黒い手袋をした長身熟女の妖しい誘惑

この体験談は約 4 分で読めます。

20歳、フリーター、僕はリサイクルショップでアルバイトをしている。
いつも常連がごった返すその職場は近所では少し有名。
常連もマナーが悪く、正直全員嫌いだ。

その常連の中で一際目立つのが、全身真っ黒のカラスのような日除け装備をした40~45歳の女性。
黒のレザーのヒールブーツを年がら年中履いていて、背は183センチくらいもあり、腕も太く、いかにも子育てに勤しんできたような体つきをしている。

どういうわけか僕は、その女性にバイトに入った当初からから好かれている・・・。
コンビニでばったり会えばおにぎりを買ってもらったりして、少し距離が近い気もしていた。
僕は背が166センチで顔は童顔。
一部の女子からは、ほどほどにチヤホヤされる方ではあったので、そこまで気にしてはいなかった。

ある日、その女性の家に小物の配達をしに行ったのだが、そこで事が起こる。
僕が女性の家に到着するとそこは単身用のアパートで、おそらく僕のバイト先で買った物でごった返していた。
ノックをすると階段の下から、「ごめんごめん」と聞こえてきた。
自転車で汗だくで僕の方にその女性は駆け寄ってきた。
おそらくそのアパートは倉庫のようで、転売目的で保管しているらしい。

女性は日除けの手袋で顔を拭いた。
僕は心の中で(うえ~、汚い)と思いつつ、「暑いですね」と話しかけた。
すると女性は、「この手袋、熱い。指先まであるし、内側も外側と同じ生地で隙間がない」と、手袋のダメ出しをしてきた。
女性の着けている手袋は黒色で、腕が太くサイズが合っていないため、たるみがなくパッツパツで、おまけに丈が膝くらいまである。
見るからに暑苦しい。

さっさと配達を終わらせると女性は、「これ、買い取れるか見て欲しいんだけど」と言い、奥の部屋に誘導してきた。
僕がその品物を査定していると、女性は肩に両手を置いて、馴れ馴れしい感じで触れてきた。
少し恥ずかしくて照れながら査定をしていると、女性は「この手袋、臭いけど匂い嗅いでてみる?」と言ってきた。
僕はその手袋の匂いを少しだけ嗅いだ。
予想通りおばさんの汗臭い匂いがしたが、「あ、はい、そんな事ないですよ」と言い、気持ちを顔に出さないように誤魔化した。
すると女性は手袋をした手で僕の両頬をふにふにしてきた。

「可愛らしいな~」

女性は僕にそう言う。
僕は不思議とその手袋の感触と、手袋をしている女性の姿にドキッとした。
部屋に差し込む夕日と、物で溢れた狭い部屋にいる背が高くてムチムチした体つきの女性・・・。
何か心地よいものを感じた。
僕が嫌がってないのを悟ったのか、女性は僕の頭を撫でたり手を握ったりしてきた。

僕は、「その手袋、なんかスルスルしてていいですね」と言った。

すると女性は僕を優しく抱き締めてきた。

僕は驚いて、「僕、彼女がいます!」と事実を言った。

すると女性は、「でも嫌じゃないでしょ?これくらいバレないし」と。

僕は我に返り、仕事を済ませようとしたが、女性は「もう1回ハグさせて」と言ってきた。
僕が「ダメです、ダメです」と言うと、女性は先程とは違い、少し強引に僕を抱き締めてきた。
ちょっと汗臭かったけど、しかし不快な匂いではなく、むしろし心地よくて、僕はボーっとしてしまった。
すると女性は、「ほら、嫌じゃない」と嬉しそうに呟き、両手が塞がった状態で抱き締められている僕にもう一度キスをすると、すぐ濃厚なディープキスをしてきた。
背が高い女性とは身長差があり、女性はまるで上から眺めるように僕に舌を絡めてくる。
その後、「ほっぺ、噛んでいい?」と言ってきて、女性のキスは口だけにはとどまらず、僕の頬を甘噛みしたり、舐めてきたり。
女性の涎が僕の頬を伝うと、手袋をした手でその涎を僕の顔に塗りたくっていく。

僕は自分の股間がビンビンに勃起していることに気づいた。
女性も僕の勃起に気付いており、僕の背後にまわって、「いい?」と僕に聞いてきた。
手袋をはめたままズボンを下ろされ、パンツの中に手をグイグイ入れてきた。
手袋の妙な感触に、普段は声を出さない僕も、「うっ、あぁぅ」と声が出てしまった。
我慢してもだめだった。
女性の涎でベタベタになった手袋をはめた手で股間がしごかれていく・・・。
汗をかきながら必死にシコシコしてくれる女性がなぜか愛しくて、僕は自らキスをした。
女性は「可愛いね」と言い、僕にまた濃厚なディープキスをしてくれた。

ついには僕の股間を口に入れ、フェラチオをしてきた。
すぐイッてしまいそうになり、僕は女性に、「入れてもいいですか?」と聞いた。

「いいの?無理しなくてもいいのよ」
「このまま抜いてあげる」
「ゴムはないけど、ピルを飲んでるから気にしないで」

女性は色々言ってきた。
畳2畳ほどのスペースに横たわり、女性は服を脱ぎ始めた。
タンクトップとロングのニーハイブーツだけの姿になった女性。
とても綺麗な体をしており、スタイルも良く、僕の理想だった。

「手袋はつけたままがいんだよね?」

女性は僕の心を見透かすように言った。
僕は女性に跨がり、挿入した。
女性の中は温かかった。
僕はDカップくらいありそうな女性のおっぱいを優しく舐めながら腰を動かした。

「意外と大きいね。気持ちいいよ」

そう女性は言ってくれた・・・。
僕は女性の手袋の匂いを嗅ぎながら腰を振り続けた。
女性も僕にキスをせがんだり、胸を舐めろと言ってきたりした。
挿入してから10分くらいで僕は女性の中に大量に射精してしまった。

僕が仰向けの女性の上で脱力していると、「本当に可愛い。連れて帰りたい」と言ってきた。
その後、連絡先を交換。
女性には旦那も子供もいなかった。

その次の日もお店で女性に会った。
商品の棚の陰から、手袋をはめた手で僕を手招きしてきて・・・。
僕が女性の方へ行くと、女性は周りを少しだけ確認するとキスをして、あそこを少し握られた。
これから、その女性と色々な経験をしていくんだろうなと、僕は思った。

タイトルとURLをコピーしました