巨根の元彼と中出し不倫した妻をオカズに

この体験談は約 5 分で読めます。

結婚して13年の妻は38歳。
清楚を絵に描いたような自慢の美人妻だが、美人なだけに妻には何人も元彼がいて、しかもその中には、どうしても忘れられない元彼が一人いる。
私と交際する前に付き合っていた元彼。
結婚する前に打ち明けられ、ひどく心を痛めたことがある。

どんな元彼だったのか、聞けば少しは収まるかと思い、妻が生理の時などに、忘れられない元彼とのセックスの話をさせながら、何度か手コキ射精させてもらったこともあった。
傍から見れば、ただの寝取られ彼氏だった。
妻と元彼は身体の相性が良いだけでなく、決して小さくはない私よりも一回り大きい巨根で、毎回狂わされていたらしい。
前戯も上手で、クンニの後の指技で、いつも潮を吹きまくっていたという。

その妻が15年ぶりに元彼と再会した。

「彼、外国に移住するからって、一時帰郷して色々整理してるって言ってた・・・私、彼に誘われて・・・でも、断ったわ」

「どうして?」

「彼が忘れられないのは身体だけ・・・心はあなただから・・・」

妻の女としての欲求は心身分離していた。

「お前、安全日だよな?それに小学校の宿泊訓練で明日は2人きりだし・・・。明日、俺が仕事に行っている間、寝室に元彼を連れ込んで、最後のお別れセックスをしてもいいぞ。それでお前が元彼を忘れてくれるならね」

翌日、ベッドを色んな角度から撮影できる隠しカメラを3台仕掛けて仕事に出た。
その日、仕事から帰ると・・・。

「ごめんなさい・・・本当に彼を家に呼んで・・・そして抱かれた・・・中に出された・・・」

私は妻を抱き締めた。
妻が夕食を作っている最中、カメラを回収して、メモリを抜き取りPCで再生した。
ベッドを俯瞰するカメラが一番よく映っていた。
少し早送りすると、元彼が妻を抱き寄せる場面になった。
巨根の元彼は、それを妻に思い出させるかのように妻の腕を掴み、ズボンの上から勃起した巨根を確かめさせた。

「大きい・・・」

妻が呟くと、元彼は微笑みながら言う。

「ご主人と、どっちが大きい?」

「知ってるでしょうけど、たくさんいる元彼の中でも、主人は決して小さい方じゃないのよ・・・でも、これには敵わないわ・・・」

「そうだったな・・・お前は、常に数人の彼氏と同時に付き合ってたもんな。俺のがあまりにもデカくて、俺だけになったんだよな。21歳で俺が10人目の男って聞いたときは、中学生で初体験したのかと思ったけど、まさか18歳の初体験以降、彼氏をキープし続けていて、この俺が5人いる彼氏のうちの1人だったとは驚いたよ・・・」

私と付き合いだしたとき23歳だった妻には、3~4人の元彼がいたような気がしていたが、それほどとは思わなかった。

画面の妻は元彼の巨根が欲しくてたまらない様子だった。
元彼は、そんな妻のスカートを捲りあげた。
妻は腰をくねらせ、非日常的な行為に興奮していることが分かった。
元彼は妻を引き寄せてワンピースを脱がせていった。
妻も、待ってたかのように自分から脱ぎ始めた。

「これが欲しいか?」

妻はそれには答えず、下着姿のまま元彼のズボンとパンツを脱がせると、20センチ近い巨根が現れた。
すぐに妻は洗ってもいない巨根にむしゃぶりついた。
もう私はフル勃起していた・・・。
妻と元彼は舌を絡ませながら唇を重ね、大股開きにされた妻は巨根をお預けされたまま、激しい指マンで潮を吹かされまくっていた。

「アアァアンアン、指じゃなくておチンポちょうだい!」

おチンポ・・・。
私の時には一度たりともそんなをセリフ吐いたことがない清楚な妻が、おチンポ・・・。
妻は元彼を押し倒し、元彼の上に跨がって、妻が自ら巨根を恥穴にめり込ませ、激しく腰を振り始めた。

「アァァァアァアァァ~~~、奥にめり込む~~~」

「ご主人のはめり込まないのか?」

「主人のは、主人のは当たるだけ~~」

(イクのか?元彼の巨根でイキまくるのか?)

「あなた~~ごめんなさーい!このおチンポでイッちゃうーーーーーっ!」

元彼は妻を抱き寄せるとクルッと回転して正常位になり、巨根で妻を抉り始めた。

「アアアッ!元彼に中出しされちゃうーーーーーっ!」

「え?中に出していいのか?」

「ちょうだい!ちょうだい!中にちょうだい!私を孕ませてぇ~~~、アァアァァ~~、イクイクイッちゃうーーーーッ!」

仰け反てイキ果てる妻に、元彼が巨根を子宮の中までめり込ませ、子宮内に射精していた。
巨根が抜かれると、ドプドプと泡立ちながら大量の精液が妻の恥穴から溢れ出た。
大の字でグッタリする妻を残して、「じゃあな。もう、会うこともないだろう。妊娠してたら、ご主人の子として育てろよ」と言い放って画面から元彼が消えた。

射精寸前まで勃起した私を、いつの間にか後ろにいた妻が抱き締めた。

「やっぱり・・・隠し撮りしてたのね・・・。私が生理の時、元彼とのセックスを聞きながら扱いてあげてるとき、あなたには寝取られ願望があるんじゃないかって・・・」

妻は私のズボンとパンツを脱がせると、ノーパンのスカートを脱いで元彼の残汁が臭う恥穴を広げて私に跨がった。

「アアアッ・・・あなたの精液とあの人の精液が私の中で混ざり合う・・・」

「お前・・・同時に5人と付き合ってたのか?」

「アア、アア・・・そうよ・・・でも本命は常に誰か1人。アアァ~~夜に抱かれた次の昼間、違う彼氏に抱かれて、また夜は違う彼氏に抱かれたこともあったわ・・・アアン」

「俺と付き合っている時も何人もいたのか?」

「今日抱かれた元彼とセックスしてからは、もう他の人じゃ満足できなくなって、元彼だけにしたの・・・アァアァァ・・・だから・・・あなたと付き合っていた2年のうちの前半1年は・・・あなたと元彼の2人だけよ・・・アアァアンアン・・・」

あの清楚な美人妻が数人の彼氏と同時進行で付き合う逆ハーレム。
そして巨根元彼と私の二股・・・。
ショックのあまり勃起力が倍増する私は変態なのだろうか・・・?
そう思った瞬間、妻の子宮口が私の亀頭を擦り上げ、妻の子宮に精液を搾り取られた。
巨根元彼の精液と私の精液が妻の子宮で混じりあった瞬間だ。

妻を横たえ、溢れ出る精液をティッシュで拭いながら、38歳の妻の恥唇が卑猥に歪んでいるのは短期間に多くの男と交わったからなのかと思うと、射精したばかりの私のモノが再びムクムクとそそり立った。

「お前は、どうして俺を選んだんだ?」

「あなたは・・・ほら、こうして後始末もしてくれるでしょ。あの人のセックスは最高だけど、あの人にとって私は性欲処理の道具で、終わった後は冷たいのよ・・・。あなたは私を愛してくれている。それにあなたは元彼の話で嫉妬してすぐに回復するから、2回戦もできるし・・・」

そう言って妻は再び勃起した私のモノを握り締めた。

「ベッドで抱いて・・・。昼間、私が元彼に犯されてイカされて中出しされたベッドで・・・。つい6時間前に私が寝取られたベッドで・・・」

興奮で私のペニスは脈打ち、妻を押し倒して2回戦が始まった。