変態化が止まらない看護師のオナニー

この体験談は約 4 分で読めます。

私は24歳の看護師。
この仕事はやはりストレスが多い。
朝番や夜勤、仕事量、人間関係・・・。
この年で結構辛い現実だった。

そんなある日の何気ない出来事だった。
テーブルの奥の方に転がったペンを取ろうとした時、テーブルの角にクリトリスが当たった。

「あっ・・・」

小さく声を漏らした。
この一瞬で謎の快楽が身体を走り、ムラムラが込み上げてくる。
しばらくすると、なんだか股間が濡れている感じ・・・。
すぐ確認したかったが、あと10分で退勤。
それまで我慢した。

定時になり、この日は残業もなく無事に上がれた。
急いでトイレに駆け込みパンツを脱ぐと、やっぱり濡れている。

(ここでオナニーするわけには・・・)

そう思い、急いで着替えて帰りのバスに乗り込んだ。

家に着き、鍵を掛けて靴を脱ぐと、私は狂った。
シャツ、キャミ、ブラ、ズボンにパンツ・・・。
全部脱いだ。
全裸になると私は部屋の真ん中でM字開脚をして、マンコに指を入れた。
とてつもない快楽。

(気持ちいい、ヤバイ)

ただそれだけだった。
今までしたことないシチュエーションのオナニーが興奮を高める。
この日初めて潮吹きをしたのを覚えてる。
ストレスから解放された感じがたまらなく良かった。
とりあえず落ち着いたので、お風呂に入りベッドイン。
全裸で寝てしまった。

それからまた別の日。
天気が良くて暖かい休日だった。
窓を開け自宅でゴロゴロしていた。
ぼーっとしていると、またムラムラが私を襲う。
マンコに手を伸ばすと少し濡れている。
もっと興奮できるオナニーを求め、考えたのが露出だった。
より解放的なものを求めていたのかもしれない。
でもさすがに全裸になる勇気はなかったので、下半身だけ露出させてベランダへ出ることを決意。

(周りから見えるところはないか?もしもバレたらどうしようか?)

そんな緊張が余計に私をドキドキさせた。
無事にベランダに出てその場にしゃがんだ。
いつものようにマンコに指を入れ、オナニー開始。
ベランダとは言え、青空の下でのオナニーは新鮮で最高だった。
またも潮吹きをしてしまった。

またまた別の日、私はついにアダルトグッズに手を出した。
バイブとまさかのアナル開発グッズだった。
ネットで買ったため、箱を開けてビックリしたのがバイブのサイズ感。

(デカい・・・)

これ、マンコに入るのかと思ったが、バイブをフェラし、唾液でヌルヌルにし、ゆっくり入れると意外と入る。
スイッチを入れると、マンコの中で暴れるバイブ。
今まで味わったことなに快感にすぐイッてしまった。
もちろん潮吹きも。

バイブを一通り味わうと、次は初のアナル開発。
新境地で恐怖心といやらしい感情が込み上げる。
付属のローションをオモチャに塗り、自らのアナルにも塗った。
ゆっくり解し、最初は痛かったが慣れてくると徐々に奥へ。
なんとも言えない異物感。
最初だからかあまり気持ちよくはなかったが、このアブノーマルな行為、バイブを突っ込まれたマンコ、硬くなった乳首。
こんないやらしい自分自身に大興奮した。
ひたすらオモチャを出し入れした・・・。

夜になり、そして私はついにベランダではなく玄関を出て、外での全裸オナニーを思いついてしまう。
深夜になり静まりかえったアパート。
うちのアパートは1フロア2室の3階建て。
自宅は3階で隣は空き家。
これは好都合。
深夜なら誰も来ることはない、そう考えた。

まず私は全裸になり自室でオナニー。
マンコを濡れ濡れにし、アナルにもローションを塗っておいた。
前も後ろも準備が出来たら、オモチャ2つを持って、いよいよ玄関の外へ・・・。
深夜1時、もちろん誰もいない。
アパートの通路も電気が消えて真っ暗。
アナルにおもちゃを突っ込み、マンコにはバイブそして玄関の外。
予想通りの開放的な快感。
外にいることを忘れ、無我夢中でオナニーをした。
前も後ろも、もうぐちょぐちょ。
コンクリートの床に愛液とローションが滴り落ちる。
バイブのモーター音と時々漏れる私の声が通路に響いた。

この時点でだいぶ変態になってしまったなと悟った。
でも収まることはない。
某エロサイトに登録までし、自分の変態具合を投稿するまでに・・・。
下着姿や裸の写真、マンコやアナルの画像、外でのオナニー動画・・・。
私はもう完全なる変態だ。
この文章を入力しながらもマンコは濡れ、クリトリスを弄ってます。
また変態度が増したら続きを書きたいと思います。

前回の投稿から約4ヶ月が経ちました。
あれからもやはり変態度はます一方で、さらに露出に強い関心を持つようになってしまいました。
自宅からおよそ車で10分、大きな公園があります。
そこは雑木林と池があり、奥に進むと完全に森です。
ムラムラが込み上げてくると車に乗り込み、右手でクリトリスを触りながら向かいます。
変態になってしまった私には昼夜など関係ありません。
人さえいなければ雑木林の奥に進み、スカートを捲り上げ、いやらしい汁で濡れたパンツを下ろして手マンをしているのです。
見られてはいけない恐怖感と解放感がホントに最高。
そして、こんなところでオナニーしてる自分が好きなんです。

さすがに昼間はすぐ隠せるように体勢を整えています。
しかし夜は違います。
というのも、夜は林の奥に進むと街灯がまったないのです。
これを知ったときは走って林の奥に進みました。

(早くオナニーがしたい!林に入って行くところを誰にも見られたくない)

そんな思いで向かいます。
もちろん誰もいない真っ暗な林・・・。
私は、ポツンと一つだけあるベンチの上に立ち、服を脱ぎオナニーを開始します。

「あぁ・・・気持ちいい・・・」
「あっ・・・あっ・・・」
「イクっ!」

声を漏らしながらGスポットを攻め、左手で乳首を弄ります。
右手はもうベタベタです。
私はもっとギリギリを攻めたいと思い、その場で全裸になりカバンから赤いロープを出し、自分に菱縄縛りをして街灯のある方へ向かいました。
心臓はもう張り裂けそうな勢いでバクバク。
でもマンコはぐっしょり。
そんな状態で今度はバイブを突っ込むと数秒で潮吹きしました。
気持ちが高ぶっている私はもう止まりません。
愛液で濡れたバイブを舐め回し、またもマンコへ・・・。
気持ちが収まるまで、こんなオナニーが続くのです。

私の変態っぷり、いかがでしたか?
休みの日はいつも、こんなエッチなことをしています。
今回の記事もオナニーしながら投稿しています。
もちろんぐしょぐしょです。

タイトルとURLをコピーしました