巨根の先輩と泥酔している妻を2人きりにさせてみた

この体験談は約 6 分で読めます。

妻を寝取られた(寝取らせた?)時のことです。
私にNTR願望があり、色々試してみた時の話です。

妻は29歳で2歳の子供が1人います。
胸はCカップで、身長は小柄、どちらかと言うと可愛いタイプです。

その日は私が職場の飲み会、妻も友人と久しぶりにお酒を飲むということで、子供を実家に預けてそれぞれ出かけました。
私の方は職場の飲みということもあり、つまらない限りでした。
しかも途中から面倒な先輩に捕まってしまい、さらに帰りたい気分倍増です。
その先輩(以降『U』とします)というのが50代前半で結婚歴なし。
風体は芸能人でいえば温水さんをもう少し不細工にした感じです。
以前から職場の同僚へのストーカー疑惑や、気持ち悪い独り言などがあり、もっぱら素人童貞という噂です。
ただ、職員旅行の風呂場などでの目撃談では、「チンコは凄い」という話でした。

飲み会でUに捕まってしまった私は2次会にも一緒に行くことになってしまい、もともと友達もいないUなので、捕まえた私にどうでもいい話をずっと話しかけてきました。
Uの話を適当に聞き流していると携帯が鳴り、妻からの電話でした。
これで適当に理由をつけて帰れると思い、喜んで電話に出ました。
電話で妻はかなりハイテンションで、「一緒に帰るからどこにいる?」という内容でした。
まぁ帰れるならいいやと思い、場所を教えて妻が来るのを待ちました。

しばらくして妻がやって来ましたが、かなりフラフラです。
これは帰れる口実になると思い帰り支度をしていると、妻がUに挨拶をし始めました。
上司でもないので別にいいのにと思っていたら、フラフラの妻は刺身の醤油を倒し、Uのズボンにかけてしまいました。
帰れると思っていた矢先の出来事で焦ってしまい、謝る時に思わず・・・。

「これから家に帰るんで、着替えてシャワーでも浴びていってください」

などと言ってしまいました。
Uは電車通勤で、家まで1時間ほどかかります。
さすがにこの状態で電車に乗せるのは申し訳ないという気持ちから言ってしまいましたが、余計なことを言ってしまったと、この時は思いました。
Uも断るかと思いましたが、すんなりと受け入れるあたりがUが少し変わっている一因でもあります。

仕方なく3人でタクシーに乗り、家に向かいました。
その途中、迷惑をかけながらも酔っぱらって爆睡している妻を見ていると、NTR願望が出てきました。

(この後、Uと妻だけにしたら何が起きるだろう?)

そんなことを考えると、私自身の酔いもあり、どんどん妄想が膨らんでいきました。

やがて家に着き、爆睡して全く起きない妻をUと2人でソファに運び、Uにはシャワーを浴びてもらいました。
Uがシャワーを浴びている間に妻の確認をしましたが、やっぱり全く起きる気配がありません。
服装は膝くらいまでのワンピースで、胸元にボタンが3つ付いていて、簡単に胸元を開けることが出来る服です。
とりあえずUが食いつきやすいようにボタンを全部開けておきました。
やがてUがシャワーから帰ってきたので、もう一度謝った後、ズボンはクリーニングに出すからとUにスウェットを預けて、「隣の来客用の部屋に泊っていってください」と言いました。
さすがに遠慮するかなと思っていましたが、そこは家にまでついて来るUですので、すんなり承諾しました(笑)

その後Uは、「起きないのか?」とか言いながら、ジロジロと妻のことを見ていました。
時間も遅かったこともあり、Uを隣の部屋に案内して、妻はソファにそのままにしてリビングの電気を消されないようにリモコンを隠して私は2階の寝室に行きました。
私の家はリビングが吹き抜けのような造りになっていて、2階から1階の様子が窺えます。
私は寝室に行くふりをしてUに挨拶をすると、2階に隠れて1階の様子を窺ってみました。

しばらくするとUが隣の部屋から出てきて、妻の様子を見ながらリビングを横切っていきました。
一見トイレに行った風ですが、水を流す音がしないままUは戻って来ました。
戻って来たUはキョロキョロと周りを見渡していますが、私のことには気付いていないようです。
誰もいないのを確信したのか、Uは妻に近づいていき、眠っているかを確かめ始めました。
肩を揺すっても全く反応しない妻を見て、Uは想像通りの行動に出ました。

Uは貸していたスウェットを脱ぎ、自分のチンコを取り出すと、妻を見ながらしごき始めました。
Uのチンコは噂通りのモノで、特に太さが凄まじく、直径5センチくらいはありそうです。
Uは妻の手を自分のチンコに持っていき、手を添えて握らせると手コキのようにして、すぐにビンビンにしていました。
その後、妻のワンピースを捲ると膝を立ててその間に入り込んで、妻のパンティを横にずらして、いきなり自分のモノを妻に入れようとし始めました。
焦っているのか分かりませんが、濡れてもいないのにそんなに大きいモノを入れようとしても当然入りません。
Uはパンティが邪魔になったのか、起きる気配のない妻を確認しながらパンティを脱がせ、また挿入しようとします。
しかし、やっぱり亀頭の先が埋もれるくらいで中には入っていきません。
Uは何度か押し込もうとして腰を動かしていましたが、突然動きが止まったと思ったら・・・。

「んふぅ」

小さく呻き声を上げて、そのまま射精を始めました。
Uの先は妻に密着していましたが、ほとんど入っていなかったので、精液は妻の陰毛やワンピースの端の辺りなどに飛び散りました。
Uは射精が終わっても荒い息のまましばらくその体勢のままでいましたが、ティッシュを取ると精液のかかったワンピースやソファを拭き始めました。

ある程度拭き終わったところで、Uはさっきと同じように、また妻の足の間に座りました。
Uのチンコはすっかり回復し、もう初めの時と同じくらい勃起しています。
その回復の早さに驚いていると、Uはまたすぐに妻に挿入しようとチンコを押しつけていきます。
さっきと同じでなかなか入らないようでしたが、精液で滑りが良くなったのか、チンコはだんだんと妻の中に埋没していきました。
それでも太さのためか入りにくいようでしたが、何回か押し込んでいくうちに半分くらいまでが妻の中に埋没しました。
そこまで入ったところで、荒々しく息をしていたUはビクッと体を痙攣させて動かなくなりました。
Uはしばらく結合部を見ていましたが、再びUが動き出し、自分のモノを妻から引き抜くと、萎えたUのペニスは精液でベトベトになっていました。

一旦妻から離れたUはソファの横に座って妻をジロジロと見ていましたが、おもむろに立ち上がると隣の部屋に行き、携帯電話を持って来ました。
そして胸元を肌蹴させて胸を露出させると、乳首を弄って立たせて写真を撮っていました。

その後も乳首を舐めたり揉んだりといったことをしていましたが、しばらくして立ち上がり、また妻の足の間に入り込みました。
まさかと思いましたが、見るとすでにUのチンコは回復していて、脈に合わせてビクビクと動いています。
Uはさっきと同じように妻に宛てがうとチンコを押し込んでいきます。
さっきまでと違ったのは、慣れてきたのか挿入がスムーズになっていました。
抵抗感もなくUのチンコは妻の中に埋もれていき、さっきUがイッた時よりも奥までチンコが挿入されました。
ほとんど入りきったあたりでUはまた携帯電話を取り出し、今度はムービーで撮影を始めました。
片手で携帯電話を持ちながらのため、かなりぎこちない動きで出し入れを始めると、さっき出された精液がブチュ、ブチュともの凄い音を出しています。
妻は相変わらず寝ていますが、さっきまで弄られていた胸は肌蹴たままで、まさに普通のセックスのような状況です。
Uが腰を動かすたびに出る卑猥な音と、妻の胸が揺れるのを見ながら、すでにビンビンだった自分もオナニーをしました。
その後、十数回ほど動いて、Uは呻き声を上げてまた妻の中で果てました。
Uは妻に腰を密着させて、自分の精液を妻の奥に出しきっているようでした。

その後、Uは精液まみれのチンコを引き抜くと妻の服装を元に戻し、泊まると言っていたのにスーツに着替えてそそくさと帰っていきました。
急いで妻のところに行ってみると、凄まじい状況になっていました。
最初の射精で汚れたワンピースは十分に拭かれていなかったからかカピカピになっていて、生臭い匂いがします。
乳首も強く噛まれたのか赤くなっていて、痛々しく立ったままでした。
そして妻のあそこは白く泡立っており、奥を確かめようと広げてみると、黄色っぽい精液が大量に出てきました。
ティッシュで拭き取ってもう一度見てみると、奥には白っぽいドロドロした精液が妻の中にまとわりついていました。
妻はもうすぐ生理だと言っていましたが、出来るだけ妻の中からUの精液を掻き出して寝ました。

次の日、妻に聞いてみると、私に電話をしたことさえ覚えていないそうです。
出社すると、UはUで何だか訳の分からないことを言って、泊まらずに帰ったことを誤魔化していました。
幸い、妻は妊娠していませんでした。
それ以来、Uはやけに馴れ馴れしくしてきて、「また飲もう」的なことを言ってきますが、癖になられても困るので、あまり関わらないようにしています。

タイトルとURLをコピーしました