スケバン凶子とクラス委員長の山田

この体験談は約 3 分で読めます。

俺の高校はスケバンに支配されてたんだよね。

最近の子はスケバンなんて言ってもわかんないか。
ようするに女番長のことだよ。

髪の毛を染めてデーモン小暮みたいな頭にして、スカートは異常に長く、チェーンや鉄のヨーヨーを振り回す。
やたらと濃い化粧。
フーセンガム。
それがスケバン。

そのスケバンは馬場今日子って名前だった。
けど本人は『凶子』と名乗ってたな。

『凶子』にしようか『狂子』にしようか迷ったらしい。
馬鹿だろ?

苗字で呼ぶとすぐキレて、呼んだ奴を半殺しにしてたね。

ある日の授業中。
例によって学級崩壊状態になって、凶子は取り巻きと一緒にタバコ吸ってゲラゲラ笑ってたよ。
カツアゲで大金をGETしたようで、いつになく上機嫌だった。
で、上機嫌な分、いつもより余計に五月蝿かったな。

もちろん俺達は慣れっこだよ。
スケバン連中は見て見ぬフリ。
中年教師が黒板に無言で書く内容をノートに書くだけ。
いつも通りだよ。
情けないけど、それが現実なんだよね。
けど、そこでちょっとしたアクシデントが起こった。

凶子が遊びで投げたダーツが先生の尻にささった。
先生は「ヒイィ」と叫び声をあげ、凶子たちは爆笑。
笑われた先生は「ハヒッ~」と呼吸を整えながら凶子を指差す。

先生「こ、このクラスの委員長は誰だね!そいつらを注意しろ!」

凶子「おぃ先公よぉ・・・『そいつら』って言い方はねえよなァ?」

先生「わ、私は保健室へ行ってくるから!」

先生はもの凄い速さで逃げた。
まあ、これもいつものことだ。
しかしここで、廊下側にいたガリ勉野郎が凶子に声をかけた。

山田「馬場さん、後で話があるから放課後残ってくれない?」

教室の空気が凍りついた。

声をかけたのはクラス委員長の山田ハジメだった。
成績は良いが体育は全然駄目というありがちな優等生の山田。

なんて馬鹿な奴だ・・・。

俺は頭の中で山田の冥福を祈った。

凶子「あぁ?ざけんなよ包茎野郎!誰が残るかボケが!」

山田「先生に注意しとけって言われたから。逃げないでね」

凶子「上等だゴルァ・・・テメェ明日の太陽は拝めねえぞ・・・」

無常にも時間は過ぎ、放課後。

凶子と山田はどこかへ行ってしまった。
俺には凶子の殺戮シーンを覗き見する度胸はない。
万が一覗き見していることがばれたら俺も殺される。
凶子は恐ろしくケンカ慣れしている。

1対1でも勝ち目はない。

今頃山田は死の恐怖を味わっている頃だろう・・・。
俺は山田の机を見た。
明日あの席に花瓶が置かれるかもな。

次の日、学校へ行くと、なんと山田は五体満足だった。
顔中傷だらけアザだらけで、服の下も多分ボロボロだろうが、命に別状はなかったようだ。
腕は吊ってないし松葉杖もない。

よかったな山田、半殺しで済ませてもらえたんだな。

お前は良くやったよ。
勇気があったよ。
俺は心の中で誉めた。
本当に誉めると凶子の一派に目を付けられるから。

ガラガラ・・・。
教室のドアを開けて、見慣れない女生徒が入ってきた。
背中の半ほどにまで届く黒髪。
細く引き締まったスタイル。
淡い化粧。
儚げな表情。

誰だ?このカワイ子ちゃんは。

転入生じゃないな・・・え?
ま、まさか!凶子?馬場凶子!?

その美少女に、クラス中が唖然としていた。

信じられなかった。
昨日までヘビメタルックだったあの凶子が、今日はまるでお嬢様ルックじゃないか。

何があったんだよ!?

俺「山田、お、お前、凶子に何を言ったんだよ・・・?」

山田「別に何も言ってないよ」

何も言ってないって、おい!
そんなわけないだろ!何だよあの変わりっぷりは!
人格が入れ替わってるだろ!

山田「・・・ちょっと、調教しただけ(くすっ)」

世の中に悪魔は実在する。

先生「ば、馬場さん?」

凶子「は、ハイ・・・何でしょうか(びくびく)」

先生「その、きゅ、急に雰囲気が、か、変わったよね」

凶子「・・・(涙目)」

その弱々しさに思わず萌えた。

その後、凶子は看護婦になったらしい。