彼女がアパートのお風呂で知らない男にフェラしてた

この体験談は約 4 分で読めます。

(お風呂に誰か入ってる・・・誰だろう?)

「あっ、ダメ・・・ダメ」

「綾音ちゃん、こんなに濡れてるし」

僕の不安は当たり、予想以上に最悪なことが起きていた・・・。

僕と綾音は仕事先で知り合った。
綾音は今年で25歳。
ショートカットで身長は160cmくらい。
ボーイッシュな感じだが可愛い。
胸は小振りだが形のいい膨らみだ。

その日は綾音の大学時代の研究室の同窓会があると僕は聞いていたのだが、夜の11時40分頃、綾音から携帯に連絡があり、飲み潰れた友達を自宅に連れて帰るから今日は夜は僕とは会えないという連絡があった。
僕は「車でその子を送ろうか?」と聞いたが、「迷惑かけちゃうし、夜遅いから大丈夫」と言われた。
急に予定がなくなったので僕は車で出掛けたが、普段から人付き合いが悪い綾音がいくら久しぶりに研究室の仲間と会ったからって何かおかしい・・・。
暇なので綾音のアパートまで行ってみることにした。

車を少し離れた場所に停めてアパートに向かうと、お風呂場の明かりが見えて、石鹸のいい匂いが漂ってきた。
綾音はユニットバスが嫌いなので、少し古いが風呂トイレ別のあるアパートに住んでいる。
部屋は玄関と台所を含めて3部屋。
お風呂場は玄関のすぐ脇にある。
ちなみに1階の奥の部屋。
お風呂場からの声は続く。

「あっぁ、先輩ダメ・・・ダメ・・・約束が・・・」

「じゃあ早く咥えて・・・」

僕は合鍵で鍵を静かに開けてお風呂場を窺った。
綾音がフェラチオをしているみたいだ。
這いつくばって部屋へ移動、1つ目の部屋には毛布が2枚あった。
仕切り戸を開けると綾音の寝室だ。
布団が2つ敷いてあり、女の子が完全に酔い潰れている。
部屋の奥の窓を開けてベランダには移動。
そこで玄関の鍵を閉め忘れたことに気付き、這って再び移動した。
脱衣籠に綾音の脱いだ下着があったので、それをポケットに入れて部屋に移動した。

「あっ、まじ気持ちいい・・・」

「んっんっっんんん」

「あっ、そうそう綾音・・・あっ」

「んっぅうえぇ」

「あっぁイク・・・イク・・・」

男はイッたみたいで乱れた息遣いが聞こえてきた。

「綾音、飲んで」

「もう飲んじゃったし・・・先輩ひどい、口に出すなんて・・・」

「ごめん、ごめん」

「今日だけですよ、もう寝ますから」

綾音がお風呂から出たので急いで僕はベランダに移動した。
綾音は体を拭き終わると寝巻きに着替えた。

「綾音ゴメンな、つい」

「もういいから先輩も寝て下さい」

「そんなにつれなくするなよ。悪気があってしたわけじゃないんだから」

「もういいですから、明日、ちゃんと帰って下さいね」

「綾音、そっち行っていい?」

「ダメです」

先輩は仕切り戸を開けて部屋に入ってきた。

「綾音、何にもしないから少し話そうよ」

綾音は先輩を部屋に戻そうとしたが、居座られたので少し話しているうちに昔の思い出に花が咲いたのか話し込みだした。
しばらくして同部屋の子が呻いたので2人は中部屋に移動した。
長いこと話しているうちに徐々に2人の声がしなくなった。
身を乗り出して中の様子を窺った。

ピチュチュ・・・ピチャ・・・チュルチュル・・・。

ここからではよくわからないけど、キスしてるみたいだ。

「綾音が悪いんだぞ・・・」

「嫌だよ・・・先輩・・・ン~・・・」

綾音の声が甘えた感じに変わっている。
またすぐに静かになり、衣擦れの音がして、綾音の低い呻き声がした。
綾音の声と唾液のいやらしい音が部屋に響く。
厚いカーテンで仕切られた戸の前に僕は移動した。
部屋の中では行為の真っ最中だ。

(見たい・・・)

僕は綾音の下着の匂いを嗅ぎながらオナニーしか出来ない。

「あっぁぁ・・・そこダメ・・・ダメ・・・」

クンニを始めたみたいで、唾液と粘膜のいやらしい音が響く。

「綾音ちゃんのオマンコ美味しいよ・・・こんなにお汁が出てるし」

「先輩ダメ・・・ダメ・・・」

「綾音のオマンコ、写メしちゃおう」

言葉の意味が理解できなかったが、すぐにシャッター音がした。

「いやあぁぁぁ・・・嫌だよ・・・」

「もっとオマンコ拡げろよ・・・」

「嫌だよ・・・嫌だ・・・」

「綾音・・・綾・・・」

2人は結合したみたいだ。
男の声にならない声、綾音の声、結合した性器から音が聞こえる。

「綾音、犬になれよ」

ガサガサと音がした、どうやら体勢を変えたらしい。

「綾音・・・気持ちいい・・・」

「うぅんっ・・・いぃ・・・いぃ・・・」

「綾音・・・綾音・・・イク・・・イク」

もう男は限界らしく、男が綾音に打ち付ける音と粘膜の音が響いた。
僕も限界だった。
綾音の下着の匂いを吸い込み、下着をペニスに巻き付けた。

(綾音、一緒に!)

「うっぅぅ・・・綾・・・綾音・・・あっぁぁぁ・・・」

「あっぁぁ・・・先輩・・・中ダメダメ・・・あっダメ・・・」

どうやら男は綾音の中で射精したらしい。
何か2人で話しているみたいだが、僕は気持ちのいいオナニーの余韻でそれどこではなかった。
綾音の下着にべっとりと精液が出ている。
1回出したのになかなか萎えなくて、僕は酔い潰れて寝ている女の子のズボンを脱がして、その子のワレメ部分に再び射精した。

タイトルとURLをコピーしました