大好きなミュージシャンと過ごした素敵な一夜・後編

この体験談は約 7 分で読めます。

Kさんは私を仰向けにすると私の横に来ました。
そして私の頭を撫でながら優しくキスをしてました。
私はKさんのキスをしっかりと覚えておこうと目を閉じました。
すると私の頭を撫でていたKさんの手が私の頬を撫でながらゆっくりと下へ下がってきて、胸の上にそっと置かれました。
私はもうそれだけですごく感じてしまって、体がピクンと反応してしまいました。
Kさんはそれに気付いたのか、今度はゆっくりゆっくり私の胸を揉みはじめました。
そして服の上から乳首の辺りを指で撫でてきたんです。
私は、いつもは胸で感じたりしないんですが、この日だけは別でした。
乳首を触られただけなのに本当にイキそうになり、体がピクピクと反応してしまいました。
もちろん下の方ももうかなり濡れていて、私は我慢できずに足をもじもじさせていました。

私が足をもじもじさせているとKさんはそれに気付いたのか、私の足と足の間に自分の足を滑り込ませてきました。
ちょうどKさんの太ももか膝の辺りが私のあそこに押し付けられるような形になり、それだけでもうたまらなく気持ちよかったのですが、さらにKさんはゆっくりと足を動かして私のあそこを刺激してきました。
そしてTシャツの裾から手を入れられ、裸の胸にKさんの温かい手が触れました。
Kさんは私のあそこに足をぐぐっと押し付け、私にキスをしながら胸を揉んできました。
Kさんは、私の硬くなった乳首を指で摘むと、コリコリと弄り始めました。
私はもうかなり限界で、自然に「あっ・・・あっ・・・」と声が出てしまい、止めることができませんでした。

Kさんは私の乳首を弄っている手を止めずに私の耳元で、「Mちゃん・・・気持ちいい・・・?Mちゃんのすごく硬くなってるよ・・・」と囁いてきました。

私はそれにすら感じてしまって、もうどうしようもないくらいでした。
前戯だけでここまで感じて乱れたのは初めてでした。
私はあまりの気持ち良さに耐えきれなくなり、Kさんにしがみつきました。
Kさんはそんな私のおでこにキスをして、もう一度仰向けに私を寝かせると、私のTシャツを捲り上げて、剥き出しになった私の胸に口をつけました。
Kさんは片手で私の胸を揉み、乳首をペロッと軽く舐めました。

「あぁっ・・・」

声を出した私をチラッと見ると、Kさんは思いきり乳首に吸い付き、強く吸いながら乳首をレロレロと激しく舐めてきました。
ものすごく感じてしまって、「あっあっ」と声が出っぱなしでした。
Kさんは両方の胸を丁寧に、でもすごく激しく愛撫してくれました。
私は胸を愛撫されているだけなのに、まるであそこを触られているかのような声を出して感じてしまいました。
ふとKさんが私の胸から口を離し、「Mちゃん・・・すごいよ」と言いました。
何のことかと思ってKさんの方を見たら、Kさんが穿いていたパンツの、さっきから私のあそこに押し付けられていた部分だけが濡れて、色が変わっちゃってたんです。
私は慌てて、「あっ!!ごめんなさい・・・!!」と謝りました。
するとKさんは優しく笑って、「可愛い」と言ってくれました。
そしてそのまま私のパンツに(こっちは下着のことです)手をかけると、ゆっくりと脱がしてくれました。
私のあそこをKさんが見ていると思うと、すごく恥ずかしいのに、ただそれだけで感じてしまいました。

パンツを脱がすとKさんは、「すごい濡れちゃったね」と言って、人差し指でゆっくりと私のあそこに触れてきました。

「あぁっ!!」

私は体が反るような感じになり、大きな声を出してしまいました。
Kさんの指がゆっくりと私のあそこを広げてきて、クチュクチュ・・・という音が漏れていました。
もうすごくヌルヌルになっているのが自分でもよくわかりました。
Kさんの指の動きが次第に激しくなり、私は自分から腰を動かして感じてしまいました。
目を閉じて声をあげながら(指入れて欲しいな・・・)と思っていると、指ではない、何か温かいものがニュルッと私のあそこに入ってきたんです。
ハッとして軽く頭を起こし、あそこの方を見ると、そこにKさんの頭がありました。
Kさんの舌が私のあそこに入れられていたのです。

(私のあそこにKさんが顔をうずめている・・・)

私はものすごく興奮してしまい、Kさんの頭に手を伸ばして柔らかい髪をくしゃくしゃと撫でながら、Kさんのことを愛しく想う気持ちでいっぱいな自分に気がつきました。
Kさんは私の中で舌を激しく動かした後、舌を抜き、鼻がついちゃうくらいに顔をうずめて私のあそこを舐めはじめました。
すごく丁寧に全部を舐めてくれたあと、Kさんの舌先がクリちゃんに触れました。
その瞬間、私の体がビクン!と反応しました。
するとKさんはすぐに私のクリちゃんを激しく舐めはじめました。
舐めたり吸ったり、ものすごい速さでクリちゃんを舐められて私の頭は真っ白で、もう何も考えられませんでした。

Kさんはクリちゃんを激しく舐めながら、同時にあそこに指を入れてきました。
グチュグチュとものすごいいやらしい音を立てながらかき混ぜられ、私はもう我慢できずにイキそうになりました。
Kさんの髪をくしゃくしゃと触りながら・・・。

「あっ・・・あぁっ・・・Kさ・・・ん・・・!!もうだめ・・・っ・・・!!」

Kさんは優しく「いいよ」とだけ言って、さらに激しくあそこを掻き回してきました。

「あぁっあっあっあっ!!あぁっ・・・!!」

Kさんのクンニと指で私はイッてしまいました。
Kさんは私がイッたのを見ると、ぎゅっと抱き締めてキスをしてくれました。

私は力の抜けた体を頑張って起こすと、Kさんのおちんちんに手を伸ばして、そっと触れました。
そしてそのままKさんのおちんちんを軽く撫でながら、パンツに手をかけてゆっくりと脱がしました。
下着も、わざとゆっくりゆっくり脱がしました。
下着を脱がすと、中からKさんのおちんちんが飛び出してきました。
すごく大きくて、お腹につきそうなくらい反っていました。
先っぽに指で触れると、すごくヌルヌルしていました。
ふとKさんの方を見ると、目を閉じて「はぁ・・・はぁ・・・」と荒く息をしていました。

私はKさんのおちんちんをきゅっと握ると、軽く上下にしごきました。
目を閉じて「あっ・・・あぁ・・・」と切ない声を漏らすKさんに興奮した私は、そのまま口をKさんのおちんちんに持っていきました。
それに気付いたKさんは私の頭を撫で、「Mちゃん・・・いいよ、そんなの・・・」と言いましたが、私はそのままKさんのおちんちんに口をつけ、先っぽをペロペロと舐めた後、おちんちんを口に含みました。
Kさんは私の頭を撫でながら、「あぁ・・・Mちゃん・・・あぁ・・・」と、ずっと私の名前を呼んでいました。

私がジュポジュポと音を立てながら激しくフェラしていると、急にKさんが私の口からおちんちんを抜いて、切なそうに、「Mちゃん・・・これ以上はだめ・・・出ちゃう」と言いました。
私はKさんのお腹の辺りにキスをして、「私の口にこのまま出して下さい・・・」と言って、もう一度Kさんのおちんちんを口に含みました。
右手でKさんのおちんちんをしごきながら、さっきよりも激しくKさんのおちんちんに舌を絡めてフェラをしました。
今までフェラで口に出したりしたことはなかったのですが、この時は自然と、(Kさんのが飲みたい・・・)と思ったんです。

激しくフェラを続けているうちにKさんの腰が動き出して、Kさんが私の頭を軽く押さえつけるような感じになりました。

「Mちゃん・・・ほんとに出ちゃうよ・・・」

苦しそうに耐えるKさんに私は何も言わず、私の唾液でヌルヌルになったKさんの大きなおちんちんを頑張って愛撫し続けました。
Kさんの腰がさらに激しく動いたかと思った瞬間・・・。

「あぁっ・・・!!Mちゃ・・・っ」

Kさんのおちんちんから、たくさんの精子が私の口に出されました。
口の中でドクンドクンと動きながら、すごくたくさんの精子が出てきて、飲んでも飲んでも追い付かず、口からこぼれてしまうほどでした。
Kさんは、はぁはぁしながら私の口の周りにこぼれた精子を指で拭き取り、「ありがとう」と言ってフェラしたばかりの私の口にディープキスをしてくれました。

そのあと、服を脱がされて全裸になりました。
私もKさんを脱がして2人で裸になりました。
私はかなり濡れていて、お尻のほうまでかなり濡れてしまっていました。
Kさんもイッたばかりでしたが、まだ大きいままでした。
Kさんは裸の私をぎゅっと抱き締めると、「Mちゃん・・・本当にありがとう・・・こんなの初めてだよ・・・」と言ってくれました。
そしてまたキスをしてくれたあと、「大好きだよ」と言って抱き締めてくれました。
そのあとKさんは、「俺、ゴム持ってないから・・・今日はここまででいいよ。このまま一緒に寝よ」と言いました。
Kさんは「今日は」と言ってくれたけど、私はKさんとの今度なんてあるはずがないと思ったので・・・。

「Kさん・・・このままでいいです・・・。お願いだから・・・最後まで・・・」

そうお願いしました。
Kさんは少し悩んだあと、真顔で「もしものことがあったら本気で責任をとるから」と言ってくれました。
私は真に受けないように気をつけながら頷きました。

次の瞬間、私のあそこにKさんのおちんちんが押し当てられて、ゆっくりと私の中に入ってきました。
Kさんのは大きくて長くてすごく熱くて、少し入っただけでも、「あぁ・・・っ」と声が漏れてしまいました。
私は中が少し狭いのでKさんのおちんちんを全部入れるのに時間がかかりました。
やっと根元まで入った時、Kさんはまた私を抱き締めて、「愛してる・・・」と言いました。

「私も・・・」と言おうとしましたが、ぐっと我慢して、代わりにKさんを抱き締めました。
Kさんがゆっくり腰を動かすと、おちんちんがゆっくりと私の中で動き、すごくゆっくりなのにすごく気持ちよかったです。

私がKさんのモノにだんだん慣れてくると、Kさんも激しく腰を動かしてきました。
Kさんが動くたびにグチュッグチュッという濡れた音が部屋に響いてすごく興奮しました。
Kさんが動くたびに、なんだかわからないけど下半身がすごくキュンとする感じで・・・子宮がときめいてる!という感じでした。

Kさんのおちんちんが私を激しく突き、私はもう気を失いそうでした。
ガクガクと足が震え、あそこはどんどん濡れていきました。
Kさんのピストンが一段と激しくなり、私はKさんのピストンに合わせて、「あぁっ!!あっあっ」と声を上げました。
するとKさんが、「あ・・・っ!!だめだ・・・イクっ・・・」と言っておちんちんを抜こうとしたので、私はそのままKさんにしがみつき、Kさんはそのまま私の中でイッてしまいました。
Kさんはセックスが終わったあともずっと抱き締めてくれて、私が眠るまでずっと頭を撫でてくれていました。
そして、「明日のライブが終わったあと、楽屋に遊びにおいで」と言って携帯の番号とアドレスを教えてくれました。
その後、私は眠ったふりをして彼が眠るのを待ち、彼が起きる前に部屋を出ました。

次の日のライブには予定通り行きましたが、Kさんに連絡はせず、終わったらすぐに帰りました。
今でも忘れられない素敵な思い出です。

タイトルとURLをコピーしました