「シャワーを浴びた私を抱きたい?それとも・・・」

この体験談は約 3 分で読めます。

俺は今、32歳の女性と変な関係を続けている。

そのきっかけとなったのは、俺が会社を休みの日、暇にまかせて近くの海辺で釣りをしていると、そこに軽四輪車が停まり、中から1人の女性が降りて来た。
上は白のタンクトップでジーンズ姿、髪は肩までのロングヘアー。
次第に俺に近づいて来る。
その薄いタンクトップからは、下に付けている黒のブラジャーがくっきりと見える。
かなりの胸の大きさで揺れている。
ジーンズもかなりのローライズでおへそも見える状態。
ぴったりとしたそのジーンズは股間もかなり食い込んでいる。

申し分ない体型である。
年の頃は30歳ちょっとかなと思った。

女「なにしてるの?」

釣りをしているのは明らかに誰でもわかるはず。

俺「暇を弄んでいて、魚にでも相手してもらおうと思ってね」

女「私もそうなの。誰も相手してくれないから」

不用心な言葉。

俺「お互い暇人なんだね。よければ今日一日俺と楽しむか?」

女「そうねえ、相手してくれるの?じゃあこれからどうする?」

俺「今日は暑くなりそうだし、涼しい部屋で汗でもかかない?気持ちいいし」

女「えっ、それって何するの?」

俺「人間の本能に任せて気持ちよくなろうよ」

俺は人差し指と中指の間に親指を入れて例の仕草をした。

女「えっ?それって・・・もしかしてエッチをするってこと?」

俺「決まっているじゃん。それって嫌い?君のようなナイスボディーだとかなり楽しませてあげられると思うよ」

俺はいきなり彼女を抱き締めてキスをした。
唇を離すと女が言った。

女「あなたってずばりものを言う人ね。でも今までに会ったことのないタイプかも」

俺は彼女の車の助手席に乗り、「さあ、君の好きなところへ行こう」と言った。
彼女は笑いながら運転席に乗った。
国道をしばらく走った。
俺は運転している彼女の胸を揉んだ。
かなりのボリュームである。

部屋に入った。
俺は彼女のわずかな衣服を次々と脱がせ、最後の下着を取った。
パンティーはブラとお揃いの黒のTバックを穿いていた。
なんと彼女のそこには陰毛など全くなくツルツルだった。
彼女は言った。

女「驚いた?先日まで付き合っていた彼が剃ったの。彼、ここを舐めるのが好きで、毛があると口に入るからって、ずっとこの状態なの。でも別れたけどね」

かなり遊んでいるようだ。

俺「シャワーを浴びるか?」

女「どうなの?貴方はシャワーを浴びた私を抱きたい?それとも汚れたままのほうがいい?」

かなりのどぎつい質問。

俺「俺は別に構わないよ」

そう言うと、「じゃあ、このままでいいか」と彼女は俺の前にしゃがみ、俺のズボンとブリーフを一気に足元に下ろした。
勃起したペニスが彼女の顔の前に飛び出した。

女「あら、立派なチンポね。想像していた通りだわ」

彼女は片手で握り、なんの躊躇いもなくパクリと咥えた。
上から見下ろす彼女のフェラをしている仕草はかなり卑猥だ。
俺は彼女に四つん這いになるように言った。
後ろから見る大きな二つのお尻の間からは、陰毛がないのでその割れ目もパックリと開いて見える。
俺はそこに先っぽを宛てがい一気に貫いた。

都合3回射精してホテルを出た。
今度は俺が運転した。
その間、彼女はずっと片手を俺の股間に置いて握ってくれていた。
俺の車があるところまで着いた頃には辺りもすっかい暗くなり、それじゃあと別れようとすると、「お別れにもう一度セックスしない?」と言われた。
彼女の車の外で両手を車につかせて立ちバックで犯した。

それから俺の性欲処理女として今も女との関係は続いている。