちには可愛い子がたくさんいるし、値段も安いよ」と、気さくな感じで言ってきた。
この声で少し緊張も和らぎ、俺もいつも通りに話せたわけだ。

「ん、じゃあ一番可愛くてオススメな子を教えて下さい」

「今、8人待機しててね、オススメはリリーちゃんとメアリーちゃん」

俺は間髪入れずに、「じゃあリリーちゃんでお願いします」と言った。

その後、指定されたホテルに向かい、彼女を待った。
デリ嬢を待ってる緊張感といったら凄いぞ。
何回もトイレに行って何回も水を飲みまくったからな。
そしてホテルに入って20分後、部屋の電話が鳴り、フロントから「お連れの方をお通ししました」と連絡が入った。
受話器を戻そうとしたとき、部屋の入口が開いた音がした。
この時の緊張感は半端なかった。

緊張のご対面がやってきた。
扉を開け、玄関に立っていた人物は・・・正真正銘の金髪外人だった!
体型は少し小柄で少しポチャッとしていたが、それでもモーマンタイ!
鼻はスラッと高く、瞳の色は茶色だったけど、顔だけ見れば日本人タレントの倍は可愛い。
そしてなにより驚いたのは胸だ。

デカい!
デカすぎるにも程がある!

某マスコミが使ってるようなフレーズが頭をよぎった。
パッと見、(ホントにスイカでも詰めてんじゃね?)って思った。

リリーちゃんは片言な日本語で、「イチ時間、イチ万エン」と、言ってきた。
なんかいきなりテンション下がることを言われたが、それでもなんとか笑顔で「OK、OK」と言って、財布から諭吉を出して彼女に持たせた。

部屋に入るなりリリーは服を脱ぎ始めた。

「オフロハイル?そのままでイイ?」って聞いてきたので、「入ります」と答えた。

じつは風呂と歯磨きは家で済ませてきたのだが、やっぱり女の子と風呂に入るシチュエーションは楽しみたい。

彼女が後ろを向いた瞬間、あるものが目に入った。
刺青だ。
お尻の上に、翼が生えてるハートマークが彫ってあるのが見えた。
よくよくリリーの体を見てみれば、至る所に緑の彫り物がある。
漢字やら蝶やらいっぱいあった。

まぁ、でもいいやーと思い、彼女の待つ風呂場へ。
するとリリー、何を思ったかいきなり、「ちんちんばいーん」と俺の息子を平手打ち。
一瞬呆気にとられたが、「は、ははは」と、なんとか愛想笑いで誤魔化す。
俺の愛想笑いは、高校で鍛えられた伝家の宝刀と言っても過言ではない。

そこで何かに気づく・・・。
あれ、この子どっかで見たような・・・。
たしか大晦日のなんかのテレビで・・・。

(・・・あ、板尾の嫁に激似じゃん)

肌が真っ白と言うだけで、顔も体つきもそっくり。
そう思ってしまったら、もうリリーが板尾の嫁にしか見えなくなった・・・。
片言の日本語のくせにノリがやけに軽い。

「オニーサン痩せてルー♪アタシ、プニョプニョー♪すこーし肉もらってヨ♪」

しかし、そのおかげで緊張感はどこへやら。
俺はもうフィリピンパブの女とでも喋ってるような感覚になってきた。

そしてシャワーも終わり、ベッドへ向かう。
言うまでもないが、その時の俺の息子は反抗期状態だ。
臨戦体勢のままベッドに座る。
リリーは1人でぶつぶつと歌を歌いながらこちらに来た。
そして腰をくねらせ、体に巻いていたタオルを華麗に投げ捨てると、「カモ~ン♪」と言ってきた。
一瞬、板尾の嫁が完全にデジャブったが、リリーが流暢な英語を使った瞬間、まるで自分が洋画の中にいる感覚に陥り、その気になってきた。

まずリリーが俺の上に跨がり、乳首をペロペロと舐め回してくる。
その時点で俺の息子は暴発寸前!
自分が乳首が弱いなんて初めて知った瞬間だった。
限界が近くなり、無意識に足腰がクネクネと動いてしまう。

「乳首イヤ?」

甘い声で聞いてくるリリー。

「嫌じゃないけど、ちょっとくすぐったい・・・」

そう言うとリリーの手はおもむろに俺の下半身に伸びた。
そして左手でベッド上部に用意されたローションを用意し、そのまま俺の体のドバっとぶっかけてきた。
リリーはここで俺にダイナマイトバディーを押し付けてきた!
なんて表現していいかわからないが、デカい2つの物体が腹で踊ってるような感覚だった。
当然ながら気持ちいい。
するとリリー、いきなり素の声でこう言った。

「エッチする?」

今さらだが、俺は別に童貞を捨てるためにデリヘルを呼んだわけじゃない。
言葉を詰まらせながらも・・・。

「・・・う、ん・・・エッチは気分が乗ってからじゃないと嫌かも・・・」

若干怖さもあり、なんか知らないが格好つけて断ってしまった。

「デリヘルってエッチできるの?」

恐る恐る聞く俺。

「エッチはイチ万エン♪」

(金とんのかい!エッチはオプションかよ!)

心の中でツッコミを入れた後、「・・・んー、エッチはやっぱいいや、気分が乗らないとしたくないし」と、またまた嘘の言葉で格好つける俺。
するとリリー。

「男はミンナ下半身・・・でもアンタはココね♪」

そう言って頭を指差す。

(これ、褒められてんのかな?)

そう思いつつ、リリーのパイオツを揉みしだく。
リリーはおもむろに俺の下半身に顔を近づけ、そのままむしゃぶりついてきた。
リリーのフェラチオは、簡単言うとこんな感じだ。

・激しい。
・速い。
・痛い。

たぶんリリーの歯が俺の息子をガリガリと削りにかかってきてる。
もはや気持ちよさはどこかへ消え、痛みを我慢する時間が続いた。
するとリリー、何を思ったか69の体勢をとった。

(舐めろってことか?)

痛みを我慢して真顔で考えた。
当然、目の前にはリリーのオマンコがゆっさゆっさ。

(えーい、ままよ!)

意を決してリリーのオマンコに顔を近づける。

リリー「舐めルの禁止ヨ」

俺「・・・」

あ、言い忘れてたけど、パイパンでした。
あと、リリーの国籍はルーマニアね。

そのままリリーの攻撃は衰えることもなく続く。
当然、そんなんでイケるはずもなく、リリーのオマンコを眺めながら痛みに我慢する時間が続いた。
拷問に近い、これはまさに拷問に等しい・・・。
俺は意を決してこう言った。

俺「あの・・・もうやめようか?」

リリー「ソウダネ、あたしも顎が痛くなってきたから」

俺「・・・」

その後、風呂場で下ネタ全開リリーちゃんが発動。
愛想笑いで、右から左に受け流す俺。
少し談笑したのち、ホテル代の6000円を払い、ホテルを後にした。

しかし、こんなんで終わってしまうのは勿体ない。
ここまで来たからには、なんとか1発抜いて明日を迎えたい!
そう思い、リリーの後ろ姿を見つつ再び電話をかける!
もちろんさっきの店に。

おっちゃん「お!お兄ちゃんどうしたの?もう1人、いっとくか?」

まだ何も言ってないのに淡々と話が続いていく。

おっちゃん「じゃあ次はメアリーちゃん行こう!メアリーちゃん!」

俺「じゃあメアリーちゃん、60分でお願いします」

悟りを開いた俺にもう怖いものなんて何もなかった。
すらすらとそう言えた自分は、かなりリア充度が上がったと思う。

そして再び同じホテルに入り、今度は別の部屋に入った。
そして緊張することもなくメアリーちゃんを待った。
すると再び部屋の電話が鳴り、「お連れ様をお通ししました」とフロントから業務連絡。

「ボンジョールノ♪」

玄関を開けて入ってきたのはブロンドのイタリア人女性だった。
身長はリリーと大差ないくらい小さく、パイオツはリリーに劣らないくらいデカい。
くびれはメアリーが細いぶん、カップは彼女のほうが大きいだろう。
そして瞳は、待ちに待った緑色。
するとメアリーが突然言った。

「ベイビー、何分?」

hahaha!そのやりとりはさっきすでにやってるぜ!

「60分です」

「ベイビー、60分イチ万エンね」

金のくだりを無事に終え、俺は1人裸になってメアリーのシャワーを待った。

「ベイビー、横になって・・・」

甘い声で囁くメアリー。
するといきなりの乳首攻め。

「ベイビー」が口癖なのかな・・・と思っていると、メアリーは乳首を舐めながらエロい吐息を吐き始めた。
なんとも言えない興奮が全身を駆け巡る!
長い乳首攻めになんとか耐え抜くと、メアリーはエロくこう聞いてきた。

メアリー「エッチスル?」

俺「しよう」

今度は即答だった。
行ってやる、行けるとこまで行ってやる。
そう決心した!

メアリーは口で俺の息子に安全キャップを優しく被せ、ローションでズルズルになった俺の息子を騎乗位の体勢でズッポリ!

「oh~・・・」

外人っぽい声とともに吐き出す吐息。
俺も思わず声が漏れてしまう。
そして優しい腰使いでクネクネと動くメアリー。
本当に色っぽい声で喘ぐから気分が最高潮に向かう。

(今、エッチしてる!)って感覚が強くなり、次第にメアリーがハリウッド女優に見えてくる。

実際リリーもそうだったが、白人って目を瞑った横顔が全員美人で、見分けがつかない。
誰を見てもお人形みたいな鼻とまつ毛、そして美白。
これで興奮しない童貞なんていないだろってくらい色っぽい。

我慢できなくなり、俺はメアリーの腰を掴んで下からガンガン突き上げた。

「oh~・・・ベイビー」

俺から下りるメアリー。
仰向けになって自分の花弁を広げ・・・。

「ベイビー、カモーン・・・」

興奮して本気で鼻血が出そうだった。
・・・だが、ちょっと待って欲しい。
俺はさっきまで童貞だったんだ。
今この瞬間が初エッチの真っ最中なのである。
腰の振り方なんてAVでしか見たことがない。
自分がうまくできるかなんてわからない。

(まーなんとかなるだろー)と思い、メアリーのオマンコの息子をゆっくり入れ・・・。

いや、この足の位置じゃ全部は入らない・・・。
そう思い、ぎこちなく体をメアリーに寄せる。
しかしそれでもなかなか奥まで入らない。
もうちょっと体が柔らかければ股を開いて前進できるのに。
こんな時、焦れば焦るほど心拍数は上がっていくもので・・・。
メアリーも足を自分で持ち上げて気を遣ってくれた。

メアリーに体を近づける。
しかし体を上げてくれたせいか、今度はオマンコの位置がさっきより高くなってしまった・・・余計入れにくい。
しかし彼女も気を遣ってくれたんだ、このままやってしまおう!
テンパり具合がMAXになってきたので、そのまま腰を振り始める俺。
しかし騎乗位の時と比べて奥まで入らない。
つーか、メアリーのエロくてデカい尻が邪魔して、まったく動けない。
俺は超スローでしか腰を振れず、当然メアリーも喘ぎ声を出していない。

(ヤバいヤバい・・・)

焦りが濃くなっていく。
すると、メアリーはオマンコで俺の息子を挟みながら足をゆっくり閉じていく。
俺はメアリーと繋がったまま、完全に彼女の上に乗った。
メアリーが足を伸ばして仰向け、俺がメアリーの体に乗ってうつ伏せ。
そして体の一部は繋がっている状態だ。
俺はこの状態のまま、腰を斜め下に向かって思いっきり振りまくった。

(イケる!?イケるぞ、これ!)

奥まで入っている感触が凄く伝わってくる。
さらに締りも断然良くなった!
もはや俺は一心不乱に快楽を求めてひたすら腰を動かした。
再びエロく激しく喘ぐメアリー。
本当に可愛くて美人だ。
気分も次第にエロくなってくる。
メアリーにつられて俺も英語で喘いでしまう。
メアリーの首筋に軽くキスをし、耳を舌でくすぐる。
完全に洋物AVみたいになっていた。
体位以外は・・・。

そして次の瞬間、俺の息子は白濁液をイタリアンに吐き出した・・・。
ゴムを付けていても、中で果てるのは凄い興奮するものがあった。
いつも1人でする時より明らかに長い射精だった。
メアリーの中でもっと出たいもっと出したいと蠢く息子。
全てを出し切り、メアリーの体から下りた。
するとメアリーは優しく俺の息子に被ったゴムを外してくれた。
よく見たら半端ない量が先に溜まっていた。

一段落して賢者タイムに入ろうとしたら・・・。

「ベイビー横になって」

俺は言われるがまま横になる。

「違うウツブセ、ウツブセ」

うつ伏せの体勢をとると、メアリーはローションを俺の背中に塗り、そのまま腰と背中のマッサージを始めた。
はっきり言って凄く気持ちよかった。
彼女のマッサージは優しさに溢れていた。
腰、背中、肩、両腕、両足と優しくマッサージしてもらった俺は、完全にまったりモードになっていた。
少し眠気が出てきてボーっと目を閉じていたら、ヌルヌルのメアリーの手が俺の息子に近づいてきた。
少し腰を浮かせ、彼女の手を招き入れる。
すると、さっきまで息焦燥だった我が息子が再び戦闘体勢に!

メアリー「もう1回デキル?」

俺は無言で頷き、メアリーに近づく。

「今度はおっぱいでスル?」

そう言ってメアリーは仰向けになり、バスト95cm強(推定)のパイオツをばいんばいんと揺らして誘ってくる。
メアリーはニコっと笑ってローションを自分の胸にたっぷり垂らす。
俺は誘われるがまま、メアリーの腹に腰を落し、息子を突き落とした。
そのまま勢いよく腰を振る。
メアリーも、「oh・・・oh・・・」と喘ぎ声を出してくれる。
もう止められない。
メアリーの巨大なパイオツを鷲掴みにして激しく腰を動かす!
そして俺の息子はやがて限界を迎え、先ほどと同じくらいの量の精液をメアリーの綺麗な顔と髪にぶっかけた・・・。

タイトルとURLをコピーしました