清楚系の女の子を真っ暗な畑に連れ込んで

この体験談は約 5 分で読めます。

よくレイプした体験を投稿してるのを見てると、女が濡れていたとか簡単にレイプしたように書いてあるが、実際は簡単にレイプ出来ない。

1年ほど前、会社の飲み会帰り俺は、酔って家に向かって歩いていた。
トイレに行きたくなり、無人駅の公衆トイレに寄った。
トイレから出ると、普段は降りる人などいないのに、白いワンピースに紺色のカーディガンを着た華奢な娘が1人降りてきた。
その娘はセミロングの髪で、まだ20歳そこそこの清楚系の女の子だったが、その娘も少しお酒が入っていたのか、顔を赤くして、少し足元をふらつかせながら歩いていた。

その娘が気になった俺は針路を変えて後をつけた。
その娘のケツを見ながら、(一度やってみたいな)と思いながら・・・。

少し後をつけると、やがて河川敷の畑の付近に出た。
酔っていたことと征服欲が強いオレは、辺りは真っ暗だし顔も分からないだろうと思い、ここであの娘をレイプしようと決めた。
ポケットからハンカチを出す。
ダッシュして女の子の背後から抱きつくと、ハンカチを女の子の口に強引に突っ込んで畑の中へ引きずり込んだ。
畑の中は真っ暗だった。
青々と生い茂ったトマトやトウモロコシらしき植物のおかげで、車道から畑の中は全然見えない。
田舎のため、車もあまり通らない。

俺は女の子を地面に押し倒した。
楽にレイプ出来るだろうと思っていたが、それが甘い考えだったことにすぐ気付かされた・・・。
女の子は口にねじ込まれたハンカチのせいで悲鳴こそ上げられなかったが、必死に暴れて物凄い抵抗を始めた。

「こいつ!」

怯む俺を両手で、これが女の子かと思うくらいの力で叩いてきて、今度は腕を振り回しながら爪を立てて引っ掻き回してきた。

「あたっ・・・痛てててっ!」

俺の腕はあっという間に引っ掻き傷だらけで血まみれになり、顔も数発殴られて口の中が切れて血の味がした。
それでも俺は必死で女の子のワンピースを捲り上げ、露出した黒いパンツをずり下げようとすると、女の子は物凄い形相でパンツを脱がされまいと手で掴みながら、今度は力いっぱい何度も蹴りを喰らわせてきた。

「うわっ、こいつ!」

あまりの蹴りの凄さにまた怯んでいると脇腹に女の子の蹴りがクリーンヒットした。
履いていたヒールの踵が俺の肋骨を確実に捉えていた。

「ぎやぁああああっ!!」

俺は身体に走った激痛に悲鳴を上げたが、ここで諦めるわけにはいかず、痛みを堪えて女の子の頬を平手でバシッ!と数発叩いて大人しくさせようとした。
しかし女の子は全然大人しくならず、さらに必死の抵抗が続いていた。
俺は立ち上がってパンツを引っ張ると、必死に掴んでいた女の子と引き合いになり、やがてパンツはビリビリッ!と裂けた。
女の子の茂みと割れ目が無防備になって丸見えになった。
俺はすぐにズボンとパンツを脱いでギンギンのムスコを曝け出した。
女の子はまるでおぞましい物を見たような顔で首を振り、立ち上がって逃げようとした。
俺はすかさず抱きついて、また地面に押し倒した。
俺が女の子の脚を掴んで股を開こうとすると、まるで狂ったかのように「ウッウッッ」と言いながら今まで以上に抵抗してきた。
身体のダメージが確実に蓄積されていく。
さすがに俺もムカついて、女の子の頬を平手で思っきり何発もぶっ叩いた。
女の子も疲れたのか、ようやく抵抗が弱くなってきた。

ここで俺は、やっと女の子の脚を掴んで股を開くと、腰を押し付け、割れ目にムスコを捩り込んだ。
・・・が、ムスコは割れ目の中へ全然入っていかない。
何度か強引に押し込んでみるものの、ムスコの先が少し入っただけで、わずかに擦れる感じがするだけで気持ちよくなかった。
それに女の子も、少し先が入ると激しく頭を振りながら白く細い腕で俺を叩いたり押し退けようとしていたから、肉壁が擦れて激痛がしていたのだろう。
よく体験談で、『濡れててからすんなり入った』とか書いてあるのを見かけるが、実際は全然違うなと感じた。

仕方なく馬乗りになり、ムスコに唾をベトベトになるまで塗り付け、再度割れ目にぶち込むとやっと挿入することができ、俺の腰がグググッと女の子の股へ沈み込んでいった。
女の子の割れ目は、抵抗して嫌がっているせいか締りが良く、あまりの気持ちよさに興奮しながら腰を動かしていると女の子は、「ウゥゥッ・・・ムウウゥッ!!」と、口にハンカチを押し込まれたまま苦しそうに唸りながら激しく頭を振り回し、身体全体を動かして俺を振り払おうとした。
だが俺が女の子の両手を押さえ込んで快楽を貪り続けると、やがて女の子は動かなくなって、怯える小動物のような目で俺見ながら涙をボロボロ流していた。
その表情に征服感を覚えてさらに興奮した俺は、両手で泥まみれになったワンピースの胸元を引き裂き、黒いブラジャーを押し上げて露わになった可愛らしく膨らんだBカップの乳房をガンガン揉んで吸い付きながら、一心不乱にパンパンと腰を動かした。
可愛らしい女の子が俺の手でボロボロにされ、無残な姿でムスコを強引に挿入されているのを見ていると何とも言えない征服感が押し寄せてきて、これがレイプの醍醐味だと感じた。

快楽を求めて腰を動かし続けていると、やがて絶頂を迎えてイキそうになった。
俺が突くたびに女の子の体は揺れた。

「あーイクッ!!」

俺は割れ目からムスコを引き抜くと、ワンピースを捲り上げられて丸見えになった茂みから臍の辺りをめがけて、勢いよく射精をした。
もちろん中に出せば最高に気持ち良かったんだろうが、証拠だけは残したくはなかった。

その後、オレはパンツとズボンを持って、すぐにその場を後にした。
だが、女の子のことが少し気になり、茂みの外から眺めていると、やがて女の子はふらつきなが起き上がった。
バックから鏡を取り出し、変わり果てた自分の姿を見ると地面に塞ぎ込んで、大声を上げて号泣していた・・・。

それを見ていた俺は、一戦だけじゃ物足りなくなり、再び女の子の場所に戻った。
女の子は怯えた表情で俺を見た。
オレはまた女の子を地面に押し倒した。
女の子は最初と違い、抵抗してももう力が入らない。
俺はギンギンに復活したムスコを潤った割れ目に再度挿入した。

「ウグウゥッ!!ウウウウッ・・・」

また挿入を許した女の子は呻きながら首を振っていたが、やがて虚ろな目で涙を流しながら俺から顔を背けると、手は畑の土をギュッと強く握り締めていた。
きっと早く終わってと祈りながら、必死にこの苦痛に耐えていたのだろう。
ますます女の子を凌辱したくなった俺は、白いワンピースに手をかけると力を込めてビリビリに引き裂き、女の子から剥ぎ取って、さらに紺色のカーディガンもボロボロになるまで引き裂いた。
そして俺は女の子の顎を掴んで顔をこっちに向けて、バンザイをさせて脇の下を舐め回しながら腰を動かした。

「随分不細工な顔になったなぁ!」

俺が罵声を浴びせると、女の子は絶望的な表情で涙を溢れさせていた。
まだ男をあまり知らない大人しそうな女の子が俺に服を引き裂かれ、乱れた着衣に絶望的な表情でレイプされている・・・。
最高の御馳走だ。
俺は御馳走を残さないように、しっかり最後まで女の子から快楽を貪り食った。

「あー、またイキそうだ」

俺がそう言うと女の子は、「ウッウッッッッ」と顎を突き上げながら身体を仰け反らせた。
フィニッシュ前の激しい俺の腰の動きに合わせて揺れ動く、女の子の細くて小さな身体・・・。
ピストンするたびに柔らかな弾む乳房・・・。
女の子を凌辱する征服感・・・。
その全ての快楽が俺には堪えられない御馳走だった。
再度絶頂感が来ると、激しく腰を突き上げ、弱々しく俺を叩く女の子の手を振りほどき、可愛く怯えた顔に射精を行なった。

満足感に包まれ立ち上った俺はパンツとズボンを穿くと、ほとんど服を剥ぎ取られ、ヒールが片方脱げた脚を痙攣させながら土まみれで力無く横たわる女の子をスマホで撮影して・・・。

「警察に言ったら・・・わかってるよな」

そう一言吐き捨てて、その場を後にした。
女の子は両手で顔を覆いながら号泣していた。

タイトルとURLをコピーしました