親友の元セフレを嫁にしたら鬱勃起しまくりなんだが

この体験談は約 5 分で読めます。

俺の親友はイケメンでモテ男だった。
俺はフツメンだったから、親友の彼女やセフレの友達を紹介してもらって付き合っていた。
時には親友のセフレを貸してもらったり、親友とセフレのセックスを撮影しながらの3Pなども経験していた。

俺が25歳の時、親友の美人な本カノに、『親友と一緒に一泊旅行に行ったことが事実かどうか』を聞かれた。
それは、親友のセフレに本彼ができて、最後のエッチ旅行に行った時のことだったが、実は俺も一緒で3P三昧をしてきたから、俺と親友が2人で写ってる写真もいっぱいあったので見せてやったら納得していた。

アリバイを証言してくれたお礼にと、親友が本カノに隠れて作った新しいセフレとのハメ撮り撮影会兼3Pに誘ってくれた。
親友の新しいセフレは20歳の短大生で、メッチャ可愛い『有美』という女の子だった。

「どうだ、可愛いだろう?今日はセーラー服コスプレをするからな」

小柄でムチッとした有美はショートカットが似合う丸顔で、セーラー服が実によく似合っていて、女子高生を飛び越えて女子中学生のようだった。
セーラー服が乱れても決して脱がさない親友の演出は見事で、はみ出た乳房を鷲掴み、捲ったスカート、脱がしたパンティ、晒されるピンクのワレメ・・・。
そのワレメは実に純情そうで、まるで処女のようだったが、親友にクリ責めされながら・・・。

「有美ちゃんは何本のチンポを入れられたことがあるのかな~?」

「まだあなたが2本目」

「そうか、じゃあ今日は、撮影してくれてる親友のチンポも入れてやるから3本目だな~」

俺はデジカメで撮影しながらフル勃起していた。

「有美ちゃんは、いつ、誰に処女膜を破られたのかな~?」

「短大1年の夏、バイト先の40歳のバツイチ店長に奪われちゃったの」

マジか!
この純情そうな可愛い有美が40歳のオヤジに・・・。

俺のチンポは、はち切れそうだった。
親友がコンドームを被せたチンポを有美に入れたときは有美のマンコはもうグッショリで、ジュバジュバ音を立てながら突かれていた。

「アンアン」と喘ぎ声も可愛かった。

俺もセーラー服を着たままの有美を抱かせてもらった。
コンドーム越しだったが、有美のマンコはその時の彼女の何倍も気持ち良くて、有美ものた打ち回るように喘いでくれた。
その様子を撮影していた親友が・・・。

「お前に抱かれてた有美、半端なく感じてたな。相性いいんじゃね?」と言っていた。

で、2月末頃、親友が・・・。

「有美、短大卒業して実家に帰っちゃうからお別れになっちゃうんだけど、最後にお前ともう一度3Pしたいって言うんだよ」

こうして親友と俺と有美の3人で、さよなら一泊旅行に行って、素っ裸でご乱行をしてきた。

その3ヶ月後、親友が撮影した俺と有美がエッチしてる写真をプリントアウトしたものが彼女に見つかってしまって、俺と彼女は破局した。
すると、俺が彼女にフラれたと知った親友がやって来て・・・。

「あのさ、有美がさ、お前のことを気に入ってて、忘れられなくなってるみたいなんだよ」

親友のセフレのお下がり紹介は3人目だったが、今回ばかりは俺も有美が気に入ってたから会ってみた。
有美の実家と俺の実家の中間、それぞれ新幹線で1駅ずつの街で会った。
再会して1時間後、俺たちはホテルで抱き合っていた。

俺と有美がプチ遠距離で付き合いだして順調になった頃、親友が美人な彼女と婚約した。
そして俺と有美が付き合って1年の頃、親友が結婚した。
その頃には俺は可愛い有美と離れているのが辛くなり、プロポーズ。
交際1年半、俺27歳、有美22歳で結婚して、いつも会っていた中間地点の街にアパートを借りて暮らした。

俺が結婚して街を出たこともあるが、自分の元セフレと結婚した俺に遠慮したのか、親友は俺と距離を置くようになってほとんど会わなくなった。
けど、それでも俺は、有美が親友の元セフレだったことに嫉妬し、思い悩むようになった。

有美の処女膜は40歳のオヤジに破られ、チンポ快楽を仕込まれたこと。
親友が有美のマンコを玩具にして喜んでいたこと。
有美が親友にマンコを玩具にされて悦んでいたこと。
3P撮影で見たマゾ発狂する裕美の痴態・・・。
親友が持っていたバイブとクリキャップが有美のマンコとクリに使われていたであろうこと。

有美のマンコを見るたび、悔しくてたまらなかった。
鬱勃起して有美の身体を貪り、鬱勃起が収まらないチンポでイキまくる有美を見て、親友の存在が鬱勃起を引き起こしている現実に、間接的に親友が有美をイカせているような気がして胸が軋んだ。

有美が第一子を出産した時、親友が連絡をしてきた。
思い切って、親友の元セフレだった有美を妻にしたことで思い悩んでいることを伝えると・・・。

「有美はな、初めてお前と3Pで抱かれた時から、お前が好きだったんだよ。でも、お前に彼女がいたから諦めて実家に帰ったんだ。その時、お前に抱かれてイキまくる有美の写真を何枚かプリントアウトして持たせたんだ。有美、実家に戻ってからは彼氏も作らず、お前との写真でオナッてたんだぜ」

「そうだったのか・・・」

「それからな・・・お前のバッグに有美とのハメ撮り写真を忍ばせたのは、じつは俺だ」

「え?」

「彼女に見つかっただろ?悪かったな、彼女との仲を引き裂いて。でもさ、数日おきに俺に有美からメールが来て困ってたんだよ。お前が彼女と別れたら連絡くれってさ。元セフレからのメールが嫁に見つかったら結婚どころじゃなくなるからさ、有美の思いを叶えてやったんだ。お前も有美が好きそうだったしな。じゃあな!」

親友が俺と有美のキューピッドだった。
結婚して13年が過ぎ、俺は40歳になった。
35歳の有美は2人の小学生の母とは思えない若々しさを保っているから、PTAでは10代で出産したヤンママに懐かれている。
実家を離れて久しく、盆と彼岸と正月くらいしか帰らないから、もう親友とは何年も会うこともなく疎遠になっている。
それでもやっぱり有美の過去は気になってしまう。
自分が40歳になって、有美の身体をねちっこく責めて、前戯で一度イカせるようになって、余計に悩ましくなった。
バツイチ40男に処女を奪われた19歳だった有美が、とんでもないエロい仕打ちをされてきたことが容易に想像できるからだ。
もしも自分が19歳の娘の処女を奪うことができたら、きっとあんなことやこんなことをするだろうと思えば思うほど、有美のされてきた羞恥の行為に嫉妬してしまうのだ。

でもやっぱり、知り合いの男に抱かれてたことが一番たまらない。
親友を思い出すたび、あのチンポで貫かれて喘いだ有美のことも思い出してしまう。
でも、そのおかげで鬱勃起して有美を悦ばせているのも事実なわけで・・・。
いつまでも悩ましい愛妻の過去・・・。

タイトルとURLをコピーしました