後輩の嫁と不倫したら「あなた」と呼ばれるようになった

この体験談は約 5 分で読めます。

彼女の目的がなんなのか・・・なんとなくの想像が現実となったわけです。

彼女は私の後輩の奥さん。
奥さんと後輩はスポーツクラブで出会ったようですが、その時彼女はDV環境(旦那さんから暴力を受けていて愛などない状態)で、独身の後輩と出会ったのです。
後輩は、「彼女と一緒になりたいんですけど、どうしたものか・・・」と何度も相談に来て、何度目だったかは忘れましたが、私が彼女も呼び出せと話し、私が立会人という形で両者が一緒になる後押しをしました。
その後、彼女はなんとかDV夫と離婚をして、法的な時間を待って後輩と結婚しました。
まあここまではよくある話でしょう。

彼女はすぐに妊娠し、後輩の子供を産みました。
幸せそうでした。
しかし、後輩は彼女を愛しているのですが、子供(女の子)が出来てから、まるで興味を失ってしまったように彼女との営みが少なくなって、結婚4年目では年に2、3回しか交わらなくなってしまいました。
彼に愛人ができたわけではありません。
彼女に飽きたわけでもないのです。
すべての愛情が子供に向かってしまい、今までスポーツクラブで鍛えていた体形はどこへ行ってしまったのかと思えるほど丸々として、会社の健康診断でも何項目も引っかかるようになり、彼女を愛するためのモノは硬くならず、彼女は悩んでいました。

ある日、携帯に彼女から電話がありました。
夫婦喧嘩の仲裁にでも呼ばれるのかと思いましたが・・・。

「今度の土曜日、うちで食事をしませんか?夫とさっき話し合って、そのお誘いなんですが」

断る理由もないし、予定のない日でしたので二つ返事でOKをしました。
当日、ケーキを買って11時くらいに行ってみると、家にいたのは彼女だけ。
コーヒーを出されて、しばらくしても後輩の帰ってくる気配はなし。
子供の姿も見えません。
すべて最初から彼女の計画だったのです。
彼女は家の中なのにしっかりと化粧をして、後輩の妻ではなく1人の女性になっていました。
私の横にすっと座り、しばし沈黙が続き、意を決して彼女の口から出た言葉は・・・。

「今日は旦那と子供は子供会の泊まりの旅行で帰ってきません。明日の3時まで私1人なんです。嘘をついてすみません、本当にすみません・・・」

私がポカンとして言葉を見つけようとしている時、「お願いです・・・」と彼女は号泣。
状況がまったくわかりませんでした。
それで話を聞いてみると、まったくのセックスレスだと知りました。
子供にすべて奪われた旦那の愛情、ママ友たちから聞く他の家の円満さ。
彼女は1人で苦しんでいたのです。
でも後輩は、愛妻家で子煩悩で近所付き合いも良好、収入もそこそこと文句の付けようがないのです。
ただ彼女を“女”として愛すること以外は・・・。

(どうしたものか・・・)

彼女と私の間に無言の時間が流れました。
私は上半身の服を脱ぎ、彼女の前で仁王立ちになりました。

「ここから先は君が決めればいい。ただし引き返せるのは、ジッパーを下ろしきるまでだよ」

私はそっと言いました。
彼女はしばらく下を向いたまま動かなかったのですが、ゆっくり顔を上げ、両手でジッパーをゆっくりと黙って引き下げ始めました。
私は黙って彼女の手の動きを上から見ていました。
ジッパーは最後まで引き下げられ、そこで彼女は上目遣いに私の目を見ながら、「愛してください・・・」と言うのです。

寝室の場所は、遊びに行っていたので知っていました。
2人で行くと、親子3人で寝ることが希望だった後輩が選んだ大きいベッドがありました。
彼女は私のデニムに手をかけました。
この時点で私の下腹部はいつでも彼女を愛せる状態でした。
跪いてデニムを脱がせきった彼女は、顔を上げると私のビキニパンツの前でカッと目を見開いて息を呑んでいました。

「ビキニなんて、いい年して似合わないかな?」

私が問いかけても何も答えません。
呑み込んでいた息を出しながら、「おっきぃ・・・上にちょっとはみ出てます・・・」と言いました。
そのままゆっくり彼女は下を向いてビキニパンツを下げようとしましたが、「しっかり僕を見て」と言い、正面を向くことを強要しました。
下げられると同時に露わになった私の下半身は、彼女の想像を十分に満たしてたようです。

不倫は猥雑で卑猥なほうがいい。
その方が彼女も今日だけで済むかもしれない。
今日だけなら一番いやらしく、そして激しくしなきゃ。

すべて私の勝手な考えです。

彼女の息はますます乱れます。
手は私の膝に触れて震えて、目は私の張り詰めたモノを見ています。

「こんなので、◯◯(後輩の名前)の代わりになるかい?」

意地悪な質問をしました。
彼女は乱れた息のまま、「おっきいです・・・すごい」と不安顔。
しかし、この後はお互いのしがらみなどまったく関係のない男と女。
彼女の今まで3年間の女としての隙間を埋めるかのような時間を過ごしました。
彼女に入っていく時・・・。

私「大丈夫?」

彼女「たぶん入る・・・と思います」

私は“本当に関係を持ってもいいんだよね?”というつもりで聞いたのですが、彼女は入るか入らないかと取り違えたようです。
両肩に彼女の広げた足を乗せた正常位で、一点に力を込めて腰を埋め込んでいきました。
出産経験があるので平気だと思っていましたが、彼女は声にならない声で、「おっきい・・・だめ・・・おっきい・・・だめ・・・」と何度も繰り返すだけ。
いざ腰を動かそうとすると、「お願い、動いちゃダメ!」と苦悶の顔をします。
ゆっくりと腰を引き、またゆっくりと腰を埋めていくと、シーツを握り締めたかと思うと髪の毛をくしゃくしゃにしたり、胸の前で誰かを抱くような組み方をしたり落ち着かない彼女。
私は自分のペースで徐々に腰の動きを速くしていきました。
この時点で彼女は声を上げずにはいられないほどの状態で、押し殺していたセリフを大きな声で繰り返しました。

「おっきい・・・だめ・・・壊れる・・・おっきい・・・だめ・・・壊れる」

結局、後輩の家にその日は泊まり、昼から深夜までに3回、少し寝て起きてから1回の合計4回の交わりを持ちました。
昼くらいになってお互いに風呂を済ませました。
着替え終わり、少し気まずそうな雰囲気の彼女に、「足りた?(笑)」と聞くと、前日の私へのしゃべり方と少し雰囲気が違います。

「ええ・・・すごいんですね。どうかしちゃうかと思いました」

はにかんだような若干の罪悪感を感じてるような表情で言います。

私「何がすごかったの?『どうかしちゃう』って、何がどうかしちゃいそうだったの?」

彼女「彼は、太る前は普通の感じだったんです。太ってからは立たなくって・・・それに××さん(私)のは大きすぎます。前の旦那は彼より大きかったです。でも××さんは前の旦那よりでっかいんです」

あれから10年ちょっとが経ちます。
彼女は今も、3ヶ月に2回くらいの間隔で私の携帯を鳴らします。
会うのはいつも平日の夕方。
回数もだいたい1回戦、稀に2回戦。

彼女は今も、「おっきい・・・だめ・・・壊れる・・・おっきい・・・だめ・・・壊れる」と叫びますが、壊れた試しがありません(笑)

彼女が昔と変わったことは、セックスの最中に私を「××さん」ではなく、「あなた」と呼ぶように変わったこと。
後輩と顔を合わすと、なんだか不思議な気がします。

タイトルとURLをコピーしました