見せたがり屋と恥ずかしがり屋の誘惑

この体験談は約 2 分で読めます。

バブルの頃、単車で東北一周した時のこと。

ある日、テント張って寝ようと思ってたんだけどちょっと肌寒い感じで、風邪ひくぐらいならと近くで一番安い温泉宿に投宿。

夕食後に風呂に入った時はジジババだらけ。
さっさとあがってビール飲んで寝た。
が、夜中(といっても0時すぎぐらい?)に目が覚めて、もう一度風呂に。

いわゆる湯小屋の脱衣所で服を脱ぎ、タオル片手に浴室のドアを開けようとしたら、なぜか開かない。
何度かドアをガタガタさせていたら、中からゴメンナサーイという声。
そしてドアが開いた。
鍵を掛けていたようだ。
浴室にはハタチ前後の女性が2人。

「すみません、鍵かけちゃってましたー」とのこと。

「あ、女性だけだったんですね。じゃあ僕は後からにします」

そう言って帰ろうとすると・・・。

「混浴なの分かってて入ってるんで問題ないですー、どーぞー」と。

どーぞと言った女性はタオルで前を隠していたが、俺より先にさっさと浴槽に戻っていったので生尻丸見え。

「じゃあ失礼してご一緒させてもらいます」と言って、かけ湯をして浴槽に。

彼女たちがタオルを浴槽につけていなかったので、俺もタオルは頭の上。
割と大きめの浴槽の、彼女たちとは反対側の壁際に陣取ってしばらく温泉を楽しむ。

そのうち「どこから来た?」とかいう話になって、「俺は単車で東北一周中だよ」なんて話で盛り上がったわけ。

熱いほどじゃないけど長く浸かってるとのぼせそうだったので、どちらからともなく湯船のへりに腰掛けて話し込んだね。
彼女たち2人組だったけど、1人は割と大胆、もう1人はかなり恥ずかしがってた。
恥ずかしがる方は湯船のへりに腰掛ける時は胸をタオルで隠してたけど、もう1人は全然気にしてなかった。

それどころか俺がチンコ隠そうとタオル乗せてたのに・・・。

「あたしが隠さないんだから隠しちゃダメー」とか笑いながらタオル強奪。

そのうえ、もう1人の恥ずかしがり屋さんに「ほらー、チャンスなんだから見せてもらいなー」とか言う始末w

こんな感じで小一時間ほど3人でおしゃべり。

恥ずかしがり屋さんの方も会話にはガンガン参加してきた。
最後の方はガード甘くなって胸は見せてもらったね。
2人ともかなりスタイル良かったけど、見せたがりの方は胸が少し垂れてる感じであまりいいカタチではなかった。
恥ずかしがり屋の方はちょっと小ぶりだったけど勃った乳首がいい色だった。

ちなみに、見せたがりの方は風呂の後で俺の部屋に来たw
4回抜かれたよwwww
ツーリングの後、しばらく遠距離セフレだったw

後から聞いたんだけど、俺を誘惑したんだそうだw
あれは誘惑っつーより、男女関係なしのお友達になるパターンなんだが。