極太バイブがきっかけで黒人と不倫した妻

この体験談は約 6 分で読めます。

私36歳、妻52歳の年の離れた夫婦です。
仕事も順調で子どももでき、幸せな結婚生活を送っています。
夜の営みも週に3回から4回ほどありますが、ちょっとした刺激になると思い、妻に内緒でアダルトグッズを購入しました。
セット商品の電マとアタッチメントを同時に購入し、さらには太物ディルドやペニスサックも買ってしまいました。

子どもを寝かしていつものように妻を誘い、「実はちょっとしたおもちゃを買ったんだ」と言うと、興味を示してくれたので安心しました。
購入した電マを使い、妻のクリトリスをゆっくりと刺激をし、気持ちが高まったところでBIGオルガ電マに取り付け、ローションをたっぷりかけてからゆっくり挿入しました。
明らかに通常と異なる大きさのものが中に入ってくるので最初少しは痛そうでしたが、スイッチを入れ徐々に強くしていくと、Gスポットとクリトリスが同時に刺激され、「イク~っ」と叫び、膣が痙攣して激しくイッてしまいました。

その間に手早く購入した極太ペニスサックを取り付けます。
長さはゆうに20cmを超えて見事な巨根に変貌。
たっぷりローションを絡ませ、ゆっくりゆっくりと妻の膣の中へ挿入して行きました。
いつもと明らかに違う大きさのペニスが侵入したせいなのか、はち切れそうに広がったマンコの奥から潤滑液がどんどん溢れ出していました。
いつもの一物では届かないポルチオの奥まで届き、妻は物凄い喘ぎ声を発しながら・・・。

「大きい~大きい~、奥まで届く~」
「太くて壊れそう」
「やっぱり大きいの好き~~」

などと喘ぐので、バックにして思いっきりピストンのスピードを上げると、なんと結婚して初めて奥イキをしたのです。
少しの刺激を加えようと購入したアダルトグッズですが、妻にもとても気に入ってもらい、今後の夫婦生活がとても楽しみです。
週に3回~4回だったのが5~6回に増え、今後はスワッピングや3Pなどを目標に、お互いに理解しあった上で夫婦生活を楽しんで行きたいと思います。

今までの夫婦生活ではアダルトグッズを使用してこなかったため、毎日新発見の日々が続いておりますが、私自身が心配していたことが的中しました。
毎晩のように極太ディルドやバイブ、そして外人なみのペニスサックを使用していたら、やはり妻のマンコが大きくなってしまいました。
一度、何も付けずに挿入したのですが、妻の反応はイマイチで、明らかに物足りなさそうにしていました。
昔からのコンプレックスもあり、やはり女性は大きくて太いチンポが欲しくてたまらない生き物であると実感したのです。

私自身、少し寝取られ願望があるようで、極太ペニスサックを使用してバックから突きながら妻に、「どうだ?他人のチンポは気持ちいいだろ?本当はよそのチンポも欲しいんだろ?」と言葉で攻めると愛液がさらに溢れ出し、「ほら、また濡れてきてるぞ」と追及すると・・・。

「あ~だめ、いじめないで。他人の太いのを挿れてみたい~、あっ、あ~イク~~!」

と、奥深くでイッたのです。
この状態が続いて本当に浮気をされてもいけないので、ネットで探した増大サプリを妻に内緒で購入し、日々服用しております。
そのせいか、今まで15cmほどの息子が3ヶ月後には4cmアップし、勃起時で19cmほどになりました。
日々の営みでは例の補助グッズを使用しているので、私自身のペニスが大きくなったことは、まだバレていないと思います。
念願の夫婦交換に向けてしっかり準備をし、相手側の奥さんのマンコの奥まで届くように今から楽しみにしております。

色々なアダルトグッズを試していくようになると、日々の夫婦関係がとても円滑になり、ほぼ毎日、夜遅くまで2人でセックスコミュニケーションを楽しんでいます。
ひとつ気がかりなことがあります。
妻のパンティーやブラジャーが新しくなり、時おり化粧や香水の匂いがするのです。
アダルトグッズで開発した妻が変貌しているのが唯一の気がかりです。

やはり心配していたことが起こりました。
アダルトグッズを使い始めてから、妻の下着が黒のレース、赤色のティーバックと、男性が好みそうな艶やかな下着が増えていきました。
また仕事からの帰りも遅くなり、夜の9時過ぎに帰宅をすることも増えました。
妻を信じてきたので、まさか浮気をしていると思いたくありませんでした。

ある日、急遽海外へ出張をしなければならず、航空チケットを手配して急いで空港へ向かうと、航空会社のカウンターで某国へ入国をするにはビザが必要であると言われ、飛行機には乗らず、そのままタクシーで帰宅をしたのです。
妻には何も連絡をせずに、ビックリさせようと帰宅をしたところ、家の駐車場に見知らぬ車が停まっていたのです。
急に心臓は痛くなるほどドキドキし始めました。

(まさか妻が本当に浮気を?)

玄関の鍵を音を立てずにゆっくり開けると、玄関から寝室に向かって、妻の派手なブラジャー、いつもは穿かないミニスカート、そしてハイヒールが廊下に錯乱していました。
頭が真っ白になりました。
自分を落ち着かせようと深呼吸をしていると、寝室からなんと英語で妻の喘ぎ声が聞こえるのです。
部屋に向かって歩いて行くと、開けっ放しのドアから見えたのはなんと、黒人に跨がり腰を振っている妻の姿でした。

私が最も衝撃を受けたのは、妻のマンコに入っている黒人のチンポの大きさでした。
まるでコカ・コーラのペットボトルが妻のマンコを突き上げ、出し入れする際にマンコの内壁が出てきそうなほどのすさまじい大きさでした。
ふと自分の股間に手を当てると、いつもより硬くなっていました。
私はその場でオナニーを始めてしまいました。
しかし、嫉妬と興奮と怒りが同時に自分に襲いかかってパニックになり、その場から逃げてしまったのです。

翌日、妻の携帯に連絡をし、一晩空港で明かしたこと嘘をついて帰宅をしたのですが、心のもやもやが残ったままだったので昨夜のことを問いただしたところ、妻は涙しながら認めました。
今後その黒人とは絶対に会わないという約束に加え、私自身の念願の夢であるスワッピングを受け入れるという条件で、一旦は事が収まったのです。

アダルトグッズを購入して夫婦仲を刺激するつもりが、まさかここまで妻が豹変して、黒人のチンポを欲しがるまでになったと考えると、あまりにも軽率であったと今は反省しております。
その代わり、念願の夫婦交換の約束を取り交わすことが出来たので、妻公認で人妻を抱くことができ、さらには増大中のペニスのお披露目が出来るので楽しみにしております。

ついに念願のスワッピングの夢が叶う日がやってきました。
妻は入念に化粧をし、体のラインがくっきりのドレスを着用し、お互い少し緊張をしながら待ち合わせの場所へと向かいました。
私自身、念願の夫婦交換が叶うこと、これから会う夫婦がどんな方か、相手の奥さんが美人かどうか、胸の大きさなどなど様々な憶測が頭の中を駆け巡り、妻がどのような反応するか楽しみに車を運転した記憶があります。

都内の某有名ホテルの喫茶店での待ち合わせだったのですが、なんと相手は40代前半の白人夫婦だったのです。
私の目は相手の奥様に、妻の目は背が高く鼻筋の通った白人の旦那さんに釘付けになってしまいました。
映画の俳優なみの容姿にもビックリです。

英語と日本語を使用して、少し会話が弾んたところで予約した最上階のスイートルームへ移動しました。
妻は巨根の黒人男性との浮気の前科があったせいか意外と抵抗がなさそうで、エレベータの中からいちゃいちゃし始めました。
むしろ私の方が緊張してしまい、美人な白人女性を妻の目の前で抱けるのかどうか躊躇をしてしまったくらいです。

部屋に到着すると、妻と相手の旦那からシャワーへ向かい、私たちはベッドで会話をしながらお互いの服を脱がし始めました。
時折シャワー室から妻の笑い声が聞こえ、いい感じになっているのだろうと想像しておりました。
声が聞こえなくなったので心配になりシャワー室を覗きに行くと、妻がしゃがんで旦那のチンポを美味しそうにしゃぶっていました。
白人の奥さんも興奮したのか私のペニスを握り、そこから激しいキスが始まり、そのままベッドにもつれるように倒れていきました。

妻以外の女性を抱くのは結婚以来初めてのことだったため、もう最初からチンポはガチガチになっていました。
妻に内緒で増大サプリを服用して約6ヶ月。
以前に測ったときより、2cmほど大きく、そして太くなっていました。
奥様もビックリしたのか、「so big!」と大きな声で言ってくれて、外国人の女性に褒められて最高な気分になりました。
彼女はすぐに昇天し、一度目の絶頂を迎えたのです。
私は外国人女性とセックスできただけでも嬉しいのに、自分のチンポでイカせることができたことに至高の幸せを感じておりました。

ところが、私が最も驚いたのはその後の出来事でした。
私はてっきり妻と白人男性がお風呂場で2回戦、3回戦をしているのだろうと想像していたのですが、1回戦で中折れをしたらしく、私たちのセックスを見ていたのです。
妻は私のチンポを見て、「そのチンポ、どうしたの?」と、21cmにまで育ったチンポの長さと太さに驚嘆していました。
その直後、妻は私に跨がってマンコを擦りつけ、目を瞑って自分から挿入していったのです。

「あ~大きい、あなたの大きい~」

もう白人男性をそっちのけで私の上で腰を振っているではありせんか。
下からガンガン突き上げると、ポルチオの奥からジワーっと快感が込み上げ、「あ~だめ~、イクイク、いっくー」と叫びながら絶頂を迎えたのです。
なんだか外国人男性に勝った気分になり、最高のスワッピングデビューを飾ることが出来ました。
帰宅後も妻から求められ、何度も何度も愛し合いました。

アダルトグッズの購入から始まり、妻の浮気、念願のスワッピングと以前よりも濃厚な夫婦関係が今も続いております。
これからも先もずっと妻を大切にして、夫婦円満で頑張っていこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました